500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

子供は親の鏡

741号2016/02/24更新

(今日のお話 1630文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。

2月末で、第二四半期の締めということで、
ばたばたと動いております。

最近は”新しく始めること”を
増やしているため、時間が無くなりつつあります。

何かを始めるためには、
何かをやめる必要がある。

このことを実感している昨今。
時間の使い方は永遠のテーマですね。

もっと深く考えていきたいと思います。



さて、本日のお話です。

あるインターネットの記事で、
「子育ての本質」に関することが
取り上げられていました。

それを見てハっとさせられましたので、
その内容を皆様にも、ご共有させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。
■”背中を見て育つ”。

弟子が師匠の後ろ姿で学ぶように、
上司の姿を見て、部下が仕事が何たるかを学ぶように、

人は、前を歩いている、
傍にいる人の影響を受けて、
成長をしていくものなのでしょう。

そして、「親を見て、子供が育つ」。

これは”背中を見て育つ”、
際たる例ではないでしょうか。

『こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語』
という本に、こんなお話が紹介されています。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『子どもは大人の鏡』

子どもは、批判されて育つと
人を責めることを学ぶ

子どもは、憎しみの中で育つと
人と争うことを学ぶ

子どもは、恐怖の中で育つと
オドオドした小心者になる

子どもは、憐れみを受けて育つと
自分を可哀想だと思うようになる

子どもは、馬鹿にされて育つと
自分を表現できなくなる

子どもは、嫉妬の中で育つと
人をねたむようになる

子どもは、ひけめを感じながら育つと
罪悪感を持つようになる

子どもは、辛抱強さを見て育つと
耐えることを学ぶ

子どもは、正直さと公平さを見て育つと
真実と正義を学ぶ

子どもは、励まされて育つと
自信を持つようになる

子どもは、ほめられて育つと
人に感謝するようになる

子どもは、存在を認められて育つと
自分が好きになる

子どもは、努力を認められて育つと
目標を持つようになる

子どもは、皆で分け合うのを見て育つと
人に分け与えるようになる

子どもは、静かな落ち着いた中で育つと
平和な心を持つようになる

子どもは、安心感を与えられて育つと
自分や人を信じるようになる

子どもは、親しみに満ちた雰囲気の中で育つと
生きることは楽しいことだと知る

子どもは、まわりから受け入れられて育つと
世界中が愛であふれていることを知る

あなたの子どもはどんな環境で育っていますか?

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
引用『こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語』引用


■私の友人に、保育士の女性がいるのですが、
彼女がいっていたのがこんな話でした。

「子供を見ると、親がどんな生活をしているのか、
 手に取るようにわかるんだよ。

 例えば、4歳の子供が、
 ”物を足でどかす”みたいなことを普通にしていると、
 ほぼ100%、親がそれを家でやっていたりする。

 他にも、片付けない、挨拶しない、なども
 大体同じだよね。」
と。


■上に立つ人が、
「見られていないだろう」と思い、
良くないな、と自分でも思う事をついしてしまう。

見られていないから大丈夫だろう。

そう思ったりするかもしれません。

でも、子供はもちろん、部下も弟子も後輩も、
そういった何気ない仕草こそ、
よーく見ているもの。

そして、その行為こそが、
影響を与える最も大きなことなのではないでしょうか。


■「7つの習慣」の次の習慣として、
「第8の習慣」という本があります。

これは、『より高い次元のリーダーシップ』の原則
(周りに大きな大きな影響力を与えるリーダーシップ)

について書かれている本なのですが、
この本では、こんなことを言っています。

『リーダーは、”模範”にならねばならない』。

自分は、後ろにいる人達に対して、
良き背中を見せられているだろうか?

自分の子供に対して、良き模範となれているだろうか?

自分の部下が見て、恥ずかしくない行動をとれているだろうか?

こんなことを、時に立ち止まって考えてみることも、
大切かもしれませんね。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
偉大な人物には必ず
偉大な母親がいた。

オリーブ・シュライナー

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。