500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

米大統領戦から考える、「事実は(全部)見えない」という教訓

1001号2016/11/10更新

(本日のお話/2132文字 読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日「1000号でした」というテーマで
メルマガを書かせて頂いたところ、
本当にたくさんの方から、暖かいお言葉をいただきました。

皆さまにご返信できていないのが、
申し訳ないのですが、1通1通、
噛み締めて読ませていただいております。

(お名前をお出しできないのが、残念ですが、
 読んでいただいている、あなたやあなたのことでございます。)

コメントを頂き、勇気づけられるとともに、
賛否両論あるにせよ、
メルマガを書き続けてきたことは、
やはり間違っていなかったな、と確信できました。


やはり、読者の皆さまあってこそのメルマガ。

私も益々縦横無尽に動き回り、
そして得た学びを、皆さまにご共有してまいりたいと思います。

引き続き、よろしくお願いいたします。


※ちなみに、、、実はひっそりと(苦笑)、
facebookページがございます。

過去のバックナンバーなど、
評判が良かったものをシェアしております。

よろしければ、ご友人などのシェア頂ければ嬉しいです。



さて、本日のお話です。

昨日は、衝撃的な日でしたね。

それは、私の1000号の話、ではなくて、
”米大統領戦”の話です。


予想に反してドナルド・トランプ氏が勝ち、
非常に次から次へと来る速報に、
衝撃を受けたのは、私だけではなかったのではないかと思います。


政治の結果について、
どうこう言うわけではないのですが、
この一連の流れを見て、改めて思うところがありました。

ということで、

「米大統領戦に見る、「事実は(全部)見えない」という教訓」

というテーマで、
思うところをご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■米大統領戦、トランプ氏勝利。

この事実を、

「政治知的な大地震が起こった」
「世界に衝撃が走る日」

などと見る新聞、読むメディア、
あらゆる場所で目にした今朝。


やはり、予想は

「何だかんだ言って、クリントン氏でしょ」

という人が多いような流れでしたし、
事前の世論調査でも、
”クリントン氏優勢”とあったのは、
言われていた通りの話かと思います。


しかし、蓋を空けてみれば、
結果は、「予想外」と言われる結末を迎えました。



■そして、この流れの中で、
私が、非常に印象的だったことがあります。


それは、「トランプ氏勝利」の瞬間、
メディアのメッセージが、急に変わったこと。


実は、

・インドのAIはトランプ氏勝利を予見していた
・マイケル・ムーアはトランプ氏勝利と見ていた
・”世論調査の隙”を考えると正しいとは言えなかった
・ツイッタ―の調査などでは、トランプ氏の方が優勢だった

みたいに
「トランプ氏勝利」を予見する内容が、
次から次へと登場してきたのでした。


それはあたかも、
前から当然あったかのような、

そしてトランプ氏が勝つことが、
やっぱり当然であったかのような、

そんなメッセージでした。



■しかし、思うのです。


もちろん、センセーショナルな時事ネタなので、
喜ばれそうな記事が発信されるとしても。

上記に上げたような

「インドのAIがトランプ氏勝利を予見していた」
「マイケル・ムーア氏はトランプ氏勝利を予測していた」

という情報は、以前からあったはずなのです。

ただ、見えなかっただけ。



メディアの報道量の多寡はあるにせよ、
結局、私自身が、
「何だかんだ結果はクリントン」と思っていたこと、
それが与えた影響も少なくなかったと思うのです。


結果として


『”自分が共感できる情報”だけ取り込んでいた』


そのように思ったのです。



■そして加えて思うのです。

こういったことは、今回の米大統領戦だけでなく、

もっと小さな自分の会社とか、
プライベートの人間関係などでも、
同じことが言えるのではないだろうか、と。


「あの人は、嫌なやつに違いない
 だって、こんな酷いこと言った(という噂がある)らしい」

「そうよね、そう!
 そういえば、あの時も」

「わかるわかる、そうよね。
 そう言われれば、1ヶ月前の飲み会の態度だって、
 ヒドかった(気がする)」




そんな風に、


『”自分が共感できること”だけ取り込む』


ということを、
無意識に繰り返していく。


すると、本当は、
実際は”あの人”は、
そんなに悪い人でもなかったとしても、
「情報」が「確信」を深めてしまう。

すると、「確信」がまた「情報」を引き寄せる。

自分の信念から、
”共感できる情報”だけが目につくようになるのです。


結果、雪だるま式に
特定の考えが肥大化していくのです。

そして、

「アイツはイヤなヤツに違いない」
 (みーんないっているし)
 (あんなことも、こんなことも、そんなこともあった)

というように、
もし事実とは違っていたとしても
特定の考えに偏重してしまうのではないか

そのように思ったわけです。



■全ての情報を、
曇りなき目でみることは、
本当に難しいです。


しかしながら、


【今見ているものは、真実を捉えているだろうか】


という疑問を持ちながら、
日々過ごすことは、正しい判断をする上で、
非常に大切なことではないか、

そのように思います。


”曇りなき眼で、見定め、切る。”

(ジブリ作品「もののけ姫」アシタカより)


そんな姿勢を持ち続けたいものだと、
米大統領戦の結果から考え、感じた次第です。

これからどうなるのか、
気になるところですね。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
皆様にとって、素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
あるものを正しく判断するためには、
それを愛したあと、いくらか離れることが必要だ。
それは国は人間、そして自己自身についても本当だ。

アンドレ・ジット

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。