500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「繋がり」という無形資産

729号2016/02/12更新

(今日のお話 1456文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は、祝日ではありましたが、
静岡の人材開発のご担当者様が、
東京に来られるという事で、
今後の人材育成についてお話をしてまいりました。

想いがある方とお話させて頂くことは、
本当に楽しく、私自身エネルギーを貰えます。
(Mさん、Yさん昨日はありがとうございました!)

そして、その後は、
ゴルフスクール、テニススクールへ。
■さて、本日のお話です。

今日は、有休をとると
4連休になるということで、
お休みされていらっしゃる方もたくさんいるようです。

そんな2月12日に、スケジュールを確認せず、
「メルマガ交流会をやります!」といったところ、
貴重な時間を割いて、40名ものの方が
ご参加頂けることとなりました。(感謝です)

ということで、本日は
そんなご縁に感謝しつつ、

「人間関係の価値」

について、思うところを共有したいと思います。

それでは、どうぞ。


■「7つの習慣」について、
よく聞かれる質問があります。

それは、

「”第七の習慣 刃を研ぐ”とありますが、
 これは何と読むんですか?

 そして、どういう習慣ですか?

 他の習慣は何となくわかるけど、
 これだけはよくわかりません」

みたいなご質問。
(ちなみに、読み方は「はをとぐ」と読みます)

そして、この習慣が持つ意味は、

「自分自身を刀と考えたときに、
 常に切れ味がよい状態でいるために、
 自分自身を磨き続けること」

「そして、自らを
 『最新再生し続ける』ことで、
 成長を続けていきましょう」

というようなお話です。


■では、刃を研ぐ(はをとぐ)と言いますが、
自分の”どんな部分”を磨けばよいのか。

それは、以下の4つであると、
「7つの習慣」ではいいます。

・肉体(運動する、食事を気を付ける、など)

・知性(読書する、勉強する、など)

・精神(価値観の明確化、気持ちのメンテナンス、など)

・社会・情緒(人との関係)


どれも大事なことですよね。

そして、この中で、
私が特に最近「大事だなあ」というのが、

この、

『社会・情緒』(人との関係)

という部分。

そして、これが
ゆるいながらも「メルマガ交流会」を
開催する理由でもあります。


■昔、私が働いていたリクルート関連の会社で、
「リクナビ」「ケイコとマナブ」の元編集長である、
前川孝雄氏という方のお話を聞く機会がありました。

彼が言うのは、

「勉強するなら、飲み会へいけ!」

というような話でした。

うろ覚えなのですが、
お話されていたことは、

「給料は殆ど飲み会に消えた気がする。
 でも、それでつながった人間関係で、
 仕事が繋がったり、色々学べたりできた」

そんな内容だったと記憶しています。

確かに、勉強も大事です。

でも、”見えない無形資産”として、

『人間関係』

というものは、
間違いなくあるのではないか、

そのように思ってやみません。


■それが、
社内の人間関係でも、
昔からの友人でも、はたまた社外の親しい方でも、
それが取引先だったとしても、
どんな関係でも同じでしょう。

人と人との繋がりが、
自分に新しい刺激や、
知らなかった知識をもたらしてくれて、

そこから興味の対象が広がって、
全く違った世界が見えたり、

時にはビジネスに繋がったりする。

私の実体験としても、
そう、強く強く思います。


■今の時代、SNSやインターネットで、
より人と繋がりやすくなりました。

同じような志や価値観を持つ人とも、
少し工夫すれば容易に繋がることができます。

そういった緩い繋がりでも、
時間をかけ、育てることで、
10年、20年し、お互いが成長することで、
何かを変えうる力になるかもしれない。

そのようにも感じます。

目に見えない『人間関係』ですが、

【人との繋がりは無形資産である】。

このように捉えてみると、
また今の周りとの関係も、
また変わってくるのかもしれません。
(とかいって、交流会ばかりいっていても
 ダメですけどね)


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
人生から友情を除くのは、
世界から太陽を除くに等しい。

マルクス・トゥッリウス・キケロ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。