500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

ストレスを減らす、効果的な行動ランキング

669号2015/12/01更新

(今日のお話 1558文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

今日から12月。
弊社ではまた新たな四半期の始まりです。

昨日までの11月末で、
一つの区切りとなりましたが、
スピード感があり、色々と勉強になる期でした。

手綱を緩めず、この冬も粛々と
駆けて抜けていきたいと思います。
(テニスもしながら???)



さて、本日のお話です。

人事関連に携わられる方は、
「ストレスチェック義務化」なんて言葉にも、
敏感になられている昨今。

今日は、今話題の”ストレス”について、
面白いお話を聞きましたので、
皆様にご共有させて頂きたいと思います。

テーマは、

「ストレスを減らすための、効果的な行動」

です。

では、どうぞ。
■仕事をしていると、
日々一生懸命取り組んだり、
多くの人と関わったりすることがとても多いものです。

それがゆえに、

”ストレス”

を感じることも
しばしばあるものではないでしょうか。

さて、そんなストレス、
出来れば上手に付き合っていきたいもの。

では、ストレスを減らすための
”効果的な行動”とは何なのか?

これについて、
イギリスでとある実験を行ったそうです。

その実験はこんなもの。



被験者たちを、ランダムに5つのグループに分けます。
そして、それぞれ別々の行動をとらせます。

その際の心拍数、血圧など身体的状態から、
その行動が「ストレスをどれだけ減らせたか」を計測しました。

その結果、5種類の行動について、
計測結果は次のようになったとのこと。

では、ランキングの発表です。

5位 ゲーム  = ストレス21%減少

→ 楽しいですよね。わかります。
  ただ抜けられなくなるので要注意。
  ※紀藤も一時期とあるゲームアプリ(ファイナルファンタジー)に
  ハマりかけ、恐ろしくなってアプリを削除しました。

4位 散歩  = ストレス42%減少

→ ゲームより体を動かすことの方が効果があるとのこと。
  「エグゼクティブはランニングをする」というのは、
  理にかなっている話なのでしょうね。

3位 コーヒー = ストレス55%減少

→ コーヒー。好き嫌いもあるかと思いますが、
  リラックスさせる効果があるそうです。

2位 音楽 = ストレス61%減少

→ 音楽鑑賞はやはり素晴らしい効果があるのですね。
  クラシックやロック、ポップスなど、自分の好みのものを聞くことが、
  ポイントなのでしょう。
  私の場合、最近、ストレスを感じたときに「ももクロ」を聞くと、
  元気が出てくる自分に気が付いてしまいました。


■さて、並み居るストレス解消方法を抑え、
1位になった行動とは、果たして何なのでしょうか?

それは、

1位 読書 = ストレス66%減少

だったそうです。

散歩をしたり、コーヒーを飲んだり、
音楽を聞いたりすることも以上に効果的なのが、
なんと「読書」だったのですね。

もちろん、自分の好きな本、
ストレスを減らせるような本でなければ、
効果は期待できないと思いますが、

「たった6分間の読書」

で66%、すなわちストレスが2/3も減ったというのは、
驚くべきことではないでしょうか。


■忙しい毎日で、
色々な業務に取り込まれていると、
つい、

「ああ、あれもやらなきゃ。これもやらなきゃ」
「明日のプレゼンの準備、全然できていない」
「こんなことが起ったらどうしよう」

と、大変さや、不安な気持ちに取り囲まれ、
その考えにより、更にストレスを感じる、

という悪循環に陥ってしまいがちです。

しかし、そんな時だからこそ、
敢えて、読書などを通じて、

『別の世界にハマること』

こそが、実は今の自分の頭を占領する、
「今の大変さ、悩み」から一時的に離れさせてくれ、
気持ちを落ち着けてくれる手段になるのかもしれません。

私もこれを実際に試してみましたが、
確かに「自分の頭の中のノイズ」を
いい感じに消去してくれて、スッキリする気持ちがしました。
(なんとなく、おしゃべりに近い感覚かもしれません)

人によってストレス解消手法は様々です。

もし合いそうなものがあれば、
試してみてはいかがでしょうか。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
1試合にわたって集中力を維持するためには、
適度にリラックスすることが、
絶対に必要だと思う。

ジミー・コーナーズ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。