500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「なんかこんな感じ」を、言語化・記号化して、学びを加速させる

633号2015/10/05更新

(今日のお話 1780文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は4件のアポイント。

夜は第一回社内英語勉強会。

最近米国から来てくれた同僚が、
講師としてビジネス会話を教えてくれるという、
何とも嬉しい機会が始まりました。

これを機に、なまっていた英語を再燃させねば、
と思ってみたり。
■さて、本日のお話です。

昨日は、学び、成長する過程においては、

「1、一度できたことでも、できなくなる」

ものである、そして、
完璧に出来るようになるためには、

「2、基本となる状態を、”鮮明に”思い出すこと。
 そして何度も何度も反復すること。」

が重要である、

そんなお話をいたしました。
今日も続けます。


■つくづく思うのですが、
何かを熟達させようとするのであれば、
それが、

・営業スキルであれ、
・プレゼンテーション能力であれ、
・傾聴の方法であれ、
・時間管理術であれ、
・テニスのサービスであれ、

「”学んだことは忘れる”ということを前提とする」、
ことが重要である、
そのように思います。


■基本的に歴史など暗記するもの以外は、
「学び」というのは、”概念や感覚”で理解します。

概念や感覚とは、
「〇〇みたいな感じ」
「こんなイメージ」
みたいな言葉で表されます。

例えば、

テニスのサービスであれば、
「ラケットを放り投げる感じ」
みたいに表現されますし、

プレゼンテーションなどで言えば、
「語りかけるイメージ」
と言われたり。

メルマガも、
「タメを意識せよ」
などと言われることがあります。

複雑な”学び”になればなるほど、
「感覚の要素」が入ってくるので、
どうしても、

「〇〇な感じ」
「こんなイメージ」

というような
抽象的な表現になりがちである、
ということ。

そして、抽象的なものは、
感覚で理解している、という特性がゆえに、
再現が難しいわけです。


■では、そんな中、
感覚的な「学び」を
いつでも再現できるためにはどうすればよいか。

それは、

【「なんかこんな感じ」を、
 明確に、言葉化・記号化すること】、

これに尽きるのではないか、
と思います。

趣味でも仕事でも、

「あっ!できた!この感じ」

という瞬間が誰しもに訪れます。

しかしながら、当然、
「あっ!できた!という感覚」は、
時間と共に薄れていきます。

ですから、人は忘れるし、

「あーっ、あの時は掴めていたんだけどな」
「前はできたんだけど、できなくなってしまった」

ということが頻繁に起るわけです。

だからこそ、
その”感覚”を忘れないように記録し、
可視化しておくことが必要。

言い換えれば、

”「言葉」や「図」などに落とし込み、
 具体的に可視化すること”

が大事だと思うのです。


■判りづらいので、
テニスのサービスで例を挙げてみます。

例えば、

・ビュッと振り切るイメージ”

これは、感覚的な要素がものすごく入っています。

でも「ビュッ」というのは、
どれくらいが「ビュッ!」で、
どれくらいからが「ヒュッ」なのか、わからない。

感覚だから、ビュッの定義も
日によっても変わったりする。

「振り切る」という言葉もそう。

何を持って振り切る、というのかが、明確でない。
だから、再現しづらい。

そんな話になります。

だから、ここで、
具体的に「言語化」する必要がある。

例えば、

・動作は右斜め上にラケットを投げるように。
・ワイパーで弧を描くように。
・インパクトは右斜め上方法、そこから顔を離さずに。
・右斜め上でフォロースルー、肘の位置を高く。

というようなイメージ。

または絵や写真、映像というように、
具体的に思い起こせるように
「記号化」してもよいでしょう。

つまり、

【「なんかこんな感じ」を、
 明確に言葉・記号として記録しておくこと】、

で、再現がしやすくなるのです。

すると、感覚で忘れても鮮明に思い出すことができ、
反復しやすくなり、学びの効果も高くなる。

学びのスピードも速くなる。


■私たち大人の学びは、

”体験や経験”

で習得することが多いと思います。

ですが、体験や経験を通じた学びは、
複雑がゆえ、言葉に表しづらい
「こんな感じ」という”概念や感覚”になる。

そしてそれは“感覚”がゆえに、
忘れやすいし、反復しづらい。

だからこそ、

・感覚・概念を「言語化」した言葉
・感覚・概念を「記号化」した思考フレーム・映像

のように、

”「なんかこんな感じ」を、
 明確な言葉や記号として形にするもの”

に落とし込み学ぶことが、
効果的に学びを深めるために、
大切になるのでしょう。

感覚に頼るのではなく、

「思い出しやすい言葉・記号」

を持ち得て、より

・あのできた素晴らしい瞬間、
・「わかった!」と思えた素晴らしい感覚

を鮮明にカムバックさせ、
学習効果を高めていきたいものです。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
学びとは、つまり
人生の中で理解したと思っていたことを
新しい形で突然、理解し直すこと。

ドレス・レッシング

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。