500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

タヌキと人間のWin-Win

844号2016/06/06更新

(今日のお話 1885字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

日曜日は朝8から、
妻や友人を含めて7つの習慣勉強会。

ゲストとしてお世話になっている
お客様が夫婦で参加されたり、
面白く、充実した時間でした。

そしてますます、仕事とプライベートの境目が
わからなくなってきました。
(良い意味で)

今週も楽しく、頑張りたいと思います。

さて、昨日の勉強会のテーマが、
「7つの習慣」で最も有名なパートの一つ、

”第四の習慣 Win-Winを考える”

というものでした。

今日はその

「Win-Win」

について、教訓となるエピソードを、
皆様にご紹介させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。
■いつからか、ビジネスシーンでも、
プライベートでも、

「Win-Winでいこうよ」

「Win-Winじゃないと、
 長いお付き合いはできないからね」

というように、
頻繁に使われるようになりました。

細かい定義やニュアンスは若干違えど、
双方が「望む結果」を得ていなければ、
長期的・継続的に付き合い続けることは難しい、

これが、Win-Winの表している言葉の
ポイントではないかと思います。


■しかしながら、実際には、

「私の利益」 vs 「あなたの利益」

が衝突する場合が多々あります。

それをいかに解決することができるか、

それを考えさせられる、
興味深いエピソードが『奇跡のリンゴ』(幻冬舎)
という本に紹介されていました。

このお話の中の、
「私の利益」 vs 「あなたの利益」のテーマは、
”農作物の被害”という話です。


農作物を育てたい農家さん。
穀物(芋やとうもろこし)を食べたいタヌキ。

この2人(1人と1匹)の間で、
利益が相反する時に、『奇跡のリンゴ』の主人公であり、
農家である木村秋則さんは、こう語りました。


(以下、引用です)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

鬱蒼とした木立の中に
外国の雑誌で見た、あの整然としたトウモロコシ畑が出来あがった。
土地がよく肥えていたせいか、出来はきわめて良好だった。

ただ、タヌキの被害に悩まされた。
収穫間際になると、たっぷりと太ったトウモロコシが、
ごっそりと喰われてしまうのだ。

「それで畑のあっちこっちに、虎バサミをしかけた。

そしたら、仔ダヌキがかかったの。

母親のタヌキがすぐそばにいてさ、
私が近づいても逃げようとしないのな。

虎鉄をはずしてやろうと思って手を出したら、
仔ダヌキは歯を剥いて暴れるわけだ。

かわいそうだけど、長靴で頭を踏んづけて、
虎鉄をはずして逃がしてやった。

ところが、逃げないのよ。
私の目の前で、母親が仔ダヌキの足、
怪我したところを一所懸命舐めているのな。

その姿をみて、ずいぶん罪なことしたなあと思ったよ。

それで、『もう食べにくるなよ』って、
出来の悪いトウモロコシをまとめて畑の端においてきた。

売り物にならない不良品だな。

それを全部、置いてきた。

次の朝、畑に行ったら、
一つ残らずなくなっていた。

と同時に、タヌキの被害が何もなかったのな。

それで虎鉄をやめて、
収穫するたびに、歯っ欠けのトウモロコシを置いてくるようにした。

それから、タヌキの被害がほとんどなくなった。 」

(『奇跡のリンゴ』より引用)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■いかがでしょうか。

多くの状況では、
「害獣」として、忌み嫌い、
そして駆逐しようとするのが通例のように思います。

しかしながら、この木村さんは、
非常に優しい心を持っていて、
罠にかかったタヌキの親子のことも考えたのでしょう。

そして、不良品の、
不必要なトウモロコシを置くことで、
木村さんは綺麗な収穫物を食べられることなく、
タヌキは食物にありつけるようになった。

もちろん、色々な意見があるとは思いますが、
これも一つの「Win-Winの形」ではないか、

そのように思いました。


■ちなみに、あまり知られていないのですが、

「7つの習慣」において、
Win-Winを実現するには、

【豊かさマインド】

が必要である、と言います。

豊かさマインドとは、

”全てのものは皆にいきわたってそれでも余りある”

というような考え方。

これをとられたら、俺の分がなくなる。
絶対わたしてなるものか、

という考え方とは違うのものです。


■私たちも仕事で、プライベートで生活をしていると、
何かしら衝突しそうなこと、意見がかみ合わないこと、
どうしても起こってくると思います。

そんな中でも、出来る限り
「Win-Winを”考える”」という、

”考え続ける姿勢”

を大切にしていきたいものですね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日となりますように。
【本日の名言】
あらゆる競争相手を研究しろ。
欠点は探すな。長所を探せ。

サム・ウォルトン

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。