500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「つなぎ言葉」に注意する

977号2016/10/17更新

(本日のお話/1432文字 読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

日曜日は朝からテニス。

また夕方からは、妻とともに映画『怒り』を観に行ってまいりました。

これまた深い映画で、
人間の奥深さというか切なさというか、
言葉にしづらいのですが、揺さぶられる感覚を覚えるよい映画でした。

考えさせられる、おすすめの映画です。



さて、早速ですが本日のお話。

昨日「マインドフルネス」という言葉を
ご紹介させて頂きました。

今日も続けたいと思います。

テーマは、

「つなぎ言葉に注意する」。

それでは、どうぞ。
■マインドフルネス。

これは、

「今この瞬間に集中することで
 心の平安、集中などを得ることができる」

ことを意味する言葉。


禅の

「ただ座る。そして、呼吸や、
 空気の流れに意識を集中させる
 (そして心の安定を感じる)」

という発想に、非常に近い考えです。


そして昨日は、

「立つ」「歩く」「座る」

など、日常の意識しない行動こそ、
少し変えて、一挙一動に注目することで、
行動を変え、そして気持ちにも影響を与えることができるのではないか、

そんなお話をお伝えさせて頂きました。



■このお話に関連した
日常の”当たり前の行動”の代表的な一つに、

「話す」

という行為があります。


この行為の重要性について、
マインドフルネスについて語っている

『今、ここに意識を集中する練習「マインドフルネス入門」』
(著:ジャン・チョーンズ・ベイズ)

において、こんなお話が紹介されていました。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

◯「つなぎ言葉」に注意する


無意識に口にする「つなぎ言葉」に気をつけましょう。

「あのー」「ええっと」「でー」「そのー」「みたいな」
「ほら」「っていうか」など特に意味のない言葉です。


この言葉は、言葉を曖昧にして、
柔らかくするためにも使われます。

相手が強く反応することを恐れて、つなぎ言葉を使ってしまうのか。
自分が間違うことを恐れて、つなぎ言葉を使ってしまうのか。

いずれにせよ、つなぎ言葉によって、
話の内容が薄めてしまうと、
聞き手にはほとんど伝わりません。

例えば、聖書の言葉だって、
こんな感じになってしまいます。


「イエスが、まあ、ある意味、言ったんです。

 ほらあの、隣人をね、えーっと、自分と同じように、まあ、ある意味、

 愛したらどうか、みたいな」



心が澄み切っていれば、
もっと率直に、正確に、
しかも人を傷付けることなく言葉を口にすることができます。


しかし、無意識の習慣というのは、
無意識のレベルに留まっている限り、
変えることは不可能です。


その行動パターンに意識の光を当てた時に、
初めて修正する余地が生じるのです。


引用:
『今、ここに意識を集中する練習「マインドフルネス入門」』
(著:ジャン・チョーンズ・ベイズ)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



■先日の出来事でしたが、
私自身、上長より、

”「ちょっと」「まあ」「結局」などという言葉を、
 紀藤さんは、よく使うよね”

と指摘をされたことから、
無意識の習慣を、意識の上におくことができました。



■些細なことかもしれませんが、
一言、一言を集中して話そうと意識すること、
大変大切なことではないかと思います。


最近の若者は「~みたいな」という言葉を、
年間20万回使うそうです。

そのように繰り返す”無意識の言葉”は、
意識せずとも、知らず知らずの内に、
行動と思考に影響を与えます。

だから、「曖昧な考え」「軸がない」「流されやすい」、
そんな結果が、図らずも生まれてしまうのかもしれません。



■「つなぎ言葉」に注意すること。


些細なことですが、
これらのことが「新しい習慣」としてインストールできたとしたら。

本当に言いたいことが
しっかり言える感覚を持てたり、
目に見えない自信、信念など、
生み出せるようになるのではないだろうか、

そのように感じます。


無意識の習慣だからこそ、
意識のレベルに高め、
日々、気をつけていきたいものですね。


最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
お前たちはみな悟りに達したと思っていた。
ーーー口開くまでは。

鈴木禅師

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。