500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

フンドシは、緩む前に締め直す

880号2016/07/12更新

(今日のお話 1600字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日はミーティング、
ならびに1件のアポイント。

夕方からは、土曜日に通っている英語塾で紹介された
とある上智大学での講演会に行ってきました。

内容は世界三大広告代理店の一つである、
オグルヴィ・アンド・メイザーのCEOの方が、

「コミュニケーションの新しい世界」

というテーマでお話されていました。

残念ながら、自分のチープな英語力のため、
何となくしかわかりませんでしたが(汗)

今や大学では英語での無料講演なども、
スタンダードになりつつあるのだな、

と焦りを感じた週明けでした。

もっと勉強しよう。



さて、本日のお話です。

先日、
『世界最強の証』(著:オグ・マンディーノ)
という本を読みました。

いわゆる自己啓発本ですが、
1968年に書かれ、25ヶ国語に翻訳され
大ヒットした本なので、何だかんだ面白い本。

今日は、その内容から、

「フンドシは、緩む前に締め直す」

というテーマで、
思うところを皆様にご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■オグ・マンディーノ著の、
『世界最強の証人』という本。

このエピソードは、
年老いたハフィッドという人物が、
昔、師から引き継いだと「ある巻物」について
語るところから始まります。

そして、その「巻物」に書かれている
「教え」を守ると、人生で必ず成功することが出来るそう。

年老いた成功者、ハフィッドの回顧録から始まり、
寓話のエピソードが進むと共に、

”人生の成功原則が書かれた巻物の「教え」”

が紹介されていく、
そんな内容が『世界最強の証人』です。


■さてこの本を読むきっかけとなった話で、
私事ではありますが、最近、自分自身の中で、

「油断があったのではないか」

と思わされる出来事がありました。

(いわゆるネガティブな出来事です)

そんなことがあったものですから、
何となく自分自身を振り返って考えてみました。

もしかすると、

「営業成績など調子が良かったがゆえに
 どこかで自分は慢心していたのではないか」

そんなことを、
胸に手を当てて、考えてみたわけです。

そんな時に、この『世界最強の証人』の、
”人生の成功原則が書かれた巻物”の
とある言葉が、胸に染みました。

それは、こんな言葉。

~~~~~~~~~~~~~~~~~


もし、自信過剰になったら、
失敗したときのことを思い出そう。

もし、贅沢になったら、
昔の飢えた日のことを思い出そう。

もし、自己満足に陥ったら、
競い合っていた時のことを思い出そう。

もし、自分の偉大さに酔いしれたら、
恥辱の瞬間を思い出そう。

もし、自分が全能だと感じたら、
風が止められるかどうか試してみよう。

もし、巨万の富を得たら、
飢えた人がいることを思い出そう。

もし、尊大になったら、
無力だったときのことを思い出そう。

もし、自分の技が誰にも負けないと感じたら、
星を見上げよう。

今日、私は自分の感情の主人になる。


『世界最強の証人』(巻物の第六巻より)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■不思議なもので、
うまく言っているときこそ、トラブルが起こりがち。

気付かずとも、
自分のどこかに慢心・油断があると、
突如として、強制的につまづかされる出来事が起こる。

これは、私だけでなく、
歴史上の偉い人や、また経営者なども、
よく言っていることのように思います。
(何なんでしょうね、不思議です)

うまく言っているときは、
いつまでも好調が続きそうな気がする、
だからこそ、好調が油断を招く。


■そんなことを考えると、
上記の巻物のお話のように、

『上手く言っているときだからこそ、
 どれだけフンドシを締めていられるか』

というのが、成果を出し続ける上で、
運命という不確定なものを、少しでも味方につける上でも、
非常に大切な姿勢なのではないか、

そのように感じます。


■そして、願わくば、
躓く前に、事前にフンドシを締め直すこと。

すなわち、上手く言っている時だからこそ、

「もし、自信過剰になったら、」

「もし、贅沢になったら、」

「もし、自己満足に陥ったら、」

と足元がおろそかになる前に、
自分自身に問うて、足元をすくわれないよう、
十分気をつけること

つまり、

【フンドシは、緩む前に締め直す】こと。

これが大切なのだと思います。

神様に、
「これこれ、あんまり調子に乗りすぎてはイカンよ」
と注意される前に(大きな失敗が起こる前に)、
自分自身、戒める癖を持ちたいものです。

(と、自分に言い聞かせている次第です)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
【本日の名言】
仕事がうまく言っても、
10億分の1秒だけ祝って、
先に進むのだ。

マイケル・デル

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。