500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「精神の筋肉繊維」を破ってこそ、強く太い自分になれる

1134号2017/03/23更新

(今日のお話 1850文字/読了時間2分)
■こんばんは。紀藤です。

本日、メールマガジンを送っている、
メールサーバーがダウンしてしまい、
配信がこんな時間になってしまいました(汗)

今後、安定した配信のために、
メール送信システムを変えようと決めました。

(お気遣いの連絡頂いた皆さま、ありがとうございました)



さて、昨日水曜日の活動ですが、
2件のアポイント。

また夕方からは、
フランクリン・コヴィーの講師の方との
年に1度の懇親会があり、

非常に濃ゆい講師陣の方と、
人材育成の未来から、ランニングの話から、
不動産の話(?)まで、幅広い話で盛り上がっておりました。

人生経験豊富な方の話は、やっぱり面白い!

と思った夜。



さて、本日のお話です。

3日前の月曜日に、
42キロランニングをして、
ようやくダメージから回復しつつあります。

傷ついた筋繊維が、
復活する時に更に大きくなることを、

『超回復』

と呼びますが、

今まさに自分が体験しているこの感覚と向き合う中、

「人の成長とは、超回復の連続である」

ということを、
ふと思い至った次第です。


今日はこのお話について、

「“精神の筋肉繊維”を破ってこそ、強く太い自分になる」

というタイトルで、
思うところをご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■20日(月・祝)に、

荒川沿いをガッツリ、
3年ぶりに42キロ走りました。

走った後、
毎日プロテインを飲み回復しつつある今の身体。
3日前に比べ、

体重が64キロ→65キロに増加。
筋肉量も1、5キロ、増えていたのでした。



”肉体を壊した後、復活したときは、
 以前より強くなっている”

これらは、「超回復」という現象で、
肉体に起こる自然なことです。


そして、筋トレで、
身体が大きくなっていく人は、

「限界を超えて自分を壊す」

「超回復して能力UP」

「また限界を超えて自分を壊す」

「超回復して能力UP」

「さらに限界を超えて自分を壊す」

「超回復して能力UP」


これを延々繰り返す。

そして「身体が強く、大きくなっていく」
ということになります。


■そして、これらのことは、

実は「肉体」だけでなく、

”「精神面」でも同じことが当てはまる”

と言われています。


『完訳7つの習慣』では、
このような記載があります。

(引用ここから)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

(略)

「運動の効果のほとんどは最後にくるんだよ。スティーブン。

 私は筋肉を強化しようとしているのだから、筋肉繊維が破れて、
 神経がその痛みを完治するまで続けなくちゃいけない。

 そこまでやれば、肉体は自然と過剰反応して、
 その繊維は48時間以内に以前より強くなるんだ。」と彼は答えた。


これと同じ原則が、
忍耐など”精神的な筋肉”にも作用している。

自分のそれまで限界を超えるまで我慢し続けると、
精神の筋肉繊維が破れ、自然と過保証され、
次にそれと同じ負荷がかかっても耐えられるようになる。

精神力が強くなるのである。


引用:『完訳7つの習慣』 第7の習慣 刃を研ぐより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「肉体の筋肉繊維」が破れ、
そして強くなるのと同じように、

「精神の筋肉繊維」も、負荷をかけると、破れ、
そして強くなっていく。

こういった作用は、
きっと体験したことがある方であれば、
なんとなくわかることではないか、

と思います。


■そして、思うのです。

基本的に、「成長する」とは、
以前自分ができなかったことができるようになること。


10キロのバーベルを上げられていた人が、
肉体に高い負荷をかけて、やがて
15キロ、20キロバーベルを持ち上げられるようになるように、

仕事でも人生でも、
「ああ、自分にはムリだ」と思うところから、
ちょっとだけ頑張って、
軽く壊すことをしていくことで、

【精神の筋肉繊維が破れ、そして強くなる】

という現象が起こると思うのです。


そして、それが、


・仕事における忍耐

・必ず地も思い通りに行かない理不尽さを受け入れる強さ

・結果が出るまで行動し続ける粘り強さ


などに繋がるのではなかろうか、

そんなことを思います。


■今、より働きやすく、
より短く、という流れがあり、

そういった”働き方の見直し”は、
本当に意義あることであると思います。


しかし、それに甘えて、

自分の”精神の筋肉繊維”を壊さず、
仕組みやルールのせいにしていたら、

「本質的な生産性」

というものも決して高まることはないのでしょう。



「超回復」によって、
その人の自力は劇的に高まっていくものです。

自分を壊して、そして回復させる。

何でもかんでも壊せばいいという話ではないですが、
自らの心やハートをより強く、太く育てようと考えた場合、


『「精神の筋肉繊維」を破ってこそ、強く太い自分になれる』


もの。

自らを上手に壊し、回復させ、
出来ることの幅を広げていきたいものだな、

そんなことを感じた次第です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日も皆さまにとって素晴らしい1日になりますように。
【本日の名言】
多くの犠牲と苦労を経験しなければ、
成功とは何かを決して知ることはできない。

マハトマ・ガンディー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。