500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

主体的に、ケツを蹴られにいく効能

679号2015/12/15更新

(今日のお話 1756文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。

ならびに夜は、
新しく同じ部署に入られた仲間の
ミニ歓迎会でした。



さて、本日のお話です。

これは私が”営業”という
立場上かも知れませんが、

「締め切りを持つこと」

の大切さを、最近改めて感じます。

今日はネガティブに捉えられがちな

「締め切り」について、
思うところを共有させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。
■「締め切り」と聞いて、

「やったー、嬉しい!」

という人は、
恐らくあまりいないと思います。

締め切りという言葉から
連想されるものとしては、

・追われている感じ。
・ストレスが大きい。
・迫ってきて苦しい。夜も眠れない。

そんな、否定的な印象が
自然と浮かぶようにも思います。

基本的に「締め切り」なるものは、

「いつまでに、〇〇を完了させねばならい」

という内容であるはずなので、
当然ながらプレッシャーがかかるものです。



しかし、この

「いつまでに、〇〇を完了させねばならい」

という感情は、
使い方によっては、

”今まで取り組めなかったことに、
取り組み、結果を実感するまでの、
一時的な劇薬として効果的なのではなかろうか”、

そんなことを感じるのです。

いつも話題に出させて頂く、
「7つの習慣」では、物事を始め、続け、
そして結果を出すことの難しさについて、
こんな例えをしています。

「何かを習慣にするためには、
 多大なエネルギーを必要とする。

 それはまるでロケットが大気圏を突破するかのごとく、
 膨大なエネルギーが必要になる。

 アポロ11号は、地球を飛び出すための数キロに、
 月を周り戻ってくるのに必要とした、
 約70万キロの飛行に使ったエネルギーを遥かに上回っていた。”

 すなわち、新しいことを
 ”習慣にする”というのは、
 それくらい難しいことである。」

というようなお話。
(一部抜粋『完訳 7つの習慣より』)


■誰もが、何かについて
「より良くしたい」
と思っていることがあるのではないかと思います。

でも、一番大変なのは、
物事を始めて、
軌道に乗ってくるまでの間。

筋トレであれば、体重が落ちて、
それが面白くなってくるまでの間や、

営業であれば、圧倒的な行動を担保し、
結果が出るまでの隙間の期間。

または、人間関係において、
誰かとの信頼関係を築こうと努力し、
距離が縮まり関係がよくなるまでの期間。

何かを始め、努力しているつもりなのに、
なかなか結果が出ない・・・

この状態は、結構辛いものです。

そしてそんな状態を、
自分一人の意志だけで
軌道に乗せるまでやり通すことは、
相応に難しいことである、

そのように思うのです。


■そして、「変えたい。でも変えられない。」

そんな時にどんなことが役に立つのか。

そのヒントの一つが、
冒頭にお伝えした、

『締め切りの効能』

ではないか、と思うのです。

追われたり、〇〇をせよ、と迫られたりするのは
誰だってイヤです。

でも、そうやって

”ケツを蹴ってくれる環境”

があるからこそ、
行動できるという状態も、
あると思うのです。

もちろん、
ずっとケツを蹴られていたら、
痣だらけになってしまうし、

そんな受身の状態で、
一生走り続けることは現実的ではありません。

あくまでも、
最初のスタートダッシュだけ。

引力を引きちぎり、大気圏を突破するまで、
一時的なサポートエンジンのごとく、

誰かが後ろで、

「いつまでにやると、決めたじゃないか!」
「自分で決めたことをできなくてどうする!」
「がんばれ!あと少しじゃないか!」

と、「締め切り」を声高に叫び、鼓舞し、
ケツを蹴ってくれることが、
一つの弾みにできるとしたら。

「締め切り」すらも、
自らをよくするための、
一つのツールとして使えるものではないか、

そのように思うのです。


■一般的には、

「意志」

というのは、思ったより強くありません。

だからこそ、「ライ〇っプ」など
相応に流行るのでしょうし、

人はどこかで

「自分だけではなかなか変えられない」

ということに、
気付いているようにも思います。

であるならば、
”締め切りを設け宣言すること”などで、

【結果を出すリズムができるまで、
 主体的に”ケツを蹴られにいく”】

ことも、結果を出すまでの一時的な劇薬として、
使えるのではないか、

そのように思うのです。

営業という職場柄、

”「締め切り」(=いつまでに目標必達成)”

というものを全身で感じながら、
そんなことを思った師走でした。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
人間というものは、
わが身のことになればおのれを甘やかし、
たやすく騙されてしまう。

マキャヴェッリ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。