500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

価値あるものは、苦しみを伴う

919号2016/08/20更新

(今日のお話 1661文字/読了時間2分)
■ おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。
その他企画書の作成など。

期末の追い込みで、
相変わらずばたばたとした1週間。

自分の目標までも、あとわずか。

こういったピリピリした状況だと、
プレッシャーを感じることもありますが、

後悔のないよう、
最後まで走りきりたいと思います。



さて、本日のお話です。

私の好きなテレビ番組で、
『スーパープレゼンテーション』
というものがあります。

アメリカのプレゼンイベントを
紹介していて、非常に勉強にもなる内容。

その中で、あるサーファーで、
かつ写真家でもある男性が、
プレゼンテンターとして、

「価値あるものは苦しみを伴う」

という興味深いエピソードを語っていました。

今日は、その内容をご紹介するとともに、
感じたことを皆様に、ご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■クリス・バーガード

『The joy of surfing in ice-cold water』
(凍りつく海でのサーフィンは最高)

このプレゼンターのクリス氏は、
元々サーファー兼、写真家。

観光地で美しい波のうねり、
海の幻想的な写真などを、
サーフィンをしながら撮影するという仕事をしていました。

しかし、ある時から、
彼は観光地での撮影に”喜び”を
見いだせなくなってきます。


人が多い。

焦燥感を感じる。

落ち着かない。


そんな中、彼がたどり着いたのは、

暖かいサーフィンに向いている海ではなく、
ノルウェー、アイスラインド、南極などの
極寒の海でした。


雪と氷が混ざったブリザードの中で生まれる、
凄まじく荒涼な波にこそ、
誰にも汚されていない、
自然そのものの素晴らしい波がある、

そんな考えにたどり着き、

「極寒の海でのサーフィンが最高」

などというプレゼンをやるに至ったとのこと。
(かなり変わり者ですよね)


■ そんな彼がそのプレゼンにて、
こんな言葉を残していました。

そして、その言葉が、大変印象的で、
同時に非常に共感するものでした。


「あの体験によって、
 (=氷の海での死にかけた体験)

 全ての写真が貴重に感じるようになりました。」

 追い込まれたからこそ、撮れたのです。
 そして、身震いする寒さが教えてくれた。

 人生には”喜びを知る近道はない”と。

 追う価値のあるものは、ちょっとだけ”苦しみを伴う”のです。

 あの”苦しみ”が作品に価値を与えた。

 僕は過酷な環境に自分の一部を捧げ、
 代わりに、ずっと探していた満足感を得たのです。」

とのこと。


■ 苦しみが価値を生み出す。

苦しみが、喜びを生み出す。


こう聞くと、まるで一部のドMな人の
変わった発言なようにも聞こえますが、

きっと誰にでも、このような感覚は
多少なりともあるのではないか、

そう思うのです。


”苦しみ”を感じるほど、
本気で頑張ったからこそ。

自分の一部を切り取って捧げたからこそ。

だからこそ、感じられる
”喜び”というものがあるのではないか、

そのように思うわけです。


■ 私はちょうど3ヶ月前に、

「100キロマラソン」

というものに挑戦しました。

朝5時からスタートし、
ただひたすら走り続け、ゴールをしたのが
夕方の6時30分という、
一般的に、過酷な体験。


当然、楽な時間ではなかったし、

「なぜこんなキツイ想いをして
 自分と戦っているのだろう?」

と疑問に思いつつも、
自分に負けそうなり、それでももがき、
涙と鼻水にまみれて、走り続けました。


それこそ、

「体験したことがない”苦しさ”」

でした。

しかし、それがあったからこそ、
ゴールの際の感情も

「体験したことがない”喜び・達成感”」

となり、かけがえのない体験になったのではないだろうか、

振り返り、そして
極寒サーファ・クリス氏の話を聞き、

改めてそのように思ったのです。


■ 楽をして得られるものは、
相応の価値しかありません。

得られる価値とは、
それを得るために使った労力や想いとの
『等価交換』だと思うのです。


”苦しみ”を伴うほど、
自己を捧げ、力を尽くすからこそ、
得られるものが大きい。

これは、一つの真実ではないでしょうか。


そしてこのことは、
仕事でも、趣味でも、
あらゆることで同じことが言えるのでしょう。


【価値あるものは苦しみを伴う】。


このことを念頭に、
公私共に全力を尽くし、
そして最大の喜びを得てゆく、

私は、そんな充実した生き方をしたいものだな、
と思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
自分を破壊する一歩手前の負荷が、
自分を強くしてくれる。

フリードリヒ・ニーチェ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。