500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

習慣化のための、ハコ3点セット

749号2016/03/03更新

(今日のお話 1590文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。
またミーティングなど。

帰宅後は、100キロマラソンに向けて、
また自身の体質改善のために、
近所のジムに入会申し込みに行きました。
が、休館日とのことで、申し込めず(涙)

そのため、10キロほど
近所をウロウロとランニングでした。

さて、とはいえ、
今回ジムに申し込むことで、
私の中で新しい”習慣(ジムへ行き体を鍛える習慣)”を
作りたいと思っておりました。

そのために、私の中で、

「習慣化しやすくする3つのポイント」

があり、そんなことを考えながら、
今回のジム選びもしてみました。

本日はその内容について、
ご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■何かを”習慣”にしようとするとき、
絶対にやってはいけないこと。

それは、

「意志の力に頼ること」

です。

大体、人のやる気はそんなに長く続きません。
そして非常に揺らぎやすいカゲロウのようなもの。

中には本当に鉄のような意志の方もいらっしゃいますが、
残念ながら私は、ゴムくらいの固さしかありません。
(とほほ)

しかし、です。

意志が弱くても、条件さえ整えれば、
人は何かを続けることができる、

それは確信しています。

その黄金率とは、

『ハコに入ること』

だと考えています。

”ハコ”というと、
わかりづらいですが、
用は「環境を整えること」ですね。


■では、環境とは何か。

第一は、王道ですが、

「お金を払って、どこかに通わざるを得なくする」

こと。

例えば、

・運動したければ、ジムに申し込む
・英語を学びたければ、ベル〇ッツに申し込む
・ダイエットしたければ、ライ〇ップに申し込む
・経営を勉強したければ、MBAスクールに申し込む

みたいな。

「なんだ、ただ何かに通うということか」、
そう言ってしまえば、そうなのですが、

どこに通うのか、にも、
判断基準があると考えています。

何かの”ハコ”は、
ただ通えばいいものではありません。

”ハコ”は”ハコ”でも、
習慣化、継続化するためには
いくつかの要素が必要です。

では、それは何か。

私が思うその答えは、

「1、学ぶ環境・設備」(通う場所)

に加えて、

「2、指導してくれる師範・コーチがいるかどうか」

そして、

「3、一緒に学ぶ仲間が見つけられそうか」

この3点セットが、
理想的な”ハコ”に必要であり、
これらが揃って、継続を実現することができる、

そう思うのです。


■学ぶ環境があるだけだと、
「まあ、今日はいいか」となりやすいです。

続けるためには、
成長を応援、指南してくれる人も必要です。

「あなた、がんばっているね!いいペースだよ。」
「今はスランプだけど、もう少し頑張れば、次のステージにいけるよ!」
「成長がないように感じているかもしれないけど、すごく良くなっているよ」
「これができるようになったら、次は〇〇をやってみようか」

こんな風に、
”成長の喜び”を感じさせてくれるコーチがいたとしたら、
継続がより楽しんでできるようになります。

また、一緒に一歩ずつ進んでいく仲間も、
サポートになりえます。

その場が、一つのサークルのように、
つながりが生まれて、
知性や肉体を磨くだけでなく、
人間関係も育める場になったとしたら、
それまた、通うモチベーションも高くなります。


■繰り返しになりますが、
何かを続けるためには、「環境を整えること」が大事です。

そして、どこかスクールに通う、というだけでなく、
そこに含まれる習慣化を後押ししてくれる要素があるかどうか、
これを同時考えることが重要だと思います。

何かを始めるのであれば、

『習慣化のための、ハコ3点セット』

(=場所、コーチ、仲間)

これを意識すると、俄然何かを続けやすくなる、

そのように考えています。

そして、社内の学びでも、全く同じ。

研修などで学んだことを継続するために、
「場所や、コーチや、仲間」を整えると、
間違いなく継続しやすくなると思います。

ぜひ、お試しくださいませ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
人間の心というものは
活動が止まってしまうと雑草が生えるものだ。

ウィリアム・シェイクスピア

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。