500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

習慣化の罠。「いっそのこと、、、」に気をつけよう

1055号2017/01/03更新

(今日のお話 1834字/読了時間2分)
■こんばんは。紀藤です。

本日は、年明けから取り組んでいる、
2017年の目標を設定するための、
「ガチンコの自己分析」をしておりました。

自分の生まれた頃から、
小学校、中学校、高校、大学、新社会人、結婚、
そして今に至るまで、自分の半生と、
そこで学んだことについて、
ひたすら考えておりました。

合計10時間近くかかった気がします(汗)


考えて考えて、わかったことは、結局、

“昔考えたミッションステートメントと、ほぼ同じ”

ということでした。


「大切なことは、目に見えないんだよ」。

そんな、星の王子様で有名なワンフレーズを思い出し、
原点の大切さを改めて感じた次第。

よし、今年も頑張るぞ!



さて、先日、タイトルを見て、
衝動買いしてしまった書籍がありました。

その名も

『人生を変える習慣の作り方』。
(著:グレッチェン・ルービン)


これ、かなりオススメです。

「習慣」については、
私も色々考えたり、関連する本を読んできましたが、
本当に上手にまとまっているなあ、

と思いました。


内容について、共有したいことは、
盛りだくさんなのですが、
今日はその中から、「特にそうだよな」と
共感したところについて、
皆さまにご共有させて頂きたいと思います。


タイトルは、

『習慣化の罠、「いっそのこと、、、」に気をつけよう』。

それでは、どうぞ。
■2017年も3日経ちました。

そして、こんな転機には、
やっぱり「良い習慣」、身に付けたくなります。

(きっと、そう思うのは私だけではないはず)


しかし、大体、
その試みは失敗する事が多いようです。

何故、習慣化に失敗するのか?

その答えは、先述の著者
グレッチェン氏曰く、

「正しい習慣化の方法を知らないから」

である、というのです。


■「習慣」というと聞き慣れた言葉のため、
割と安易に、

「新しい習慣つくるぞ!」

と意気込みやすかったりします。


しかしながら、
よくよく考えてみると、
習慣化には物凄くたくさんの「失敗のリスク」が
つきまとっているのです。

(だから、結局、多くの人ができないのでしょう)


例えば、こんなことを
考えたことがあるか、ということを、
『人生を変える習慣の作り方』では問うています。


・自分の性格を考えた時に、
 ベストな習慣化の方法とはどのような方法か?

・習慣化しようとする時に、
 必ず起こりうる障害は、どんなものがあるか?

・もし失敗したら、どう対処するのか?


何となく敵(=習慣化)に立ち向かうより、
このように、道中起こりうる障害を考え、

「習慣化の成功のためのマイルストーン」

を描いたほうが、確かに数段、
ゴールに達成する確率が上がりそうです。


■この内容については、
ぜひ本を買って頂ければと思いますが、
その本の中で、

”「習慣化をするときに”つまずき”に寛容になる」
 ことが大切である”

とされる項目がありました。


ほとんどの人にとって、
一度決めたことを最後まで当たり前のように
守り通せることは、稀です。


例えば、ダイエット。

「もう、甘いものは食べない!」

と一度、決めたとしても、

仕事で疲れた日や、
誰かとケンカしたり、嫌なことがあったりした日は、
ストレスも溜まるし、甘いものの一つや二つ、
食べたくなるのが人間というもの。


ちょっとずつ「良い習慣」がついてきても、
その状況は、変わるわけではないのです。


そんなとき、真面目に、
厳格にしすぎると、どうなるのか?


例えば、ストレスが溜まり、
「もう我慢できない!」と、ケーキを一つ、
食べてしまったとする。


すると、人の心理として、

【良い習慣が、小さく崩れようが大きく崩れようが、どのみち一緒】

という感情になってしまう、

というのです。


■結果的に、


「ああ、失敗してしまった。なんてダメな私。

 もう食べちゃったし、いっそのこと」


そうやって、ケーキを5コ、
立て続けに、ドカ食いしてしまう。


そうして、せっかく身に付けた良い習慣について、

「小さく崩れる」ところが、
「大きく崩れる」ことになり、

またゼロからのスタートになってしまう、

こんなことが往々にして起こるそうです。


■改めて思いますが、
「習慣化」は難しいことです。

些細なことに見えても、
一つの習慣を変えるのは、多大な労力がかかるもの。


だからこそ、
「これは身に付けたい」と思うことがあったとしたら、
そもそも、

”変えようと取り組んでいることが素晴らしい”

と、ある程度甘く、
自分に評価をしてあげること。


”「つまずき」を、仕方ないものとして認めてあげること”。


それが、「習慣化の成功」のために、
重要なことであるようです。


ということで、2017年新たなスタート。

皆さまが、より良い1年になるため、
参考になれば何よりでございます。
【本日の名言】
賢い人は、徹底的に楽天家である。

アンドリュー・カーネギー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。