500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

最も大切な活動に時間を使うための「仕組み」

677号2015/12/11更新

(今日のお話 1653文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。

また夜は友人の会社にて、
「7つの習慣」の社内ファシリテーターの方々などと、
”アチーバス”という教育ゲームを楽しみました。

その後、そのまま忘年会。

多様な業種・職種の人たちから、
仕事の話やプライベートの取り組みなどを聞かせて頂きましたが、

住む世界が違うがゆえに、
たくさんのアイデア、閃きをもらいました。
(皆さま、楽しい時間をありがとうございました!)



さて、本日のお話です。

昨日のお話は、

「トップ生保営業マンの成功する時間管理術」

というタイトルで、

”最重要な活動に時間を投資すること”
(=生保の営業であれば新規顧客開拓など)

が成果を出し続ける上でも大切な考え方である、
というお話をお伝えいたしました。

本日も続けます。

本日のテーマは、

「最重要な活動に時間を投資する『仕組み』」

と『仕組み』について、
ある取り組みの紹介と、そこから学べる気付きを
皆さまに共有させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。
■「最重要な活動に時間を投資しましょう」。

こういう話をすると、
このように疑問を持たれる方がいます。

「いや、最重要な活動に時間を投資することはわかります。

 でも、職場で働いていると
 集中して働こうとしても、いつも上司や部下から、

 ”ちょっといいかな?”と邪魔が入ります。

 どうすればいいのでしょうか??・。」

というようなお話。
(思い当たる方もいらっしゃるかもしれませんね)

確かに、フリーランスで働くなど、
自由な時間、働き方ができるのであれば、
自分の意志で、

「最重要の活動に投資をする」

ということはできそうです。

でも、会社などの組織で働いていると、

・働き方にも一定のルールがある
・また早く出社しよう、と思っても、家庭の事情で実行が難しい、

というやむを得ない状況もあります。

正直なところ、それが現実です。


■「最重要な活動に時間を使うことはわかる。でも、なかなかできない。」

では、こんな時、どうするのがよいのでしょうか。

一例ですが、
ある興味深い取り組みをしている会社があります。

ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんが、

”トリンプ・インターナショナル”

という会社。

下着メーカーの会社です。

実は、この会社様、
「重要な活動に集中する」という時間を、
職場活動として、全社的に取り入れているそうです。

ホームページを見て頂くと書いてありますが、

「全員が業務に集中する時間を”設定する制度”」 として、

『がんばるタイム』

と呼ばれる仕組みを設けています。

具体的な内容はこのようなもの。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

”『がんばるタイム』・・・

 12時30分~14時40分までを個人が手持ちの業務に集中して取り組む制度。

 その間は、おしゃべり、電話、立ち歩き、コピー、部下からの相談、

 さらに上司からの指示も全面的に禁止される。”

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

とのことでした。


■そして、このお話でお伝えしたいのは、

「最重要な活動に時間を投資する『仕組み』」

がここにあると思うのです。

その『仕組み』とは、

【一人でなく、皆を巻き込んでやる】

ここに尽きるのではないか、

そのように強く思うのです。

例えば、”家庭”という組織でも、

「今から”皆で”大掃除を集中してやろう」
とか、

「今から大事なことを集中して、”皆で”しよう」
(子供は勉強、父は仕事関連の読書、母は家計簿の整理、とか)

というように、”重要な活動をする時間”を、
『仕組み』として設けたのなら、

1人でやるよりも、意志に頼らず、
より確実に実行することができるのではないだろうか、

そのように思うのです。


■「鉄の意志」なるものを、
誰もが持っているわけではありません。

そして、一人でやろうとしても、
周りがそうでないと、なかなかできないのが、
人間だったりします。

だからこそ、皆で、

1、「最重要の活動に時間を投資することが大切」である、と認識を持つこと
2、それを組織内で実践する『仕組み』を作ること

この2点を共有することこそが、
最重要の活動に投資をするリズム、習慣を作る上で、
大切なことではないだろうか、

そのように思う次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
一緒にやろうという力がまとまってこないと
物事は前へ進まない。
成功の成否は人の和にあり。

藤森正路(住友金属鉱山 元社長)

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。