500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

人生は、「NOW or NEVER」

924号2016/08/25更新

(今日のお話 1993字/読了時間2分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は7つの習慣研修の実施、
ならびにドラッカー塾の参加、
そしてアポイント1件など。

新規のお客様との商談が増えてきており、
新たな人との出会いが楽しい今日この頃です。



さて、早速ですが本日のお話です。

先日、友人と少し込み入った未来の話を、
カフェにて語り合っていたのですが、
その中で、「そうだよな」と大変共感したことがありました。

今日はそのお話を紹介すると共に、

「NOW or NEVER」

というテーマで、気付きを
皆様にご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■私の友人に、
Aさん(男性)という人がいます。

彼は、今まで人生で、
3000万円以上、
自己投資にお金を注ぎ込んできており(!)

85キロの巨漢の体を抱えながら、
これまでに非常にハードなウルトラマラソンを完走、
トライアスロン(ロング)などに果敢にチャレンジしたり、

そして、本業のセールスとしても、
トップクラスの成績を叩き出し続けてきた、

そんな優秀な男です。

(私も、彼の影響を受けて、
 「100キロウルトラマラソン」
 に3ヶ月前参加しました)


要は、優秀なビジネスパーソンであり、

”自己成長の原則”を知り尽くした男

とも言える人物。


■そんな彼に、先日、
「これからの私の人生」について、
色々と談話(相談?)をしておりました。

すると煮え切らない自分に対して、
彼はこんな話をしたのでした。


「『NOW or NEVER』

 って言葉、知っている?」
 結局、

 ・NOW、今やるか
 ・NEVER、一生やらないか

 のどっちかなんだよ」
と。


■このお話を聞いて、
確かにそうだよなあ、と思うと同時に、

「保留にする」

という安易な選択の危険性を、
ふと感じさせられたのです。

私たちは、何か選択に迷うとつい、

「もうちょっと考えてからにしよう」
とか

「別に今決めなくてもいいか」
とか

「まだ、チャンスはやってくるだろうし」

というように、

気づかないうちに、

「先延ばしグセ」や
「とりあえず保留グセ」

が発動してしまうこと、

あるように思うのです。

しかしながら、この状態、
よく考えてみると、実は結構よくない。

なぜならば、

”前にも後ろにも進んでおらず、
 立ち止まっているだけ”

だからです。

ある意味、

”NEVER(=これはやらない)と決めること”

ということも、

「決断した」

という意味では、
前に進んでいます。

でも、いつ進退を決定するのかも決めないまま、
「やるかやらないか」を決めることもなく

ただ闇雲に

”保留にする”

というのは、

有限である「時間」や「機会」という
貴重な資源を浪費していると言い換えても、
過言ではない、

と思うわけです。


■米国の優良企業GEでは、

「提案と決定」における、
こんなルールがあるそうです。

メンバーからリーダーに対して、
会社の仕組みの改善などについて、
正式にプレゼンをし、提案の場を設けられた場合、

リーダーあるいは経営者は、
以下の3種類のうち、
いずれかの答えをしなければならないそうです。

1,提案を仕事に反映することにその場で同意する
2,提案にノーと言う
3,さらに必要な情報を要求して、1ヶ月以内に回答する

すなわち、GEにおいて

”「保留にする」という選択肢はない”

ということ。

「今やるか、それとも、やらないか」。

それを決断し続ける仕組みがあり、
だからこそ、企業として常に最前線を走り、
生き残り続けている、

そのように言えるのかもしれません。


■よく偉人の言葉などで、


「まず行動せよ」
「とりあえずチャレンジである」
「いつやるか?今でしょ!」


という話が紹介されます。

確かに、私もそう思いますし、
多くのことは、
兎にも角にもやってみないとわからないもの。


だから、
悩んだことの多くについては、

「とりあえずやってみる」

という選択が、
概ね正解であるように思います。

しかし、気軽に選択・決断出来ない話の場合、

「やらない」

という選択も1つの決断。

それもまた、広い意味では、
前に進んでいると言えます。


■繰り返しになりますが、
問題なのは、

「ただ保留にする」

ということ。

選択を引き延ばすということは、
気づかないだけで、時間や機会は失われています。

痛みはなくとも、
失っている損失は確実に存在しています。


大事なのは、

”選んで、決めること”、
”そして前に進むこと。”

そのように思います。


■人は誰もが、

今日が昨日より良くなること、
明日が今日より良くなることを、

心の何処かで願っているものです。


であるならば、

”ただ今のままでいいや”

ということで、
時間と機会を浪費するのは、
もったいないのではないか、

そう思って止みません。

人生は、

【NOW or NEVER】

です。


「今やるか、それとも、一生やらないか」。


この言葉を胸に、
決断し、常に足を前に運び続ける勇気を、
持って行きたいものだ、

そのように、私自身、
強く、強く思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
【本日の名言】
「そのうちやる」という名の通りを歩いていけば、
行き着くところは、「何もしない」という
名札のかかった家だ。

ミゲル・デ・セルバンテス

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。