500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「夢を叶える」より、「夢を意識し、夢を持つ」こと

592号2015/08/07更新

(今日のお話 1445文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

先日は2件のアポイント。
お昼は「7つの習慣」の勉強会を
毎週行っている会社様にいき、勉強会に参加してまいりました。

そして、夜はダイヤモンド経営塾の同期で、
尊敬する某企業の社長と、
同い年の弁護士さんとお食事。

縁あって、何度がお食事させていただいていますが、
その度に刺激的なお話や、
人の出会いを頂いています。

感謝の気持ちと共に、
恩返ししなきゃなあと、
更に頑張ろうと思った1日でした。

さて、そんな2人とアツく語り合う中で、
「夢」について考えさせられたことがありました。

皆さまに共有したいと思います。

テーマは、「夢を意識し、夢を持つ」

では、どうぞ。


■「夢を叶えよう」。


誰もが一度は耳にしたことがある、
聞きなれた言葉ですね。

例え話として、

イチローは、小学生から自分の目標を描き、
それを実現させた。

サッカーの本田も、具体的な夢を描き、
そしてそれを実現させた。

だから、

「夢を持つと、夢を叶う」
「目標を持つと、達成する」

だから夢や目標を持つことが大事なんだ、
そう教わることもしばしばあります。


■しかし、友人で、大手教育会社の社長さんは、
「夢」についてこのように語りました。

「僕が会社で言っているのが、

 【夢を意識し、夢を持つこと】
 
 が大事と言うこと。」

「実は、”夢を実現させることは大事ではない”。」


■この言葉を最初に聞いたとき、
一瞬、「?」と感じました。

だって「夢を実現させる」ことが目的で、

人は夢を持ったり、目標を持ったりするのではないだろうか、

そう思ったからです。

叶えてこその、夢ではないか
・・・と。

しかし、社長はこのように続けます。

「”夢を意識し、夢を持つこと”に、大きな意味があると思うんだ。

 だって、すぐに”夢”が見つからない人もいる。

 そんな人でも「”自分の夢”ってなんだろう?」 
 と自分に問い続けること、

 すなわち【夢を意識すること】で、
 自分が何を成したいのかが見つかったりする。

 【夢を持つこと】で、
 毎日目的を持って生きられるようになるし、
 元気がでる。イキイキする。
 
 もし、夢が実現できなかったとしても、
 【夢を意識し、夢を持つ】と、毎日が変わる。
 
 それが何より大事だと思う」

そんなことを語られたわけです。

それを聞いて、確かにその通りだよなあ、
と納得してしまいました。


■ちなみに、「7つの習慣」でも、
”第二の習慣 終わりを思い描くことから始める”
において、

『ミッション・ステートメント(自らのありたい姿を書き記したもの≒夢)』

を書くことが、自らの効果性を高めるために、
非常に重要である、といいます。

「ミッション・ステートメント」を定めると、
自分の人生の目的地が定まり、
日々のワクワクを感じ、エネルギーが沸いてくる、

そんな感覚を覚えます。

これも、先ほどの話の、

【夢を意識し、夢を持つ】

ことの効能と同じことでしょう。


■マラソンでも、登山でも、

「ゴールテープを笑顔で切る瞬間」とか
「山頂を制覇して達成感を得ている自分」など、

”何かを達成している自分”を想像することで、
人は元気が出て、歩むためのエネルギーが沸きます。

「夢の実現」は一瞬で、
一つの結果でしかありませんが、
私たちの毎日の殆どは「過程」の連続です。

そしてその「過程」が、
輝くことで、私たちの日々も輝くのだと思います。

そして輝かせる一つの手段が、

【夢を意識し、夢を持つこと】

そのように思います。

「今日自分は、夢に向かって歩んでいる」

そんな感覚を持ち、
ワクワク日々を過ごせたら素敵ですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
大きな夢を見よう。
大きな夢だけが人の心を動かす。

マルクス・アウレリウス・アントニヌス

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。