500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

習慣化のコツは、ウロウロタイムをなくし、第一歩目の段差を低くすること

1068号2017/01/16更新

(今日のお話 1954字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日日曜日は、年末にかけて歴史、近現代史、
外交問題などについて学んだ「サムライ塾」と称される
学びの場にて繋がった仲間と、塾長宅にて新年会でした。

14-22時近くまでひたすら食べ、
飲み続けたため、若干お腹がもたれております(苦笑)

間が空いて、改めて顔を合わせると、
「もっと頑張らないとな」という思いにさせられる次第。
そういう意味でも、刺激し合える仲間の存在というのは、
月並みですがやっぱり大切ですね。



ちなみに、先日からご案内している
1月2月のフランクリンコヴィーの大型イベント、

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『競争優位性の高い企業文化の創造
「研修の組み合わせ」から、
「個人・リーダーの成長プロセス」のトータル設計への転換』
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

も、実は似たような話だったりします。


企業においても、
個人が個人という枠を超えて、
上下左右で共通認識をもち、

「”習慣化を集団にし、文化にする”ための研修体系」

についてお伝えしています。

申し込みも100名を超えてまいりましたので、
ご興味ある方は、ぜひお早めにどうぞ。



さて、本日のお話です。

私の年始から改めて考えているテーマ、
それは「習慣化」について。


テーマは、


「習慣化のコツは、ウロウロタイムをなくし、第一歩目の段差を低くする」


ということで、
習慣化のための小さなヒントについて、
皆様にご共有させていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。
■脳の機能として、
「第一歩を踏み出しさえすれば、後は容易い」
という性質があると言われます。

脳の「やる気ホルモン」なるものは、
「行動すること」によって生まれる。

一度手をつけて行動すると、
「やる気ホルモン」のようなものが出始め、
坂道を転がるように、どんどん没頭することができる。

つまり、

「手を付けさえすれば勝ち」

ということ。


すなわち
「最初の一歩」をいかに踏み出しやすくするか、が

”行動すること、習慣化するための秘訣”

ということになります。


■しかしながら、
その「最初の一歩」というのが、
なかなか荷が重いもの。


・ヘビーな内容の企画書作成

・家の一番汚れがたまっている場所の掃除

・ダイエットのためにやると決めたランニング

・つけようと決めた日記


どれも大事なことだとわかっている。

でも、「やらなきゃ。ああ、でもめんどくさい」
の間をウロウロして、そして時間を浪費してしまう。

そんなことが、
しばしば起こりがちなのではないか、
と思うわけです。


■では、どうすればこの
”ウロウロタイム(=やると踏み出せないアイドルタイム)”
なるものを減らすことができるのか。

そして、行動をし易くし、
習慣化の壁を越えることができるのか?

そのためのヒントが、


『(最初の一歩の)段差を低くする』


ということである、

と言うのです。



例えば、筋トレ。

やったほうが良いいけど、
ちょっと面倒くさい”筋トレ”の
「段差を低くする」というのはどういうことか。


筋トレの専門家曰く、

『筋トレの習慣化のためには、
 一にも二にも、”家に近いジムを選ぶ”こと』

であるそうです。

その理由は、
「家から遠いと行く気がなくなる」
(=寒い、天気が悪い、忙しい、行かない理由がすぐ浮かぶ)
からであるそう。

「家から離れたところにある」というだけで、
行動の段差が高くなっているのです。


湧き上がってくる「やらなくてよい理由」を
できるだけ消すために、
段差を低くするために、

”ジムは家から近くないとダメである”

そんな話でした。


また、私の先輩で、
早朝ランニングを習慣化している人は、
行動するための段差を低くするために、

「ランニングウェアで床に着く」

ことを習慣化しているそう。


そうすれば、
朝起きたらそのまま靴を履くだけでいい。

ハードルが低くなっているのです。

段差が低い仕組みが、
アクションと継続をし易くしているのです。


■行動することでやる気は起こります。

しかし、その一歩目が重い。
新しく自分が始めようとすることなら、尚更そう。

だからこそ、行動しやすくしには、
習慣化しやすくするためには、



【習慣化のコツは、ウロウロタイムをなくし、第一歩目の段差を低くする】



こと要である、
という話でした。

2017年も始まりましたが、
何か続けたいことがあるのであれば、
段差を低くする工夫、考えてみてはいかがでしょうか。

きっと成功率が高まると思います。

ご参考になれば。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
本日が皆さまにとって素晴らしい1日となりますように。
【本日の名言】
先に進むための秘訣は、まず始めること
まず始めるための秘訣は
複雑で圧倒する仕事を扱いやすい小さな仕事に分解して
最初の一つを始めることだ

マーク・トウェイン”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。