500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

脳のバイオリズムを考える

713号2016/01/27更新

(今日のお話 1804文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は2件のアポイント、
ならびにお客様とランチミーティング。
(M様、いつもありがとうございます!)

さて、1点お知らせです。

書店で見られた方もいらっしゃるかもしれませんか、先日

『まんがでわかる7つの習慣plus』

というものが発売されました。
(ついに「まんが系7つの習慣」5冊目です。
 全部読めば、だいぶ7つの習慣がわかります)

今回のテーマは、
企業で昨今話題になっている、

・ダイバーシティー
・女性の働き方、生き方
・即戦力人材
・退職後の人生

などについて。

これらの色んな悩み事を抱えた人たちが、
舞台である”バーセブン”にあつまり、
「7つの習慣」の視点から、
解決策をしていく、そんなストーリーになっています。

私も読んでみたのですが、率直に、面白く、
「あるある!」と思わず言いたくなるお話でした。

特に企業の人事担当者様などは、
非常に納得度が高いお話だと思いますので、
よろしければぜひ。



さて、前置きが長くなりましたが本日のお話です。

今日のテーマは、

「脳の使い方と生産性」

について思うところを共有させて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。
■最近の、私のテーマ。
(というよりも社会のテーマかもしれません)

それは、「生産性」です。
すなわち、

『同じ時間で、どうやってより高い成果を得るか』。

忙しい毎日を送っている皆さまの中には、
24時間では足りないと感じられている方も、
いらっしゃるのではないかと思います。

例えば、お子さんをお持ちの方であれば、
それだけで仕事だけでなく、子育て、家事、
加えて日々の仕事のインプット、趣味。

考えただけでも、
かなりの活動量になりそうです。

そして、どれも両立して、
上手くやろうと思ったら、

「時間当たりの質を高める」

という発想に至るのは、
当然の事とも言えるのでしょう。


■ではそのために、どうしたらよいのでしょうか。

「時間あたりの質を高める」ために、
どんな工夫ができるのでしょうか。

その答えの一つに、

『脳を上手に使う』

ことがあげられます。

皆さまは、「脳疲労」という言葉をご存知でしょうか。

専門的に言うと、

”ストレス過多(情報過多)により
大脳新皮質と大脳旧皮質(大脳辺縁系、脳幹)の関係性が破綻し、
正常な機能を果たせなくなった状態”

(らしい)です。

九州大学の藤野武彦名誉教授(医学博士)が提唱した概念で、
平たく言えば、

”「脳」も筋肉と同様に疲れる”

という話。

1日使い続けて酷使した脳は、
夜にむかってだんだんと疲労していきます。

夜10時を過ぎた”脳”は、いわば
フルマラソン42キロの38キロ地点みたいなもの。

ヘロヘロです。だから、企画やアイデアを
考えようとしてもはかどりません。
10分で終わることが、1時間かかったりする。

だからこそ、有名な話ではありますが、

”朝の時間が1番でクリエイティブ。
だから、早起きして、朝に企画やアイデアを考えよう。”

とか、

”寝ている間に脳が整理されるので、
計画や準備に向いているから、夜のうちに計画を。”

などとライフハック的に言われるわけですね。


■こんな特徴を考えると、冒頭にお伝えした

「時間当たりの質を高める(生産性を高める)」

ために、「脳」の特徴を考えて、
色々な工夫ができそうです。

例えば、私の話ですが、
1つ事例をご紹介します。

少し前から、
「脳のバイオリズム」を考えて、
ある工夫を始めました。

非常に単純な、何の捻りもない話ですが

”寝る前に、次の朝着るスーツ、靴下、ベルト、
靴、かばんを完璧にセッティングしておく”

という事を始めました。

これが、シンプルなのですが効果が絶大なのです。

朝起きて直後の脳は、
「脳のバイオリズム」的に、
意思決定には向かない、と言われます。

だからこそ、起きた直後、
”服を選ばなくてよい”仕組みを作ったわけです。

すると朝6:00に起きた直後、
ぼんやりしていても、スーツを着て、
髭をそって、髪を整えて、10分で家を出ることができる。

すると、早く電車に乗れて
空いている中で勉強もできる。

また最寄りの駅から
会社まで1.2キロ歩くことで頭が冴えて、
7:00に会社に着くころには、
バッチリ頭が冴えて、ロケットスタートができる。

こうして、1日の始めにいいリズムができて、
気持ちがいいわけです。

そんなことを通じて、

「地味だけど、”脳”を使う工夫は大事だなあ」

と強く感じるのです。


■ベストな時間の使い方や、
脳の使い方は、人によってそれぞれだと思います

しかし、一つ言えることは、

”今日の「生産性」は、”脳”を切り離して考えることはできない”、

ということ。

忙しい忙しい、と生き埋めになる前に、
だからこそ、運動、睡眠、食事など、
あらゆることを総合的に考えていくことが大事なのだと思います。

より充実した毎日を得るために
両立して楽しい日々を送るために、
色々と試行錯誤してみると、
自分にハマる方法が見つかり、
新しい世界が見えるかもしれませんね。

私ももっともっと良い方法を見つけるべく、
色んなアイデアを試したいと思う今日この頃です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
今日も、皆様にとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
朝10時までにその日の仕事の
半分を済ませない人は、
残りの半分がその日のうちに片付かない。

エミリー・ブロンテ

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。