500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

努力し、成長しようとする人には「デス・バレー」が訪れる

640号2015/10/12更新

(今日のお話 2015文字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

金曜日は、新人研修「ディスカバリー」の
大型プログラム説明会でした。

ならびに大手IT企業の管理職向けに
「7つの習慣」3日間コースの研修実施。
(ご参加いただいた皆様、ありがとうございました)

説明会では、50社を超える方々にお集まりいただき、
嬉しいご評価を頂きました。

手前味噌ながら、
毎年150%近くの売上・契約の伸びを見せている
力作の新人研修プログラムです。

もしご興味がある方は、
11月にも開催いたしますので、
ぜひお越し下さいませ。

そして、日曜日はテニスの合宿へ。
テニスはもはや趣味ではなく、

「常に成長し続ける」

という私のミッションになりつつあります。

”努力したことは、必ず結果に繋がる”

テニスを通じて
「成長すること」を実感として感じたい、
と思った週末。

しかしながら、練習すれば
「すぐに上手くなる」というものではなく、
力のなさと、自分の未熟さに頭を抱えた日曜でした。

今日は、テニス合宿を通じて考えた、

「成長の壁」

についてお伝えしたいと思います。

では、どうぞ。
■ある経営者から聞いた
興味深いお話があります。

それは、

【起業家には、「デス・バレー」と呼ばれる暗黒の期間が、必ず訪れる】

という話。

「デス・バレー(死の谷)」

とかいうと、もう聞くだけで
おどろおどろしい響きがありますね。

ちなみに、もちろんここでいう「デス・バレー」は、
アメリカにある国立公園のことではなく、

経営者(主に起業家)に訪れる、

”苦しみの比喩”

として用いられています。


■起業した場合、
まず突き当たる”壁”が、儲けること以前に

「存続すること」

だそうです。

実際のデータで、
起業してから何年で何%の企業生存率か、
を示したものがあるのですが、
それを見てみると、「確かに」と思わされます。

<参考データ:企業が生き残る数>

1年:40%
5年:15%
10年:6%
20年:0.3%
30年:0.02%

すなわち、起業してから5年の間に
85%もの企業が倒産するわけです。

なぜ企業が生き残れないのか、
なぜ倒産してしまうのか、

このことについては、
色々な要素が関わってくるので、
私にはわかりません。

ただ

【起業家には、「デス・バレー」と呼ばれる暗黒の期間が、必ず訪れる】

という話を聞かせてくれた経営者は、
「なぜ生き残れないのか」の理由を、
このように教えてくれました。

~~~~~~~~~~~~

「起業が結果を出し、儲けるためには、
 行動をしなければいけない。

 しかし、ある行動が結果に現れるには、
 時間がかかる。」

「それは、場合によっては、1、2年だけでなく、
 3年、4年とかかることもある。

 その間、結果が出ない。赤字が続いたりする。

 まるで、先の見えないトンネルのようなもの。
 借金がどんどん膨らんでいき、

 ”このままで大丈夫だろうか”
 ”そもそも計画が間違っていたのではないか”

 そんな不安がつのっていく。

 ずぶずぶと沈む感じがして、辛く、苦しい。

 この苦しい期間を”デス・バレー”という。」

「だが、この”デス・バレー”の間、
 あきらめずに手を打ち続けると、
 ある時に浮上しはじめる。

 つまり、行動していたことが、結果に現れ始める。

 ここまで続けることができれば、
 その企業は生き残ることができる」

~~~~~~~~~~~~~

このような話でした。


■そして、この話を受けて思ったのが、
これは何も起業家に限った話ではなく、

「何事においても、行動が結果に現れ始めるための
 【”デス・バレーの期間”があるのではないか】」

と思ったのです。

それがテニスでも、
仕事でも、
英語勉強でも、
人間関係の構築でも、

何かを行動したからと言って、
明日すぐに結果に繋がり、
甘い果実を啜れる、

という上手い話はありえません。

しかるべき努力を、
一瞬でなく、何度も何度もし続ける。

しかるべき行動を、
10回20回でなく、1000回、1万回と
繰り返し続ける。

だからこそ、秀でた、
素晴らしい結果に繋げることができる。

そのようなものではないでしょうか。


■私たちは、時に目標を持ち、
一念発起することがあります。

その時に、

「結果が出るまで、愚直に行動できるか」

「行動がなかなか結果に繋がらない、
 ”デス・バレーの期間”がやってくることを覚悟しているか」

こんなことを想定しておくことが
継続し、結果に繋げるために大事な心構えなのでしょう。

何事も、結果が出るから楽しいものです。

しかし、行動と結果の間にはタイムラグがあります。

何か成し遂げたいことがあるのであれば、
このことを念頭に、

「しつこく、しつこく、粘り強くやり遂げる!」

をモットーに、デス・バレーが来ても戦い続けられる、

そんな心の準備をしておきたいものですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
勝利は、
最も忍耐強い人にもたらされる。

ナポレオン・ボナパルト

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。