500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

土台は健康

819号2016/05/12更新

(今日のお話 1315字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。
またセミナーの参加など。

さて最近、足の捻挫や、
体質改善によるリバウンドなどにより、
これまでになく体調に足かせを感じている今日この頃。
(と、こんな告白をするのもなんですが)

今日は、改めて
「健康」の大切さについて
思うところをお伝えしたいと思います。

それでは、どうぞ。
■義理の母が
リウマチと戦っています。

増え続ける膨大な量の薬と、
決して良くなることがなさそうな見通しから、

「根治療法ができる」

という東洋医学の医院に通い始めたのが、
約2ヶ月前。


そして、私は、
強くなり続けるステロイド剤と、
(アトピーの薬ですね)
延々と飲み続ける薬に違和感を覚え、

「根治療法ができる」

という皮膚科ならびに鍼灸院似通い始めたのが、
約3ヶ月前。


■しかしながら、

「自分の力で治すと決める」ということは、
痛みをやわらげてくれる薬を使わない、

という選択でもあります。

つまり、かなりキツい、ということ。

生活のリズムも、
また周囲の負荷も変わります。

義母は、痛みによって動きづらくなり、
義父が変わりに、今までやったことがない、
掃除、料理など家事をする。

私も自分が薬を経っている今、
医師から指摘されていた通り、
”悪化期には著しくクオリティ・オブ・ライフが低下する”
ということを実感しています。


■私が勉強会で知り合った、
社長、部長などから、こんな話を聞きました。


「年を重ねてくると、本当に大事なものが見えてくる。

 やっぱり、第一は”健康”。これがなきゃ始まらない。

 それと、愛(人間関係)だよね。

 お金は、その次だよ 」


この話を聞き、また
最近の私の身の回り、私自身のことを考え、
改めて思うのです。


『健康は全ての基盤である』


と。

きっと、皆様にも一つや二つ、
「健康」に関することで、
気がかりなことがあるのかもしれません。

それは、既に痛みを感じていることだったり、
はたまたこれから訪れる一抹の不安だったり、

それは人それぞれでしょう。


■しかし、よく言われるように、
”健康とは、失ったときにその価値を痛感する”もの。

だからこそ、
もちろん防げるもの防げないものあるにせよ、
できるかぎり普段から

・「食事」に気をつける
・「睡眠」をしっかりとる
・「運動」を心がける
・「休養」を意識する

というように、持てる中で、
自分自身を作り出している「健康」という資源を、
大事にすることが重要ではないか、

そのように、強く思うのです。

(「休養」あまり出来ておりませんが 汗)


■「7つの習慣」では、
私たちは原則として、

”『P/PCバランス』を大切にする”

ことが成果を生み出し続ける上で、
大事である、と伝えています。

PとはProduction(成果)を表します。
PCとはProduction Capability(成果を生み出す能力)を表します。

そして、『P/PCバランス』とは、

”P(成果)を生み出し続けるためには、
 PC(成果を生み出す能力)を高い水準に保つ必要がある”

ということ。


P(成果)を問われ、
そこへの最短距離を求められがちな世の中ですが、

PC(成果を生み出す能力)がなければ
P(成果)を生み出すことはできません。

今回のテーマである、
「自分自身の健康」は、PC(成果を生み出す能力)の
根幹を成す一つの要素です。


改めて一言。

「健康」は大事。

だから、大切にしましょう。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆様にとって素晴らしい一日になりますように。
【本日の名言】
疲労と悩みを予防する第一の鉄則は、
たびたび休養すること。
疲れる前に休息せよ、である。

デール・カーネギー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。