500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「バッターボックスに立つ前に諦める」という”愚”を犯さない

1005号2016/11/14更新

(本日のお話/2134文字 読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は、朝からテニス、
その後、体育館にて壁打ちの練習。

来月テニススクールの友人と、
ごく小さな試合にでるので、貢献すべく、
ちょっとでも上手くなろうと奮闘中。


また、午後からは妻とともに、
映画『何者』ならびに、
『君の名は。』(二回目)を鑑賞。


どちらもよかったですが、
特に『君の名は。』、大好きです。

2回目でも引き込まれっぱなしでした。

(この話はまた後日、
 ぜひ語らせていただきたいと思います。)



さて、本日のお話です。

今日は、昨日見た『何者』を見て、
連想するエピソードがありました。

連想したものは、
最近学んでいる「武士道」の生き方。


今日はこの二つを絡めて、

「バッターボックスに立つ前に諦めるという愚」

について、思うところを
お伝えさせていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■映画『何者』のストーリーは、
就活戦線で迷い、悩む学生達が主人公。


内定って、何?

働くって何?

レールに沿って生きるのは嫌だ。
自分は何がしたいのか?

内定をもらった友人への嫉妬。
ツイッター、フェイスブック社会。



現代に生きる若者の
それぞれの葛藤を抱えつつ、

就活を通じて自らの生き方、あり方、
世の中の仕組みなどを否応無く考えさせられる、

そんなお話です。

(人材採用、人材育成関連の
 仕事をしている方はオススメです。
 自分たちの仕事についても考えさせられるお話です)



■その中のワンシーンで、こんなシーンがありました。

就活に冷めて、
否定的に物事を分析している登場人物の1人。

「俺はレールに乗りたくない」
「お前らとはちがう」
「俺は優秀なんだ」

そう自らに言い聞かせているように振る舞う彼。

彼に対して、その友人の1人の女の子が、
このようなことを言うのです。


「何もしてないのに、偉そうなことを言わないで!
10点.20点の評価しか貰えなくとも、
何もしていないあなたよりマシだよ」
と。


「頭の中にあるうちは、なんだって傑作なんだよ」

そう言い放ち、去る、もう1人の友人。

そして、それに対して、黙る彼。

(具体的なセリフの内容は忘れてしまいましたが、
 こんなニュアンスです。)



■この話を聞いて、
「あー、あるよなあ、、、」
とその弱さへの共感もする一方、
こんな話を思い出したのです。


それは、日本の偉人の一人、
西郷隆盛が語ったとされる話でした。

彼は『西郷南洲遺訓』において、
こんなことを語ったとされます。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

歴史を学び、偉大な古人の足跡を知ることは、大切です。

ですが、ここで、ただ歴史の知識を得るだけを目的とするようなら、
学ぶ意味はありません。

過去の成人賢人について記された文献をひもときながらも、
自分自身は「こんな聖人賢者になりたい」という高い志を持たず、
それどころか、

「私などは初めから、こんな聖人賢者にとても及ばない。
 こんなふうには生きられない。
 そもそも持って生まれた才覚が違うのだから、仕方ない」

ーーーなどというのは、じつに卑怯です。

戦場にあっていざ合戦の火ぶたが切られる直前に
逃げ出すような浅ましい態度よりも、更に卑怯である。

折角の手本を見て、見て見ぬふりするごとき、
そうした態度。これは、謙虚とは全く違う。

ただ、道を志す辛さから逃げて、
しかも、その振る舞いをごまかそうとしているだけである。


『話し言葉で読める 西郷南洲翁遺訓』(著:長尾剛)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■「真剣に取り組んでできなかったら、カッコ悪い」

そう思って、、

「やればいいとわかるけど、
 できるかわからないからやらない」

と何もしないこと。

それは、

”ビビって敵前逃亡より、もっとずるい”

そう、西郷さんは語るのです。


失敗するかもしれない。
そんなダサい自分は嫌。
だから、そもそも挑戦しない。

一方、そんな無謀なことに挑戦し、
泥まみれで失敗している人を冷ややかに見て批判する。

こういった行動に、なんというのか、
”スッキリしない気持ち悪さ”を感じるのは、
きっと私だけではないはず。


やっぱり、

「挑戦」とか、
「勇気」とか、
暑苦しい話かもしれないけど、

皆がどこかで感じる美徳、
原則と言えるものなのではないか、

そう感じるのです。


「失敗するかもしれない」、と思いつつ、
それでも挑戦することは、確かに勇気がいります。

でも、バッターボックスに立つ前から
そもそも諦めることは卑怯である。


目指すものが分かっているのに
目指さないのは、愚かである。

そう、自らに戒めつつ、

”一歩前に踏み出す勇気”

を常に持ち続けたいものですね。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今日も皆さまにとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
人生における大きな喜びは、
「君にはできない」と世間がいうことをやることである。

ウォルター・バジョット

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。