500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

運命は一夜で変わらずとも、進む方向は一夜で変わる

863号2016/06/25更新

(今日のお話 1428字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。

「7つの習慣」研修のご導入についての
お客様との打ち合わせ、ならびに
先日開催いたしました
「スピード・オブ・トラスト」「戦略実行」イベントのフォローアップでの
意見交換などでした。

人事関連の想いあふれる皆様とお話をして
改めて思いますが、

”研修”はとりあえずやればいい、

というものではありませんね。

事前、事後を踏まえたプロセスを、
緻密に計算しなければ、
本当に効果的な良いものにはならない、

そのように強く思います。

だからこそ、人材開発に関わる方は、
業者任せでなく、深く深く考え続けることが
とても大切なのだろうな、

と、思った金曜日。
(私ももちろん最大限、サポートさせていただきます!)



さて、本日のお話です。

今日は、

「あり方・考え方を変えることの意義」

について、ある作家の言葉を借りつつ、
思うところを皆様にご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■私達のビジネスの結果を生み出すものは、
その人の持つ、

「能力」「スキル」

によるところが多いように思います。


例えば、

・MBAの知識、
・英語の能力、
・営業のプレゼン力、
・中小企業診断士の資格、

などなど。


ビジネスにおいて、
自分が何か出来ていない、
まだまだ能力が足りない、

と思うときは、
多くの場合、そのような

「知識・スキルの不足」

が原因であり、だからこそ、
「これを身に着けたい」「学んで出来るようになりたい」
と思うのでしょう。


■しかし、役立つ
「知識・スキル」の獲得には、
当然ながら、時間がかかります。

一瞬で、経験値を積めたら最高なのですが、
残念ながら、そんなウマい話は、ない。

だからこそ、

・目標を見定め、継続的に努力し続ける姿勢、
・時間を捻出してでも、なんとか達成したいと思う気持ち

など、言うなれば自らの

「考え方・あり方」

という、”根”の部分が重要になってくる、
そのように感じます。


■ジム・ローンという、
米国のコンサルタントがいます。

彼がある言葉を残していて、
それが、非常に印象的な言葉でした。

それは、こんな言葉でした。


~~~~~~~~~~~~

『運命を一夜で変えることはできない。

 しかし、あなたが進む方向を変えることは一夜でできる。』

(ジム・ローン)

~~~~~~~~~~~~


今は何も出来ないかもしれない。

現状はすぐに変えることができないかもしれない。

そして今の自分の「知識・スキル」も今すぐ向上はしないかもしれない。

しかしながら、私達の仕事は、
短期戦であると同時に、長期戦でもあります。

短期・長期いずれにしても、
何かのきっかけで


『自分はこうなりたい』


と決意するきっかけや
エネルギー源があってこそ、
進む”航路”を変えることが出来ると思うのです。


■現状は変わらずとも、
日々の過ごし方、意識が変わることで、
自らの人生の航路がわずかに1度、2度、変わる。

すると、自分の人生という「船」が進み続けて、
5年後、10年後、15年後になったとき、
まるで違う場所にいることになる。

そして、そのときは、
渇望していた知識やスキルも身に付け続ける習慣が身につき、
現状も全く違った状態になっているのでしょう。

そして、それこそが、

「人が継続的に育っている状態」

といえるのではないか、
と思うのです。


■今すぐに何かを変える、
「知識・スキル」はもちろん重要。

しかし、同時に、
「考え方、あり方」への働きかけも、
これまた先々の未来を考えた際に、
絶対的に必要なことである、

とも感じます。

一瞬で運命は変わらなくとも、
航路を変える一瞬がある。

そしてそれは、
「あり方・考え方」に目を向けた時ではないか。

そうしてこそ、継続的に
自ら「知識・スキル」を習得できる、
力強い存在に人はなれるのではないか。

そのように思うのです。


人生の航路が変わる。航路を変える。

難しくとも、
そんな影響を与える人材開発を
目指していきたいものですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
【本日の名言】
今日の卵を得るより、
明日の鶏を得るほうがいい。

トーマス・フラー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。