500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

メルマガを1000号書き続けて、何を失い、何を得たのか?

1000号2016/11/09更新

(本日のお話/2560文字 読了時間3分)
■おはようございます。紀藤です。

本日でメールマガジン、
ついに1000号目。

いつもお読みいただいている皆さま、
本当の本当に、ありがとうございます。

皆さまのお陰で、続けることができています。



今日は、個人的に記念すべき(?)
1000号を迎えたということで、

改めて、

「何を思いメルマガを書いているのか」
「続けることで何が得られるのか?」

について、思うところを、
ご共有させていただきたいと思います。

完全に個人的な告白文になりますが、
お付き合いいただければ幸いです。
■ふと思えば、
なぜメルマガを始めたのか?を考えると、
その理由は、コンプレックスだったように思います。


変わりたいけど、変われない自分。


自分に甘えて、
やるべきことがいつもできない。
出来たとしても、よくて3日坊主ナ自分。


これでは、いかん。


自分を律するために、
日々の自らの反省記を記そう。

そうだ、ついでにその気付き、反省を
「7つの習慣」に絡めて送って、
営業ツールとしても使ってしまおう。

そんな邪な(?)考えが
メルマガをスタートしたきっかけでした。



■そして、3年前半、
メルマガを書くと決めました。


決めたし、宣言をしたので、
後には引けません。

だから、それからというもの、

雨の日も、
風邪の日も、
お腹が痛い朝も、
手術をして入院したときも、
テンションが高く自信が満々な日も、
なんだか気分が乗らずネガティブな気持ちの日も
アフリカに旅行して、Wi-Fi環境が物凄く不安定な時も、

ただただ、ひたすら書き、
そして発信し続けてまいりました。

しかしながら、その日々は、
明るいメルマガとは打って変わって、苦悩の日々です。

自分で「よくもまあ、、、」とツッコミたくなるほど、
迷い、苦しみ、悶ながら、
実は日々発信しているのです。


送信ボタンを押す前、


(我ながら、なんとチープなネタだろうか)

(「よく言えるな」と自分でもツッコミたくなるほど、
 自分では全く出来てない話だな(汗))

(自らの恥部をさらけ出すような
 こんな思いを吐露して、よいのだろうか)

(売れている本のパクり100%だな)



そう思い、消したくなる衝動が生まれたこと、
これまでに何度あったことか。


別に誰かに言われたわけではないのに、何故やってる?

会社のルールであるわけでもないのに、何故続ける?

わざわざ自らハードルを設けて
自らの未熟さ、稚拙さ、視野の狭さなどを晒して、
何が得られる?


ふと我に返り、

「なぜメルマガを書き続けるのか?」

と立ち止まりたくなる瞬間も、
たくさんありました。



■そして、加えて、
「何か意見を発信する」ということも、
それなりの勇気がいるものです。


私のメルマガも、賛否両論です。

人によっては

「暑苦しい」
「読むに耐えない」
「レベルが低い」
「同じことばかり言っている」

と苦言を感じ、
何の価値にもならない方も、
多々いるはずです。


もちろん、逆に
人によっては、

「よいリズムができるきっかけになった」
「情報収集に役立つ」
「元気をもらえる(気がする)」
「毎朝の心のサプリメントになっている」

というプラスの評価を感じ、
何かしらの価値を感じていただける方も、
いくばくかはいる(と信じております!)はず。


しかしながら、
何も言わなければ、晒されることもなかったし、
賛成の意見もないですが、
否定されることもありません。


だから、
「発信する」ということは、
得られるものもあるけれども、
相応にリスクがある、ということ。

だからこそ、それなりの勇気がいる、
そのように思うのです。



■さらにさらに、加えて言うならば、
何かについて

「何が何でも絶対に続ける」

と決めるということも、
それ相応の、覚悟がいるものです。


飲みすぎて、朝起きるのが辛い夜、あります。

寝坊してしまい、出発時刻までに書き終われない朝、あります。

書く時間により、投資する時間、
ダラダラしたくなります。


それでも、メルマガを書くと決める。
これは、結構な重荷です。

「何かを続ける」ということは、
自分の何かを捧げる、ということ。

だから、簡単じゃありません。



■さて、いかがでしょうか。


改めて
メルマガの大変さ、迷い、葛藤を書いていると、


「そんなにツラいのか。
 じゃあ書いていて何のメリットがあるのか?」


と自分でもツッコミたくなるほどです。

大変、しんどい、覚悟いる、勇気いる、
そんなコメントばかり(苦笑)、
我ながら気が付いてしまいます。



しかし、それでも、です。

1000号、メルマガ発信を続けてきて、
やっぱり、やっていてよかったな、

そう思うのです。



この取り組みが何を生み出したのかは、
まだ、正直わかりません。

しかしながら、
「これだけは得られた、大きなこと」が
一つだけあるとすれば、



『続けているという事実に対する誇り』、



である、そのように思うのです。



■人は、甘えたくなる生き物です。

(私なんて、The甘えん坊野郎です)

だからか、
”自らを自らの意志で律することができる”と、
それは「自尊心」に繋がるのです。

ちょっとだけ、自分のことが、
好きになれるのです。

私のメルマガのように、
「決めたから、やんなきゃいけない」という、
重荷として、十字架として、
ひいこら言いながら歩んでいたとしても、

その活動は、
自分の心の筋肉を鍛えてくれるし、
「自尊心」を高めてくれるのです。

これは、小さいけど、
すごく大きなことなのです。


そして、その活動の結果、

人の繋がりを得ることが出来たり、

本や人の話で得た知識を昇華させられたり、

自らが怠惰に耽りきることを防ぐ防衛線ができたり、

そんな副次的な効果も得られるのです。



■世の中の鉄則で、
『等価交換』という原則があります。

それは、

”何かを得たいのであれば、
 相応の、何かを捧げること。”

という原則。


強い自尊心、強い達成感を持ちたければ、
当然、自分にとって高いハードルが必要です。


軽く持ち上げられるものを、
喜々としてやっても、
自分の能力はより磨かれません。


何を目指すか、は人により違います。

だから誰もに勧めることではないし、
誰もに必要なことではないと思います。


でも、もし私の話に共感を覚えることが、
あるとするならば

「敢えて重荷を背負う」
「敢えてハードルを設ける」

という取り組みは、
私のメルマガのごとく
チャレンジする価値が十二分にある、

そのように思います。


私はこれからも、
2000号、3000号とメルマガを続けていきます。

嫌でも、気分が乗らなくても、
それでも続けます。

きっと歩む中で、重荷を増やし、
内容を考え、工夫し、少しずつ、
前に進んでいくことになるのでしょう。


そして、最後にお伝えしたいことは、
その歩みを支えて頂いているのは、
間違いなく、ご感想や応援をいただけている、
そしてお読みいただいている、皆さまです。

それがなければ、
私はたぶん100号くらいでやめていたでしょう。


本当に、ありがとうございます。

そして、これからも、よろしくお願いいたします。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
皆様にとって、素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
人間は運命に挑戦する。
一度は全てを提供し、身を危険に晒さなければ、
代償として大きな幸福と大きな自由は得られない。

モンテルラン

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。