500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

成果を上げ続ける力は、「二毛作」から学んだ

660号2015/11/17更新

(今日のお話 1289文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は、ある製薬メーカーの中堅社員の方を対象に、
「7つの習慣 振り返り研修」。

皆様、非常に熱心に取り組んでいただいていて、
私も良い刺激を頂きました。
(ご参加いただいた皆様、ありがとうございました!
「継続は力なり」です。陰ながら応援しております。)

また、研修の合間には1件のアポイント。
面白いお話になりそうでこれからが楽しみです。

さて、最近良い話が続きそうな雰囲気で
少しだけ嬉しい気分であると共に、

「調子に乗ってはいかんな」

と自戒する今日この頃。

そんな時にふと、
昔お世話になった社長に言われた

「営業が常に心がけておくべきスタンス」

の話を思い出しました。

今日はそのお話から、

”順境の時だからこそ気を付ける心構え”

について、思うところを共有したいと思います。


■前職でお世話になった
ある社長が教えてくれた話。

”普通の営業と出来る営業の違い”

について、こんなお話を聞かせてくれました。

「営業って、調子がいいと慢心して、
 しばらくすると、結果が落ちてくるんだよ。

 そして、慌てて焦って頑張って、
 少しすると、また結果が出てくる。

 そうやって多くの営業は、
 浮き沈みを繰り返すんだよ。

 でも、本当に出来る奴は、慢心しないよね。

 売れてる時、調子が良い時ほど、頑張るんだよ。

 だから波に浮き沈みが少ない。」
と。


■まだ営業のキャリアが浅かった当時の私は、
その時はよくわかりませんでしたが、
今は物凄く良くわかります。

まさしくその通りだな、
と思うのです。

つい調子が良いと、
それがずっと続くような気がしてしまうこと、
時にあるのではないでしょうか。

これは営業に限らず、
他の仕事でもそうなのでしょう。

なんだか上手くいっている時は、
それが普通に感じて、

「これくらい普通だよ」

と己を過信してしまったりする。

でも、それは一時的な波が来ているだけで、
ちょっと歯車が変われば、
下降線をたどるような不安定なもの。


■だからこそ、もし

「長期・継続的に成果を出し続ける」

あるいは、

「調子がいい、でなく、平均値を上げる」

という事を真に求めるのであれば、
先にある社長が述べたように、

『調子が良い時、順境である時こそ、種をまき続ける』

という姿勢こそが大切ではないか、

そのように思うのです。

良い時があれば、悪い時もある。

でも、良い時でも悪い時でも、
常に未来に向けて、
何かしらの種をまき続けた人は、
その分、花が咲き、実がなる可能性も高まる、

そのように思うのです。


■ちなみに、農業には

「二毛作」

という農法がありますね。

1つの畑に2つの作物を、
連続で育てるという、あれです。

一つの例えではありますが、
成果を得続けようとする行為とは、

まるで二毛作のごとく、
収穫をし終わった瞬間、次の作物を育て始める。

と同時に、他の畑でも種をまき、
段々畑をたくさん用意しておく。

そして、

『「二毛作」を連鎖的に続けるかのごとく、
 種をまいてまいてまいてまき続ける』

そんなイメージが、

安定して高い成果を求める優秀な人材が、
大事にしている重要なスタンスではないだろうか。

そう思う次第です。

思い付いたので、補足までに。
(ただし、二毛作は土地が痩せるので、
たまには休ませることもポイントです)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
一方はこれで十分だと考えるが、
もう一方はまで足りないかも知れないと考える。

そうしたいわば紙一枚の差が、
大きな成果の違いを生む。

松下幸之助

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。