500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

『紳士靴を嗜む(たしなむ) はじめの一歩から極めるまで』

1081号2017/01/29更新

(今日のお話 2532字/読了時間2分半)
■こんばんは。紀藤です。

週末は、英語塾に勉強会参加、
そしてテニスの試合など。

また日曜日の夕方からは、ひたすら、
3時間ほど靴を磨きまくっていました。

というのも、
1ヶ月ほど前に出会った、
とある本がきっかけで、私の、

”靴に対する考え方”

がガラリと変わったため、
人生で初めて、こんなに本気で靴磨きをしたのでした。



そんな話を受けて、毎週日曜日は、
「今週の1冊」のコーナー。

皆さまに是非シェアさせていただきたい本を、
ご紹介させて頂きたいと思います。


「今週の1冊」は、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


『紳士靴を嗜む(たしなむ) はじめの一歩から極めるまで』(著:飯野高広/朝日新聞出版)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

です。

(今日の内容は、主に男性向けかもしれませんが、
 よろしければ女性の皆さまも、ぜひお目通しくださいませ)
■しばしば言われる、
「オシャレは足元から」という言葉。

また、
ビジネスで活躍する人の多くが、
「相手の靴を見る」と言われる話にあるように、

「靴」というのは、
人の印象を決めるための、
大切な要素のようです。


ゆえに、

「靴は良いモノを買いましょう」
「靴はいつも磨いておきましょう」

という提案が、
ビジネス書から、雑誌から、
自己啓発本に至るまで、
あらゆる方面からなされているのでしょう。


私も、今まで読んだ本の中で、

「靴の大切さ」

について触れてきた本(主に自己啓発系)は、
一体どれだけ見てきたことか、

それくらい、多いです。


■しかしながら、恥ずかしきかな。

私は今まで、そんな提案は、
まるで無視していました。


ぱぱっとホコリを払って、
ささっと艶出しワックス(100円)を塗って、
とにかく履き倒す。

靴を磨くのは面倒くさいから、
たまに気が向いたら、ミスターミニッツで磨いてもらう。

そして靴が傷んでだら、買い換える。


そんなことをしていたのです。



■ですが、この

『紳士靴を嗜む はじめの一歩から極めるまで』

の本では、このような
私の考え方(=靴を雑に扱うようなこと)を

「一種の”幼さ”の現れではなかろうか」

と疑問を投げかけます。


以下の言葉は、前書きの一文には、より引用です。

著者の、「靴」を超えた、
”身嗜み”に関する信念のようなものを感じます。


(ここから↓)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


服飾全般に「ファッション」などの外来語が用いられ、

「身嗜み」(みだしなみ)なる
素晴らしい表現が使われなくなって久しいのですが、

この傾向は今日の装い、特に男性の装いが
それらの要素の欠如した、いわば薄情で浮ついた、
自律性のない存在でしかないのを露呈している象徴の感もあり、
少々さびしいものがあります。


(中略)


「身嗜み」とは、十分な思索を通じ、
時と場に応じて最適解を導くための指針(マナー)であってほしいものです。

この本が一つの指針となり、
まずは足元=紳士靴とその周辺を見つめることを通じて、
装いを誰かに無意識かつ無理矢理に踊らされ、
支配されてしまうのではなく、
それを読者の皆さんが自らの身体の一部として、
そして自らの「ことば」として、
自然と「嗜む」段階へと踏み出せるきっかけとなりましたら幸いです。


引用:『紳士靴を嗜む(たしなむ) はじめの一歩から極めるまで』前書きより

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■改めてですが、この本は、
「靴」についての本です。

しかし、実際のところ、
この本が提案しているのは、
「靴」だけの話ではないのです。

それを通じて、

”自らの「身体の一部」を高める、
 自らの「ことば」を持つ”

そんな次元を目指して欲しい、

と著者は伝えているのです。


■ただの”ハウツー本”ではないのです。


この本には、このような内容が書かれています。


・「靴」が人類と共に歩んできた歴史

・足の構造と「靴」の関係性

・「靴(紳士靴)」が持つデザインの意味

・「靴」を構成する”革”の作り方
 (=靴を形作る職人、牛について)

・「世界の靴」とその特徴

・「靴」が身体の一部となり、
  持ち主と一緒に育つ存在であるということ

・「靴」を10年育てるための具体的なメンテナンス法



私はこの本を読み、
”靴の世界”がこんなに深かったことを
今更ながら知りました。

そして、大いに反省しました。


大げさかもしれませんが、


”大量生産、大量消費の世の中で、
モノをちっとも大切にしていなかった自分”

”自立した大人としての装いが出来ていなかった自分”

”ビジネスパーソンとして、
 その道具に対して全く誇りをもっていなかった自分”


が垣間見えた気がしたのでした。


そして、今まで、あらゆるビジネス書や、
自己啓発本、雑誌などで、

『靴の大切さ』

が語られてきたのか、
ようやく腹に落ち、そして、

”靴を磨かずにはいられない”

という状態になり、
3時間もひたすら磨いていたのでした。

(そしてこんな時間になってしまいました汗)


■「一時は万事」、
「神は細部に宿る」。

色んな言葉、表現で、

『部分にこだわることの大切さ』

が語られます。


この『紳士靴を嗜む(たしなむ)』の本は、
「靴」と向き合い続けた著者の情熱と哲学を通じて、


”「自らのあり方」を「靴」への向き合い方を通じて見直す”


そんなワークブックではなかろうか、

そのように感じます。


もし、

”靴を、少しぞんざいに扱っていたかもしれないな”、

と思われたり、

”靴についてその世界の広さを知りたい”

と思われる方がいれば、
この本は買って間違いがないと思います。


特に営業の方は、
必読の本ではないだろうか、

そう思わしめる一冊でした。


私も、この本とは、
もう5年早く、出会いたかったです。
【本日の名言】
			

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。