500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

運命に非なるものありとしもいえど、心まで悩ますな

859号2016/06/21更新

(今日のお話 1831字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は1件のアポイント。
ならびに、社内の打ち合わせ、勉強会など。

そして夕方からは溜まっていた雑誌を
3冊ほど読んでおりました。

興味の幅に比例して、
どんどん積み上がっていく本、雑誌をどう倒すか。

これを解決するために、
今週の土日に「速読教室」なるものに、
参加することにいたしました。

果たして、「積読(つんどく)」解消なるか。

この結果は改めてご報告させていただきます。



さて、本日のお話です。

私が最も尊敬する人物の一人「中村天風」。

今日は彼の講話から、

「心のあり方」

についての教訓を
皆様にご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■ヨガの達人とされ、
日本経済の礎を築いた人々が、
師と崇めた哲学者、中村天風氏。

彼の偉業は、数知れず。
インターネットで調べれば、
数々出てきますが、一言で言うと、
まあ、スゴい人なのです。

彼に師事、共鳴をした人は、

山本五十六
松下幸之助
原 敬
稲盛和夫
(敬称略)

などなど、名だたる人が
その人生に多くの影響を受けたと言います。

そして彼は、いつも

「心を強くすること」

について語っていました。

そんな中村師は、こんなことを言っています。


~~~~~~~~~~~~~

「腹が立つことに、
 腹が立つのは当たりめえだい。

 情けないことがありゃ、悲しむわ。
 悶えることがありゃ、煩悶するのも当然じゃねえか。

 それが人間だ。」

と思ってやしません?

ヨガの哲学の中にね、

『身に病ありしといえど、心まで病ませるな。
 運命に非なるものありとしもいえど、心まで悩ますな。』

という教えがあるんですよ。

(中略)

よーく考えなさい。

今まで自分は自分の心を
自分の思うとおりにつかいこなしていたか、否か。

使いこなしていたと思った心が、
違ってた心じゃなかったかしら。

心配事があるから心配するんだ、
悲しいことがあるから泣くんだ、
腹が立つから怒るんだ、

というような心の使い方をしていやしなかったか。

(中略)

何でもないときは、
「矢でも鉄砲でも持ってこい」っていう。

でも何かあるとペシャペシャ、
それじゃ、何もならないよ。


『成功の実現』(中村天風述)
~~~~~~~~~~~~~~~~


■さて、どう感じられたでしょうか。

おそらく、ほとんどの方は、

「いやいや、そりゃそうかもしれないけど、
 悩んだり、怒ったりするのが普通でしょ」

という感覚だと思います。

そして、私もそう思います。

ですが一方、こうも思うのです。

とはいえ何だかんだ言っても、
誰もがどこかで、

「悩みがなく、いつ何時も心豊かに、
 健やかな気持ちで、強い心で過ごしていたい」

そう思っているのではなかろうか、と。


■「心がコントロールできないもの」と
自分で決めつけていれば、

当然ながら、中村天風師が言うように、
“心をコントロールすること”など出来はしません。

というより、諦めているので、そもそもしようとしない。
だから、自らの感情に抗うことも少なくなるでしょう。

すると、ただ感情に任せて、
不満や、愚痴や、怒りに支配される傾向も強くなるかもしれない。

でも、逆に、
「(今は難しくとも)自分の心を強くしたい。
 鍛えて、自らでコントロールできるようにしよう」
と渇望し、求めて行ったとしたらどうか。

さすれば、中村天風師が言うように、


『身に病ありしといえど、心まで病ませるな。
 運命に非なるものありとしもいえど、心まで悩ますな。』


という状態に近づけるかもしれない。

いつかは分からないにせよ、

“何か起こった時に、
できるだけ気持ちを前向きに
動じずにいたいと思い続ける、求め続ける”

ことがあるからこそ、

「自分の心を上手に操縦することができる」

という想像しづらいけど、
素晴らしい状態に近づくことができるのではないか、

そのようにも思ったのです。


■「7つの習慣」でも、このようにいいます。

”人間は、感情と反応(行動)の間に、
 スペースを開けることができる”

これは、人は、

「想像力や、自覚や、良心、意志によって、
 立ち止まり、自らの“反応”を選ぶことができる」

ということを表します。

100%は無理かもしれない。

でも、心の筋肉を鍛えようと、
少しずつ、自らを律し、感情にすら振り回され過ぎない、
そんな人物を目指していきたいものだ、

そのように感じた次第です。


何かあっても、

「心まで迷わすまい」

このことは忘れないように、
自らの心を律し、チャレンジしていきたいものだ、

と改めて思った次第です。


どんな状況下でも、
「矢でも鉄砲でもどんとこい!」、
と言える境地、目指したいと思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
【本日の名言】
人間が生きていくのに一番大切なのは、
頭の良し悪しではなく、心の良し悪しだ。

中村天風

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。