500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「単品」として自らが商品棚に並んだら、、、を考える

1086号2017/02/03更新

(今日のお話 1953字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は4件のアポイント。

ならびに夜は、
新入社員研修「ディスカバリー」の社内ファシリテーターでもあり、
お客様でもあり、友人でもあるIさんより、
素敵な方々をご紹介いただきました。

1人は、安定企業から脱サラして
「大人の学校」という学びの場を自分で立ち上げられた方、

もう1人はひとり遊びから始まった
ボイパ(ボイスパーカッション)を極めた
テレビにも取り上げられたりする、23歳の若者など、

大変個性的で面白い、素敵な方々でした。

(Hさん、Aさん、Iさん、ありがとうございました!)


そんな方々と話をしていて、

「自分の市場価値とはなにか?」

というテーマについて、
思うことがあったのでした。


ということで今日は、

「”単品”として自らが商品棚に並んだら」

というタイトルにて
”自分が持つ価値”について、
思うところお伝えさせていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■さて、昨日の会食の時の話。

ある話題で盛り上がりました。

それは、

『タイム・チケット』
https://www.timeticket.jp/

というサービス。

(ニュースなどで話題になったので、
 ご存知の方もいらっしゃるかと思います。)


このサービスは、
その「タイム・チケット」という名の通り、

”自分の時間を売りに出し、買いたい人に買ってもらう”

というサービスです。


たとえば、

・カメラが好きで得意な人が
 「120分4000円でイケてる自己紹介用の写真とります」

とか、はたまた

・ボイスパーカッションが得意な人が
「30分2000円で、初めての人がボイスパーカッションできるようにします」

とか、また

・東京大学大学院 教育心理学博士課程の人が、
 「60分3000円で、効果的に学び、教える技術を教えます」


というように、

「自分の誰かに価値を提供できること」

を掲示板に載せる。

そして、それが誰かに価値を感じてもらえれば、売れる。

そんな仕組みなのです。


■さて、このサービスについて話をしていて、
思ったこと、そして話題に上がったことがありました。

それは、

”果たして自分は、
 どんな価値を、何分いくらで売れるのだろうか?”

ということ。


普段、私のような
”組織人(すなわちサラリーマン)”は、
基本的に「組織のニーズ」に答えることが仕事です。

だから、

資料の細かいチェックをする方もいれば、
ルート営業として、いつもお客様を回る仕事、

という方もいるかと思います。

それが、「組織人」としての役割だし、
そう求められているのだと思います。

そして、悪い意味でなく、
組織の中の「歯車」として機能するがゆえに、
報酬・給料が貰えるという立場も、

もちろんあると思います。


■しかし、同時に思うのです。

今の不安定の世の中、
「絶対大丈夫」と言えるものなど、
何もないと言うことも、事実。

そんなとき、自分が
「組織」切り離され、単品となったとき、
どれだけの価値を持つのか?

どれだけサバイバルできるのか?

すなわち、


【「単品」として、市場という商品棚に並んだとしたら?】


と考えることは、
自らの人生に責任を持つ上で、
とても重要な問いではなかろうか、

と思ったのです。


■仕事だけでなく、
プライベートを含めた、人生を通じて、
私たちは色々なものを学び、
身に付けてきています。



それは、”明確な資格”などでは、
表せないものもあるでしょう。

例えば、


・人の巻き込み方

・飛び込み営業で心が折れない工夫

・社内の根回しのポイント

・エクセルのテクニック

・人事を通じで学んだ「人材育成の方法」

・子育てで子供をスグ泣き止ませる方法


などなど、その人が、
人生において何かに向き合ってきた結果として、
何かしらの価値を身につけているはず。


そして、それのスキルが、
多い、少ないというのが、
人によりそれぞれなのでしょう。


■改めて思いますが、

”今の環境、職場でしか使えないスキル”

しか持っておらず、

”たまたま今の状況だから、求められている”

だけ、だったとしたら、
少し怖いことではないか、と思うのです。

それこそ、
ボロボロになったロープで
バンジージャンプをし続けるような、
リスキーで不安定なことではないか、

言い過ぎかもしれませんが、
そんなイメージを持ちます。



仕事、プライベートを横断して、


”自分は、どんな経験を価値として、
 世に伝えることができるのか?”

”自分の趣味は、世に価値を提供できるレベルだろうか?”
 (ただの娯楽ではなかろうか?)

”自分の仕事は、市場に晒された時、
 本当に価値を持つものなのか?”

そして、


【”単品”として自らが商品棚に並んだとしたら、、、】



このようなことを考えつつ、
万が一を想定しつつ、
自らの価値を高める姿勢を忘れないこと。


不確定な世の中だからこそ、
とても重要なことだろう、

「タイム・チケット」というサービスをみながら、
そんなことに思いを馳せた次第です。


自分だったら、
「メルマガをストレスなく毎日書き続ける方法」
とか売れるかな、など思いつつ。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日が皆さまにとって素晴らしい1日となりますように。
【本日の名言】
絶対に出世できない人には二種類ある
一つは言われたことができない人
もう一つは言われたことしかできない人だ

アンドリュー・カーネギー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。