500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「感情的な一手」で潮目が変わる

756号2016/03/10更新

(今日のお話 1953文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。
ならびに会社の新しいメンバーの歓迎会でした。

また昨日も4月の新人研修の打ち合わせなど。

改めて思いますが、
新入社員が会社に入って、
最初に出会った考え方というものは、
それこそ、ひな鳥が親鳥を始めてみて行動を決めるように、
これからの仕事のスタンスを決める、
大切なものになるのでしょう。

・自分で動くこと。
・責任感を持つこと。
・仕事の目的を考えること。
・柔軟な視点を持つこと。

当たり前かもしれませんが、
これからの数十年、自分で成長し続けるために、
絶対に必要な考え方。

も、まだ新入社員に、

「どんな考え方を身につけさせたらよいのか?」

を迷われている人事担当者様がいらっしゃったら、
ぜひ、こちらもご参考、ご検討くださいませ。

新入社員に必要な心構え・考え方がすべて詰まっている研修です。

==========================

「組織人」としてのプロフェッショナルマインドを育む
 新入社員研修『ディスカバリー』

==========================


■さて、本日のお話です。

今日は、知る人ぞ知るニュースのお話。

囲碁の世界のお話から、

「結果を出し続けるマインド」

について面白いお話を聞きましたので、
皆様にご共有させていただきたいと思います。
■2016年2月10日、

Googleが作った最強の人工知能「AlphaGo」が
これまでの歴史で初めてプロの棋士に勝利した、

というニュースが流れました。

囲碁は、19×19の盤面に、
碁石を並べて、自分の陣地を取っていく「陣取りゲーム」。

競技人口の80%以上が60歳以上との事で、
あまり若い世代には知られていませんが、

その手の広さは、なんと、
10の360乗(!)にも上るそう。

が、ゆえに、

『コンピューターが唯一人間に勝てない競技』

とも言われていました。

しかし、それを先月、
コンピューターが初めて覆したわけです。

しかしながら、勝利した相手は、一プロ棋士。

人間界には、まだまだツワモノがいます。


■そして、先日の話。

囲碁界の王者として君臨する
囲碁界のトップ棋士・李世ドル九段と
(世界最強と称されているそう)
「AlphaGo」が初めて戦うことになりました。

そこで、知り合いの、
とある若手実力派プロ棋士が、
解説をしてくれたのですが、

彼曰く、基本的には
「李氏のほうが(AlphaGoより)強いと考えられる」と、
述べていました。

そしてその流れで、

「最強プロ棋士が、コンピューターに負けるときは、
 どんな時なのか?」

という話をしてくれました。
(あくまでも一プロ棋士の見解です)

経験も、スキルもある。
実力としては上回っていると考えられる。
しかしながら、それでも負けるとき。

それは、

『感情的になって、無謀なことをしたとき』

である、と彼は言いました。


■強い人は、勝っても喜ばないし、
負けても悲しまない。

厳密に言うと、表に出さない。

それは、何かあるたびに、
一喜一憂していたら、その感情に支配され
最良の手が指せなくなってしまうから、だそう。

だから強い人には、
クールに見える人が多い。

でも、しかしながら人間です。

つい、

相手の手に対してカッとしてしまったり、
相手の挑発にのってムキになったりすることが、

ときにありうる。

そういうときに限って、
「ミス」をしてしまい、たったの一手で
潮目が変わるように総崩れし、
形勢逆転されてしまう、、、

そんなことがある、とのこと。

もし、そんなことが起こったとしたら、
最強棋士が負けることもあるのではないか、

そんな話をされていました。


■その話を聞いていて、
「これってあらゆることにいえるよな」と
思わず感じてしまいました。

仕事において、プライベートにおいて

例えば、

私の趣味のテニスの試合でもそうだし、
ミーティングで何かを決めるときもそうだし、
営業で交渉をしたりするときもそうですが、

「つい感情的になって」と言う理由で、

大きなミスをし続けたり、
失言をしてしまったり、
相手の立場に立てなくなったりして、

求める結果が得られなくなること、
しばしばあるように思うのです。

”感情的な一手”だけで
せっかく築き上げてきたものが崩れ去ってしまう。


■「7つの習慣」でも、
”第一の習慣 主体的である”において、
最良の結果を出すためには、

『刺激と反応の間にスペースをあけましょう』
(すなわち、「自分を律しましょう」ということ)

といっています。

「自律」して行動できるから、
どんなときでも”最良の行動”を選択できるようになるし、
だからゆえに”最良の結果”も出せるようになるのでしょう。

最強の囲碁棋士のように常にミスをしない、
を目指すのは難しいかもしれませんが、
その確率を上げるために、日々少しでも努力したい、

そのように感じた次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
相手から、あまりしつこく口論を吹っかけられた場合には、
きっとなって相手の顔を見つけ、やがて静かに、
君も淋しい男だね、こう言え。

太宰治

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。