500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

フライングの力

701号2016/01/15更新

(今日のお話 1156文字/読了時間1分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は4件のアポイント。
そして夜はテニススクールでした。

さて、新入社員研修の計画がいよいよ大詰めの時期。

先日も2社の方から、
”新入社員研修『ディスカバリー』の社内ファシリテーター制度”の
お申込みをいただきました。

”新入社員のマインドセットが大事”とは
よく言われますが、

「どうしたら新入社員の意識を変えられるのか」は、
ただ「意識を変えよ!」では通用しません。

参加者の思考を深めるための、
適切なワーク、どこで何を気付かせるかという、
練り込まれた緻密な研修のシナリオが大切です。

その方法、ツール、映像などを
お伝えするのが「社内ファシリテーター制度」。

研修の内製化をしていこう、
という会社様には、大変お勧めです。



それでは、本日のお話です。

しばしば
「前倒しで行動すること」
の大切さを仕事でも言われることがありますね。

今日はそんな
”「前倒し行動」が生み出す価値”について、
面白い話を聞きましたので共有させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。
■人と違った結果求めるのであれば、
人と違った行動をしなければいけない。

言われてみれば当然のお話ですよね。

そんな人とちょっと差をつける、
人と違った行動で、こんな興味深いお話を聞きました。



通常、年賀状は、1月1日に
「あけましておめでとう」と共に出します。

でも、とある有名企業の社長は違って、

12月31日に「暮れまして、おめでとう」
といって、年賀状(?)を出すとのこと。

前倒しというか、ややフライング気味。

ですが、出してはいけない、
というルールはありません。

貰った方としては、驚きと共に、
強烈なインパクトが残ります。

人と違った結果が残ります。


■また、別の例。

あるモテモテの男性がいたそうです。
顔も普通。お金もまあ、普通並。

でも、いつも物凄く美人の彼女を連れている。

そんな彼が、どうやってそんな美人の彼女を
いつもゲットしているかというと、

「誕生日の1週間前に、”前倒し(フライング)”でお祝いをする」
そうです。

「君は誕生日は色んな人にお祝いされて、多分忙しいだろうから、
 先にお祝いしておくね」

と言って。

それまた大きなサプライズ。
強烈なインパクトが残ります。

それ以降は、何をやっても二番煎じになる。
だから、頭一つ、抜きんでることができるそう。


■ちょっとした工夫です。

やることは同じなのに、

「行動を”前倒し(フライング気味)”でする」

というように、行動のタイミングを変えるだけなのに、
大きく結果が変わってくるわけです。

きっと皆さまも、

プライベートに、
誰か特別な人、大事に思っている人に、
その感謝や愛情を伝えたい。

はたまた、仕事でも
ここぞという時に人と違った結果を残したい。
その想いを形にしたい。

そんなことがあるのではないかと思います。

そして、そんな”想い”を持っているのであれば、
その”想い”を伝えるための、工夫した”行動”が大切。

その一つのヒントとして、

「前倒し(フライング)の力」

を活用してみるのも、
効果的かもしれません。

小さなヒントではありますが、ご参考までに。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
遅れることあらじ、
黄金の瞬時は滅ぶ。

ロングフェロー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。