500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「ラクに!スグに!」はカップラーメンだけにする

861号2016/06/23更新

(今日のお話 1550字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。

また先日のスピード・オブ・トラストのイベント
(信頼をいかにつくるか、というテーマの研修)にお越し頂いた方と、
ランチ兼ミーティングなど。

そして仕事後は、
月一で参加をしている勉強会へ参加。
その後、DMM英会話。

ちなみに、オンライン英会話は
これまで色々試してみましたが、
DMM英会話コストパフォーマンスが高いです。

英語学習を検討中の方は、
とてもおすすめです。



さて、本日のお話。

昨日の勉強会で、

「成果を出す人、出さない人」

というテーマでとある興味深い話を聞きました。

聞く人からすれば、
当たり前の話かもしれませんが、
的を射ていることだと思いましたので、
皆様にもご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■成果が出ない。

目標としていたところへ、届かない。

途中でやめてしまう。

こういった、残念な結果には、

いくつかの「メンタルブロック」
(=考え方のバグのようなもの)がある、

と言われます。

そしてそのバグの一つに、
タイトルにも記載しました、

『ラクに!スグに!』

というものが含まれるそうです。


■確かに、世の中を見渡すと、
書店でもテレビの通販でも、


「1週間、これを飲むだけで、このカラダ!」
「たった1ヶ月で、英語がペラペラに!」
「TOEIC900点までの、最短最速ルートはこれだ!」
「初めて2ヶ月で、体脂肪率10%減。このクビレ!」


というように、

すぐに効果が出る、
早く効果が出る、ラクに出る、ことを謳うものが
大変な数、出回っていますよね。

「ラクに!スグに!」というのは、
多くの人が持つ欲求であり、
だからこそ、このような広告が絶えないのでしょう。


■しかし、冷静に考えてみると、思うのです。


「本当の本当に、ホンマかいな?」
と。


本当に、”誰もが””スグに”成果が出るのか?

100人中、何人が成功しているのか?

本当に、”それだけ”で成果が出たのだろうか?

マッスルでムキムキなお兄さんは、
本当に電気刺激だけで、あのカラダになったのか?

誰もが羨むナイスバティの外国人のお姉さんは、
本当にプルーンを食べて1ヶ月で、
あの凄まじいくびれを手に入れたのか?

TOEIC900点を手に入れたという本の著者は、
本当に、その勉強法だけだったのか?


そんなことを悶々と考えている、
結局、行き着く答えは、

「いや、そんなはずがない!」
 あるはずがない!!」

という心の叫びなのです。

すなわち、

”それだけでいい「ラクに!」や、あっという間に達成の「スグに!」などは
 基本的には、存在しない”。

それが事実だと思うのです。


■もちろん、中には出来る人も
いるかもしれません。

でも、その人はきっと
「例外の人」なのでしょう。

実際、私(一般人代表)も、

”「ラクに!」「スグに!」系商品”

を幾度と無くチャレンジをしました。

しかし、わかったことは、


・その期間じゃできないこと
 (というかその期間すら続けられない涙)
 
・そしてできなかった自分に対して、
 自尊心の毀損が起こる。

・やる気が削がれる、挫折感


この繰り返しが延々と続く、
ということだけでした。


■当たり前の話かもしれません。

でも、大きな成果に至る道は、
「小さなことの積み重ね」
でしかないと思うのです。

なのに、「小さな積み重ね」を、
1週間とか、1ヶ月とか、即席でやろうとするからムリが出て、
多くの場合失敗し、そして自尊心を毀損するのです。

だからこそ、もし
ビジネスやプライベートにおいて、
本当に実現したいこと、達成したいことがあるのであれば、
ムダに自尊心を毀損し、やる気を削がないためにも、

「長く腰を据えて取り組む」
という基本スタンスを身につける必要があると思うわけです。

「ラクに、スグに!」は、
”思考のバグ”です。

「ラクに、スグに!」は
カップラーメンだけにしておきましょう。

そして、


【本当に大切なことは、長期視点で考える】


この姿勢こそが非常に重要である、

そのように強く、強く思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
【本日の名言】
偉業は一時的な衝動でなされるものではなく、
小さなことの積み重ねによって成し遂げられるのだ。

フィンセント・ファン・ゴッホ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。