500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

敢えて、ゴジラに踏まれにゆく

779号2016/04/02更新


(今日のお話 1889文字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

今日は午前中9~12時で、
新しく通い始めた「英語塾」に参加してきました。

これまでも英語は勉強してきたものの、
その実、中途半端な状況で、
のらりくらりとやっておりました(恥)

が、ふとしたきっかけで、友人から
「5名の少人数で、1年間かけてみっちり行う英語塾」
という、とある私塾を紹介されました。

そして、今日がその第一回目でした。

先ほど終わったのですが、
初日からボコボコにやられて、
早速心が折れそうになっております。

が、本日はそんな環境の中で感じた、

「自分自身を促成栽培するコツ」

について、思うところがありましたので、
皆様にご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。


■私がこの4月から通い始めた英語塾。

その内容は、

外資系企業で代表なども歴任した、
超優秀なビジネスパーソン(現在70代半ば。経営者など歴任で完全なバイリンガル)
が講師を務めます。

自分の父親より年上の、
人生のはるかに先輩の方が、

「誇りある日本人」

を育て、海外に戦えるように、
というコンセプトと目的をもち、

英語だけでなく、歴史や教養も学ぼう、
というなんとも贅沢な英語塾です。

そんな説明を先日聞いて、

「面白そう!やります!」

と二言返事で参加を決めてしまいましたが、
本日参加し、早くもかなりの危機感を感じてしまいました。


■というのも、この塾、
少人数で1年間みっちり、+土曜日朝から3時間、
という設定に加え、

その内容が、

“難解な経済雑誌『エコノミスト』なるものを読み、
その記事についてディスカッションをする“

というかなりハードなテーマなのでした。

話を聞いたときは、

「まあいいか、なんとかなるっしょ」

的なノリで、参加を決め、
先日、初めて英文雑誌『エコノミスト』を読んでみました。

が、全くわからない。

英文もわからないし、
内容も、よくわからない(汗)

歯が立たないとは、
こういうことを言うのだろう、

わからなさすぎて、寧ろ冷静になり、
一人打ちひしがれておりました。

もしこの状態で、

「Mr、キトウ、この記事についてどう思う?」

と問われても、

「何がわからないのか、わかりません・・・」

と答えることしかできないことが、
容易に想像できる。

そんな状況です。


■しかも、加えていうならば、
参加される方も、かなり優秀な方のよう。

自己紹介を聞いてみると、

「MBAを米国で取得しました」
「海外で10年で働いていました」

みたいなツワモノぞろいです。

私が勝てることといえば、
某ワタミで磨いた、キャベツの千切りのスピードくらいかもしれません。

客観的に考えて、
一般教養も、英語力も、
比較するならば、

”ゴジラ VS ミジンコ(私)”

といっても過言ではない。

そんな環境に、本日参加し、
痛感してきたわけです。


■しかし、一方、強い危機感と
打ちひしがれた感とともに、こうも感じたのです。


『ゴジラ達に揉まれたほうが、
 ミジンコ(私)の成長も、促成栽培されるはず』
と。


よく言われますが、
最短距離で上達するには、

『数段上のレベルの人達に混ざること』

が効果的であると言われます。

私の趣味のテニスでも、
また最近妻が始めた囲碁でも、
レベルが高い人と一緒にすると、伸び率が全く違います。
これは、心底そう思います。

その場にいるときは、
ボコボコにやられて、できないことばかりで、
自信喪失、無力感、敗北感など、
悲しき気持ちをたくさん感じるでしょう。(今日の私ですね)

しかしながら、
柔道黒帯の人といつも戦っていれば、
柔道1年目の人と戦ったら余裕に感じるように、

“数段上のレベルの人たち”に混ざっていれば、
自分の力量は確実に底上げされるはず。


■要は何でも捉えよう。

圧倒的なレベル差をどう捉えるか。

自分はまだ早い、と思い、
それなりのレベルでスタートするのか。

また早いと思いながらも、
ゴジラに揉まれて、踏み潰され、
自らをストレッチした環境で修行するのか。

2者を比較した場合、おそらくですが
「無理してでもゴジラに揉まれた」後者のほうが、

なんだかんだ実は、

『自分自身の促成栽培』

という意味では有効なのではないだろうか、

そのように思うのです。


■時間は有限です。
やれることも限られています。

より早く、より高く成長したいと願い、
「自分自身の促成栽培」を求めるのであれば、


【あえて、上のレベルに飛び込んでみる。
 あえて、ゴジラに踏み潰されてみる。】


そんな環境に身を置いてみることも、
よいものかもしれませんね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も皆様にとって、素晴らしい1日となりますように。
【本日の名言】
自分がわずかなことしか知らない
ということを知るためには、
多くのことを知る必要がある。

モンテーニュ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。