500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

当たり前を、深く知る

636号2015/10/08更新

(今日のお話 2256文字/読了時間3分)
■おはようございます。紀藤です。

週末は、友人が主宰をしている、
「たてやま自由学校」なる場所で、
稲刈り体験をしてきました。

鎌を持ち、黙々と稲を刈ったため、
太ももやお尻のあたりが筋肉痛です。

日常ではない体験がゆえに、
色々と感じることがありました。

本日はその内容を共有したいと思います。

テーマは、「当たり前を深く知る」。

では、どうぞ。
■小さい頃、食事のとき、

「お米は一粒残さず食べなさい。
 お百姓さんが、苦労して作ったんだから」
と言われた記憶があります。
(皆様の家庭ではどうでしょうか)

私はそう言われていたので、
今も習慣として綺麗に食べていましたが、

「じゃあ、どれくらい大変なのか」

という事については、
深く考えたことがありませんでした。


■しかしながら、実際に
”稲刈り体験”をすると、予想以上に大変。

「お百姓さんが苦労して作った」

という言葉を実感値として感じました。

機会があれば、皆様も
ぜひ体験してみたら面白いと思いますが、

10人で半日かかって、
ようやく10平方メートル程度の刈り取りしかできないし、
苦労して刈った後も、
稲を一束一束、束ねて、
天日干しのために柱にかけたり、
体力勝負の、かなりしんどい作業です。

昔の人は、これを当たり前のように、
黙々と日々行い続けていた。

すごいことです。


■そして、
こんなリアルな実地体験をすると
ふと思うのです。

「こんなに苦労して作るお米。
 果たして、稲1本で、どれくらいのお米がとれるのか?
 また、稲何本分で、茶碗1杯なのだろうか?」
と。

自分が体験して、

「稲刈りは大変、お米作りは大変」

と思うからこそ、
普段考えないようなことが、
気になってきたわけです。

そして実際に調べてみると、
こんな事実がわかります。

・稲1本で、約70粒のモミができる。
・ちなみに、茶碗1杯で約3250粒。

すなわち、単純計算をすると、
3250粒÷稲1本70粒 

= ”稲46本”で茶碗1杯分
となります。

よく売っている米10キロというのは、
これまた計算すると、茶碗約133杯分となり、
稲で計算すると、なんと、

6118本の稲(!)に相当します。

恐らく、これは
私が手作業でやったとき、
半日かかって収穫した量と、同じくらいでしょう。


■そしてこの時、ふと思いました。

毎日のようにみているお米。
よく目にする水田と稲。

しかし、

茶碗1杯分が米粒どれくらいで、稲何本分か、
など考えようと思ったことすらなかったな、
と。

確かに、
これらのことを考えなくても
何ら生活に支障はありません。

お米はお金さえ払えば、
スーパーでもどこでも買えますし。

別に、茶碗1杯分が稲46本分と知らなくても、
米10キロが6118本の稲であると知らなくても、

ご飯は食べることができる。


■しかしながら、
ここで強く思った事は、

「毎日、目にしている”当たり前のこと”こそ知らない」

という事実と

【当たり前を深く知ると、見方が変わる】

ということでした。

例えば、お米なんて、毎日毎日食べ続けて、
30歳の人であれば、ざっくり計算しても
1日2杯×365日×30年 = 65万7000杯
という、とんでもない量を食べているわけです。

でも、そんな当たり前のお米のことも、
否、当たり前のこと”だからこそ”、
深く知らない。

当たり前のことは、
普段目にするからこそ、
疑問に思うこともないし、
知っていると思いがちだからでしょう。


■そして、これはお米の話だけでは、なく、
あらゆることにも通ずると思います。

例えば、

・自分が毎日会っている上司・同僚について
・自分の親・兄弟について
・自分が住んでいる土地の歴史について
・自分の名字のルーツについて

などなど、
身の回りに毎日普通に存在していることこそ、
意外と知らなかったりする。

そんなものではないか、と思うのです。

しかし、
”当たり前のもの”を深く知れば、
違った姿が見えてきます。

稲刈りをして、

「茶碗1杯で稲46本、稲2束分か」

と思えば、茶碗1杯にも感謝する気持ちが
確かに芽生えるし、

「米10キロ=稲6118本分か」

と知れば、それこそ大変な価値に感じます。

同様に、身の回りの当たり前のことを深く知ることで
違って見えてくることも、たくさんあるはず。

当たり前のものこそ、深く知ろうとすること。

そして、その本当の姿をしり、
新たな価値を発見すること。

そんな姿勢を持ち、
日常に新たな発見をしてみてはいかがでしょうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
世界とは一冊の本であり、
旅に出ない者は、同じページばかり読んでいるのだ。

アウグスティヌス

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。