500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

”ふつうの鍛錬”と、「究極の鍛錬」の違い

582号2015/07/24更新

(今日のお話 1658文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。

「7つの習慣」のミニセミナーを実施した企業様の振り返りと
全社導入しているA社様の、お昼の勉強会に参加など。

一度「7つの習慣」を受講された方に、
1時間でちょっとずつ復習をする、という勉強会ですが、
参加された方から

「1回目に聞いたときより、もっと深く理解することができた」
という声があがっていました。

研修というと”新しい知識を知ること”
と思われがちな気がするのですが
本当は”学んだことを実践できること”がゴール。

実践するためには、何回もやることは、
当然ながら必要ですし、復習も不可欠。

そんな大切なことを、改めて気づかされた瞬間でした。

A社の皆さま、引き続き支援させていただきます!
■さて、本日のお話です。

先日読んだ『究極の鍛錬』という本に
(サンマーク出版/著:ジェフ・コルヴァン)

”達人が行う練習(=究極の鍛錬)は、
一般的な練習と何が違うのか”

ということが書かれていました。

興味深い内容でしたので、
共有させて頂きたいと思います。


■アメリカで最も尊敬を集めるジャーナリストである、
ジェフ・コルヴァン氏は、心理学分野の論文の研究から、

「世に言われる”達人”は、いかにして達人になるのか」
について調べました。

そして、達人を達人にした、
練習方法にもその違いがあることを見つけたとのこと。

ジェフ氏いわく、

「初心者が鍛錬している、と思っていることは、
 本当の意味での鍛錬ではない」
そういいます。

そして、本当の意味での”達人に近づく鍛錬”を
彼は、「究極の鍛錬」と呼びました。

では、究極の鍛錬とは、何か?

その要素のいくつかをご紹介すると、
こんなものが挙げられます。

① 何度も繰り返す
② 精神的にはとてもつらい
③ あまり面白くない

このような内容だそうです。
(他にも要素はありますが、一部だけ紹介しています)

見てみると、

① 何度も繰り返す
というのは、

”イチローが素振りを質の高い内容を、何度も繰り返した”
”タイガーウッズがパッティングを呆れるほど繰り返した”

などというようによく言われることで、
聞きなれた要素かもしれません。


■その中で私が面白いな、と思ったのが、
その他の要素でした。

② 精神的にはとてもつらい
③ あまり面白くない
という部分です。

この解説を見てみると、
筆者は次のようなことを述べていました。

「② 精神的にはとてもつらい」について…

・集中して努力しなければいけない
 (=良く考えずに、ピアノを弾いたり、テニスボールを打つのでは意味がない)
・十分でないと思う成果の要因を、
 厳しい目で洗い出し、精神的に大きな負担と感じるレベルでやらねばいけない
 (=1回1時間~1時間半が限界、というレベル)

「③ あまり面白くない」について…
 
・苦手なことにしつこく取り組まなければならない
 (=上手にできないことばかりやる。だから本質的に面白くない) 
とのこと。


■「繰り返しは大事」とよく言われます。

しかし、この話を聞いて私は、
自分が取り組んできた、
英語でもテニスでもプレゼンの練習でも、
自分はどのレベルで繰り返していたのだろうか。

そんなことを考えされられてしまいました。

”苦手なことを、
何でできないのかを冷静に分析し
精神が擦り切れる集中レベルで、
延々と繰り返すこと”

それこそが、”達人”と呼ばれる域に近づく、
「究極の鍛錬」の基本的な考え方。

でも、もしかすると、
仕事でも趣味でも、

「自分は頑張っている(鍛錬している)」
と思っているあらゆることが、

自分が気付いていないだけで、

「実はレベルの低い頑張り方だった」
ということがありえるのではないでしょうか。

問題は、当の本人こそが気が付かないもの。

”達人レベル”と比べる必要はないにせよ、

・自分の”努力している”は、本当に努力をしているのか?
・自分の“生産的に仕事をしている”、は本当に生産的なのか?
・自分の“良いプレゼン”、は本当に良いプレゼンなのか?

ということについて、
自らの基準が本当にあっているのか、客観的に振り返ってみることが
大切なのかもしれませんね。

”一般的な鍛錬”を気づかずにやっていた自分を、
”究極の鍛錬”を読み、「はっ」とさせられて、
ふと思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
単によい歌い手や踊り手であるだけでは、
世間で抜きん出るわけにはいかない。

              ジャック・ルソー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。