500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

座談会における、”ゆるいぶつけあい”が学びの効果を爆発的に高める

1111号2017/02/28更新

(今日のお話 2159字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

本日、なんと1111号!
ゾロ目です。なんだかうれしいです(笑)



さて昨日は、社内にて打ち合わせ、
並びに資料作成など。

期末により溜まっていたお仕事を、
一気に片付けておりました。



また夜は、大手企業の研究開発の
コンサルティングをしている友人が、
彼の専門分野である「AI」についての
勉強会をするということで、夜は日本橋へ。

テーマは、

『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』 (文春新書)
井上 智洋 (著)‚

という本が題材でした。


この本に対して、

”グループフォトリーディング”

なる手法を使い、

1,一章あたり5分で読み進める
2,その後、ディスカッションをする
3,2時間で本全体の内容を理解する

という面白い学び方をしました。

私も初めての体験でしたが、
非常に深い学びを得ることができました。

”一つの本を、
 一人で学ぶのではなく、何人かで学ぶ”。

こんな活動を通じて、自分以外の
色んな視点が得られるということを実感した夜でした。



さて、本日のお話です。

今日は、そんな
”グループフォトリーディング”の話を受けて、


「座談会における、”ゆるいぶつけあい”が学びの効果を爆発的に高める」


というタイトルで、
思うところをお伝えさせて頂きたいと思います。

それでは、どうぞ。""
■私が今通っている英語塾で学んだ話。

そこの塾長は
齢75歳ほどになる、
某外資系広告会社で名誉会長をしている方です。

その方がこんなことを言っていました。


「最近は、”座談”というものがなくなったね。

 でも、優秀な人は、
 ”座談” というものが実に上手いんだよ」



『座談』というと、
今はあまり使わない言葉かもしれません。

ここで言う座談とは、
”正式な会議の場”とか”授業の場”ではなく、
カフェとか食堂などのパブリックスペースにて、

「非公式な意見交換、ディスカッションをすること」

を指します。


そしてこういった
”非公式な場”は、ちょっとリラックスできるため、


・目上の人に対して、わからないことを率直に聞けたり、

・「こういう見方もできるんじゃないですか?」と
 相手と違う意見を”やんわり”ぶつけることができたり、

・普段口を開きづらい雰囲気を壊し、
 活発な意見交換ができたり、


そんな副次的な効果を生み出すそう。

そして、それが「正式な会議の場」でも、
やっぱり影響してくるし、

率直な意見交換がゆえに、
学ぶことも多くなるものなのだ、

だから「優秀な人」は”座談会”が上手い

そんな話でした。


■「昔は膝を突き合わせて上司・部下でよく飲んだ。
  だからこそ、信頼が生まれた」

そんな古き良き日本において、

”非公式な会合(飲み会)の素晴らしさ”

が語られることがありますが、

先述の『座談会』の文脈で言えば、
本当にその通りなのでしょう。


また、
これは聞いた話なのですが、

戦前の日本の優秀な大学において

大学教授と生徒が、授業後いつまでも、
”あーでもない、こーでもない”と『座談会』を行っていた。

それにより、深い思考が育まれ、
優秀な研究者が生まれてきた、


そんな話もあるようなのです。


つまり、それくらい、

”座談会のような、
 ゆるいディスカッションの場”

というのは重要、

ということではないでしょうか。


■冒頭にお伝えをいたしました、
私が昨晩参加したAIの勉強会では

『人工知能と経済の未来 2030年雇用大崩壊』 井上 智洋 (著)‚

という題材について、
ディスカッションをしました。


これも、言い換えるならば、

”仕事”ではなく、
”正解”言わなければいけないことでもなく
”利害関係”もない仲間達と、


”「座談会」のごとき
 ゆるいディスカッションの場を設けた”


と同じことでしょう。



「私はこう思った」

「俺は逆に、この部分が気になった」

「こういう見方もできるよね」


そうやって、
一人で完結するのではなく、
別の人と意見を交わす。

互いの意見を、ゆるくぶつけあう。

そうすることで、
頭が刺激され、新たなアイデアが湧いきて、

そして深い学びにつながり、
高め合うことができた。


そのように感じますし、
これらの思考プロセスは、
一つの”原則”のようなものでないか、


そんなことすら、思うのです。


■「7つの習慣」では、

”第6の習慣 シナジーを創り出す”

という習慣があります。

これは、

・相手との”Win-Winを考える”こと(第4の習慣)、

そして、

・相手のことをまず理解し、
 そして自分の意見を理解してもらう(第5の習慣)

ということを通じて
言葉どおり、

『シナジー(相乗効果)が生まれる』(第6の習慣)

という”原則”を伝えている話です。


お互いの力、意見を相互協力を図ることで

”1+1=2”ではなく、
『1+1=3,10、100、1000』となる。


相手との深いつながりが生まれ、
意見の融合、協力が生まれ、
大きな成果を生み出すことができる、

そのように述べており、
これらは世界共通の「原則」である、

というのです。


■学ぶことは大切です。

そして、私達の人生を、
豊かにしてくれるものだと思います。


そこに、

・誰かと共に学ぶ、
・意見を融合させ、ぶつけあう

という考えを加えることで、
きっと、一人では見えなかった解が見えるはず。

そのように思います。


そして、

”ゆるくぶつけあう”ことを活性化するために、
『座談会』のような、「場」を設ける。


そんな工夫をすることで、
もっとよい、今を変えうるアイデアの場を、
”意図的に”生み出すことができるのではないか、

そんなことを感じた次第です。


「場」&「人の意見」、
本当に貴重だな、と思います。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日が皆さまにとって素晴らしい1日となりますように。""
【本日の名言】
まったく違う知識や考えを持った人と、
まず対話できることこそ大事だ。

盛田昭夫”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。