500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

おなかが空いた時に考えるいうたら、ロクなことはない

1060号2017/01/08更新

(今日のお話 1993字/読了時間2分半)
■こんばんは。紀藤です。

昨日土曜日は、朝から英語塾へ。
そして午後からは買い物、そしてテニスなど。

いつか買おうか迷っていた、
「ずっと使える時計」を探しに、
妻と共にデパートめぐりなどをしておりました。

これまで、”無形のもの”
(研修や英語塾や本など)ばかりに
お金を使ってきましたが、

それなりの年齢になってきたため、
”見える部分”にも気を遣わないとな、

と考える今日この頃。



さて、本日のお話です。

私はNHKの番組が結構好きです。

その中でも、
”NHKスペシャル”というシリーズで
特集されるものは、教養としても、社会問題としても、
知る価値のある話が取り上げられていて、
大変面白いのです。


そして、最近、そのシリーズで、

「ばっちゃん ~子どもたちが立ち直る場所~」

というもの見ました。

その内容が、考えさせられるものあり、
そして共感する部分も多くありました。

今日はその「ばっちゃん」の話から、


「おなかが空いた時に考えるいうたら、ロクなことはない byばっちゃん」


という教訓について、
思うところをご共有させて頂きたいと思います。
■NHKスペシャルの「ばっちゃん」。

広島に住む、”ばっちゃん”こと、
中本チカコさん(82歳)は、
保護司を引退した6年前からも活動を続け、
自宅を開放しているそう。

食事の取れない子どもたち、
虐待を受けている子どもたち、
そしてその結果、非行に走る子どもたち、

そんな子どもたちに、
ご飯を作ってあげて、悩みを聞く。

そのような活動をしているそうです。


格差社会の問題や、
親世代からの虐待の連鎖など、
社会が抱えている問題について向き合う、
「ばっちゃん」と子どもたちの交流のドラマです。


■社会の問題など、
考えることは単純ではない、
その感じる中、ばっちゃんこと、
中本さんが言った言葉がとても印象的でした。


それは、

「なぜ子どもたちに、自宅を開放し、
 ご飯を食べさせてあげるのか?」

という、ばっちゃんの活動の根本に対する質問の答えでした。


~~~~

(ばっちゃん)

「女の子じゃったら売春ね、
 男の子じゃったら かつあげ、万引き、

 おなかが空いた時に考えるいうたら、それしかない」

~~~~~


■”おなかが空くと、悪いことしか考えられなくなる”

そう言うばっちゃん。

そしてそんな言葉に対して、
子どもたちも

「腹が減ると、イライラするけん。確かにそうかもな」

と、笑って答えていたシーンが、
印象的でした。



もちろん、この話に対する
「ご飯を通じた交流」は、ごく一部でしかありません。

でも、このばっちゃんがいう、

「おなかが空いたら、悪いことしか考えられんくなる」

と真剣な目で言ったのには、
「確かにそうかもしれない」と
強く共感するものがありました。


■私の体験ですが、
私が新入社員で入社した飲食店でのこと。

アルバイトのスタッフが足りず、
連日連夜勤務が続き、
毎日寝る時間は3時間もない。

そして、疲れて、
眠い状態が続いて、
何だか頭も痛い気がする。


そんなときは、気を張って、

「いい仕事をしよう」

と気合で言い聞かせても、
全然できないのです。


ちょっとしたことで、イラっとしたり、
逆に急に凹んだりしてしまう。

感情の起伏が激しくなる。
自分で自分がコントロール出来なくなる。

そんな感覚に支配されていました。


■そして、思うのです。

それは、


『肉体を疎かにすると、精神が病む』


ということ。


腹が減った、眠い、頭が痛い。


こんな状態で「何とか頑張ろう」と意気込んでも

よほど鍛え上げられた精神を持つ、
修行僧のごとき人であれば別として、

一般的には、

”「健全な精神」を100%保ちつづけること”

が難しくなること、
あるのではないだろうか、

そう、感じるのです。


古代ローマの発祥のことわざで、

『健全なる精神は健全なる身体に宿る』

という言葉がありますが、
すなわち、昔から、肉体と精神のつながりは、
認められていたことなのでしょう。


■「7つの習慣」では、

”第7の習慣 刃を研ぐ”という
自らを再新再生させるための習慣において、

「自らの肉体をメンテナンスし続ける」

ことが、自身の効果性を高めるために、
必須のことである、

と伝えています。


やっぱり、体のことは、
良い人生を歩む上で、
絶対にないがしろにしてはいけないことなのです。


■子どもたちの問題と、
これらの問題は、もちろん、
問題のレベル感は違うと思います。

子どもたちの問題の方が、
ずっと構造的で、見えない闇の部分であるし、
それは注目し、考えなければならないこと。


でも、それでも
イチ人間としてそれぞれを見た時、

その根本の大切なこととして、
ばっちゃんが言った、


「おなかが空くと、悪いことしか考えられなくなる」


という言葉に、肉体と精神の健全さの原則が、
宿っているような気がします。


自分の体を、もっと、いたわってあげたいものですね。

運動も、食事も、とても大切です。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。
週末が皆さまにとってよい時間となりますように。
【本日の名言】
疲労と悩みを予防する第一の鉄則は、たびたび休養すること。
疲れる前に休息せよ、である。

デール・カーネギー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。