500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

欲望と願望

737号2016/02/20更新

(今日のお話 1152文字/読了時間1分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント。

また昨日のメルマガで「体重が10キロ減った」、
と書いたところ、幾人かの方から
「病気ではないか?」とご心配頂きました(苦笑)

テニスのし過ぎ、または玄米食で、
非常に粗食になったことが理由かと思われますので、
大丈夫かと思います。
(お気遣いありがとうございます。感謝!)

また本日は「ダイヤモンド経営塾」で
お友達になった、社長様2名と
名門「東京バーディー」にてゴルフ。

前回より成長していることを、願いながら。



さて、本日のお話です。

先日と早川勝さんという、
生保業界でトップセールスを記録し続けて
「伝説のカリスマ支社長」とも評された方と会食をいたしました。

素晴らしく魅力な方で、
人格、能力共にその力量が溢れ出ている、そんな方。
ちなみに、14冊も本を出されています。

そして、そんな早川氏と、

”「欲望」と「願望」の違い”

という面白い話で盛り上がりましたので、
今日はそのお話を共有したいと思います。

それでは、どうぞ。
■「欲望」と「願望」。

この言葉を並べてみると、
何となく字面から雰囲気の違いを感じます。

とはいうものの、
具体的にこの2つの言葉、
何がどう違うのでしょうか。

ちなみに、辞書では、
こんな定義がされておりました。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

よく‐ぼう【欲望】

不足を感じてこれを満たそうと強く望むこと。
また、その心。「―にかられる」


がん‐ぼう〔グワンバウ〕【願望】

願い望むこと。がんもう。「恒久の平和を―する」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

イマイチ、
よくわかりませんね(汗)

ただ、これは私だけかもしれませんが、
「欲望」というと、
睡眠欲、食欲、性欲、名誉欲、

そんな動物的欲、
また不足を感じているもの、
そんなイメージを感じます。


■私たちは、色々な「望み」があると思います。

・二度寝したい
・お腹いっぱい美味しいものを食べたい
・ダラダラしたい
・スマフォゲームに没頭したい

みたいな「望み」もあれば、

・誰かに貢献したい
・成長したい
・新しい世界をもっと見たい

というような「望み」もあるでしょう。

ただ、一つ思うのが、

『純粋な”欲”に従っているだけでは、
 真に満足することはない』

ということ。

これをひしひしと感じるのです。


■「欲に負ける」という言葉があります。

これは、

「自分がこうすべき”と思っていることがあるのに、
 一時的な欲求に負け、流されてしまう(負けてしまう)」

そんな意味で使われます。

”欲”は、何かを始める上で、
大切なエネルギー源。

ただ、これに振り回されるだけでは、

”欲望(=今不足を感じている表面的な望み)”
は満たしているかもしれないけれど

”願望(=真に自分が欲している願い)”
は満たすことができないのでしょう。


■昔から偉い人が言う
”黄金律”として、

「自律」

などの原則がありますが、
本当にその通りなのでしょう。

特に、日本のように
非常に豊かな国になっている今、

表面の”欲”に流されて、
本当に大切な”願い”を見失っていたら、

【欲を満たしているはずなのに、満たされない】

という何とも皮肉な話になってしまう、
そのように思うのです。

少し抽象的な話ですが、

本当に大切な自分のミッションを日々見据え、
自らを律し、日々過ごしていきたいものだなあ、

と思った次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
運命は、志あるものを導き、
志なきものをひきずってゆく。

ルキウス・アンナエウス・セネカ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。