500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

収穫逓減の法則

908号2016/08/09更新

(今日のお話 1713文字/読了時間2分)
■ おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。
ならびに社内ミーティング、企画書作成など。

その他、電話や、
今後のために仕掛け作りなどなど、
やりたい、やらねばと思うことが、
どんどん出てくる今日この頃です。



さて、今日はそんな
私の最近の状況にも関連する話で、


「やるべきことがたくさんある中で、
 どのように行動すればよいのか?」

というよくあるお悩みにおいて(私も含め)、
皆様のご参考になりそうな、

「収穫逓減の法則」

なるお話を、ご紹介させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■ 私達は、一生懸命、仕事や、
はたまた何かに向きあえば向き合うほど、

「これもやりたい」
「あれもやりたい」

ということが、どんどんと増えていくこと、
あるのではないでしょうか。


特に「仕事」なるものは
完全にオペレーティブな仕事でないかぎり、

どこまで高めたら終わり、とか、
どこまでやったら完璧、というものがない、

そんなものですよね。

がゆえに、つい

「あれもこれも」

と求めすぎてしまうことも、
あるのかもしれません。


■ しかし、時間は有限です。

それなのに、あれもこれも、
思いつくままタスクリストにいれていたら、
どうなるのでしょうか。

例えば、ある営業マンが、

「やったほうがいいから」といって、
今週のタスクリストに次のように
書き込みまくったら、果たしてどうなるのでしょう?


<ある営業の1週間のやりたいことリスト>

・お客様へのプレゼンの練習をする
・新規のお客様への営業をする
・最近の新商品も全てお客様に案内する
・より深いヒアリングを全顧客する
・A社の社長に手紙を書いて送る
・B社の部長に新しいイベントのご案内をする
・机の整理をして、効率化する
・手帳の書き方や仕事の仕方を見直す
・今後のためにロープレの勉強をする
・専門知識を増やすため本を3冊読む


多分、ですが、
よほどのスーパーマンじゃないかぎり、
どれも中途半端になって、

「結局どれも出来なかった」
(または1つくらいしかできなかった)

ということになるのではないか、
と思うのです。


■ このことに関連する話として、


『収穫低減の法則』


という興味深い法則があります。

これは、辞書によるとこのように説明されています。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
「収穫逓減の法則」とは・・・
(しゅうかくていげんのほうそく)

土地・労働・資本の投入から得られる収穫は,
それらの投入量の増加に従って増えるが,
その増え方は徐々に小さくなるという法則のこと。

(Weblio辞書より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


なんだか小難しいですね(汗)

平たく言うと、

「たくさんやったからといって
たくさん成果が上がるわけではない」

という話です。
(ちょっと乱暴な説明ですが)

例えば、

バスケ部のメンバーが、
うまくなろうと2時間の練習時間を
5倍の10時間にしたら、5倍のうまくなるか、といえば、
「そんなことはない」、という話だったり、

洗濯をするときに、
「もっと洗い物を綺麗にしたいから」と、
洗剤をドバドバ入れたとしても、
洗剤を入れた分だけ綺麗になるか、といえば、
「そんなことはない」、という話。

そんなイメージが、

「効果低減の法則」

が言わんとしているメッセージです。


■ そして、この話を、忙しい毎日、

「あれもこれもやりたくなる」

という私達の現状に当てはめてみたら、どうでしょうか?

何となく共通点が見つかるように
感じられるのではないでしょうか。

また、ある興味深い調査があります。

それは「実行力」に関する調査で、

”「掲げた目標の数」と「達成した目標の数」の関係はどうなるのか?”

という問いについて調べたのもの。


その結果は、このようになったそうです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
目標の数  対  優れた成果を出した目標の数

2-3       2-3

4-10      1-2

11-20     0
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


つまり、「収穫逓減の法則」、
そしてこの調査から考えると、

『目標が多ければ多いほど、いいってものではない』

ということが言えるわけです。


つまり、「あれもこれもやりたくなる」からといって、
何でもかんでも手帳に書き込めばいい、というものでもないし、

「あれもこれもやったほうがいいから」といって、
仕事でも手を広げ過ぎないほうが良い、

ということになるのでしょう。


■ やること、やりたいことが多くても、
それをこらえて、グッと絞ることが大切です。


それこそが、結局のところ、

何かを身につけ能力を延ばす上で、
そして成果を上げる上で、
必要不可欠な考え方なのではないか、

そのように思います。


色々情報が多く、
やれることも多い今だからこそ、

あえて絞って、減らして、
集中していきたいものですね。


自戒を込めて、
選択と集中の大切さを、
今一度噛み締めた次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
今日も皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
攻撃目標一点に行動を集約せよ。
無駄なことはするな。

織田信長

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。