500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

無用の用

631号2015/10/03更新

(今日のお話 1048文字/読了時間1分)
■おはようございます。紀藤です。

週末は、会社での初のファミリー会。
家族を連れて、皆でバーベキューということで、
普段とは違う一面で、楽しい時間を過ごしました。

また、両日とも早朝7時などからテニス。
その後は、ひたすら読書。

久しぶりにゆっくりした休日を
過ごすことができました。
■休日を通じて、
読書・運動・人間関係など
改めて「7つの習慣」でいう、
”刃を研ぐ”(読書・運動)などの大切さを感じました。

今日はそのお話について、
少し感じたことをしたいと思います。


■さて、最近もっぱら読んでいたのが、
山崎豊子さんの『白い巨塔』。
(今更ではありますが・・・)

何度もドラマ化・映画化された有名な作品で、
1960年代の大学病院を舞台にした、
医局内の腐敗を描いたお話です。

ずっと勧められ、
読みたいと思ってはいたものの、
結構なボリュームがあるため、
少し躊躇をしておりました。


■しかし、いざ読んでみると、

「大学病院の封建制」
「医局部内の政治」
「病院の歴史・派閥」

など、山崎氏の取材に取材を重ねた、
当時の医療に関する問題点を知ることができ、
また、その人間模様やストーリーから、

「相手を貶めるとしっぺ返しを食らう」
「誠実さが重要」
「能力だけを誇示すると、いずれ破たんする」

などの”人生における原則”、
なども感じることができました。


■しばしば、読書について

「長い小説は、ちょっと読むのが億劫になる」
「難しい話は、あまり好きではない」
「実用書の方が好き」
などの意見も聞くことがあります。

でも、実際に触れてみると、
ぱっと見、自分には役立たない、
直接つながらないと思われる事でも、

・自分のあり方を考えさせられたり、
・発想の転換が起ったり、
・はたまた全く知らない世界の気付き

があったりする。
そんなことを感じさせられたわけです。

だからこそ、私の仕事に直接関係しそうな、

・自己啓発書、ビジネス書、実用書

など以外”こそ”、
積極的に学ぶことが重要なのだろうな、
としみじみと感じたわけです。


■読書でも、人間関係でも、運動でも、

「今の自分に直接必要じゃないこと」

と思われるものがたくさんあります。

でも、そのような世界を知ることで、
思わぬ気付きがある。

かの有名な老子がいった、

【無用の用】

という言葉があります。

これは、

「役に立たないと思われているものが、
 実際は大きな役割を果たしているということ」

を表しますが、

私たちもより楽しく、視野を広げるために、
「無用の用」こそ、大切にして、
知らないことに好奇心を持ち、幅を広げることが、
人生をより豊かに、楽しくしてくれるのだろうな、
としみじみ思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
宇宙でもっとも強い力は、
幅広い興味である。

アインシュタイン

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。