500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

漫画『ベイビーステップ』から学んだ「学びをひたすら積み上げる」という熟達の原則

1050号2016/12/29更新

(今日のお話 1884字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

昨日より、年末年始のお休み。

やりたかったけど、
なかなか時間が取れていなかった英語の勉強、
そしてテニス(どちらかというとコチラ)を、
ひたすらやる年末年始になりそうです。

さて、昨日そんな中、
以前から読みたいと思って大人買いしていた
『ベイビーステップ』という漫画を、
貪るように読んでおりました。

「なんだマンガか」と侮るなかれ、
この漫画は、NHKにてアニメ化される(教育に良いということですね)
ある意味すごく、”理にかなった人の成長物語”なのです。

そのストーリーの虜になるとともに、
この『ベイビーステップ』より、
改めて学んだことがありました。

今日はそのお話について、
皆様にご共有させていただきたいと思います。

テーマは、


「漫画『ベイビーステップ』から学んだ
 「学びをひたすら積み上げる」という熟達の原則」。

それでは、どうぞ。
■漫画『ベイビーステップ』。

この漫画は、主人公ののエーちゃんこと、
丸尾栄一郎君(高校1年生)が
テニス初心者から上達をしていく成長物語です。

エーちゃんは、ものすごい優等生。
勉強でも、真面目に学んだことを振り返り、
予習復習を欠かしませんでした。

成績もオールAだから、エーちゃん。


彼は、ふとしたきっかけでテニスを始めるのですが、
その”学び方”が特殊なのです。

元来の真面目な性格から、

”学んだこと「ノートに書く」”

そんなスタイルで、
テニスを上達させていくのです。


・理想のフォアハンドのフォーム

・自分が打った球の軌道

・フォームの良かったところ、悪かったところ

・試合相手の弱み、強みなど分析した結果

・新しく覚えた戦術、


試合中だろうがなんだろうが、
そのノートを常に傍らにおき、
情報を整理し、そして、学んだ内容を次に活かす。

二度やった失敗は、もう繰り返さない。

そうして、普通の真面目な優等生が、
目を見張る急成長を遂げ、並み居る強豪を倒していくのです。


■いやいや、漫画だから、
そんなふうに並み居る強豪を倒せちゃうんでしょ?

と言われるかもしれません。

確かに、それもそうでしょう。
でないと、漫画になりませんから。


しかし、です。

思うに、私たちの多くは、
仕事でもプライベートの趣味でも、
結構やってしまいがちな誤ちとして、


『同じ失敗を、延々、何度も繰り返してしまう』


ということ、結構多いのではないかと思うのです。

(私も胸が痛いです)


「ああ、今回と準備不足だった、
 もうちょっと早く準備しておけば」

と反省しながら、次回もまた、同じミスをする。


「今年こそは、早めに片付け、宿題を済ませてしまおう。
 そして、ゆとりある冬休みを過ごそう」

としつつ、また後回しにしてしまう。


そんなイメージ。



本当だったら、ミスから学び、
それを改善し、「学びを積み上げる」ことさえできれば、
必ず前へと成長できることは間違いないはず。

でも、努力不足なのか、
意識が足りないのか、
覚悟が足りないのか、
結局同じところで足踏みしてしまう。

こんなこと、あるのではないか、
そのように思うわけです。


■『ベイビーステップ』が面白いところは、

主人公のエーちゃんが改善していることは、
別にものすごいウルトラCの必殺技ではなく、
ほんとうに”小さな小さな気付き”である、

というところ。

彼の、

【薄紙のような小さな学びを積み上げる】

ことのみを、ただただ
誰も真似できないような高回転で回し続け、
消化し、自分の血肉にしていく。

だから結果として驚愕するような成長をみせる、

ここに妙なリアリティがあるのです。


■漫画だろうが現実だろうが、
人の成長の繰り返しは、内省→練習→内省、
このPDCAサイクルにつきます。


1,内省し、気づきを言語化する。

2,学んだことを繰り返し、血肉にする。

3,小さな学びを積み上げていく。


これは、あらゆることに対する、
熟達のステップである、

そのように思います。


私も最近テニスなどで、
足踏みしてばかりですが、
結局、同じところをグルグル回っているだけであるため、
非常に考えさせられる物語でした。

繰り返しになりますが、


1,内省し、気づきを言語化する。

2,学んだことを繰り返し、血肉にする。

3,小さな学びを積み上げていく。


ココにつきます。

このサイクルを回しやすくするために、

・優秀なコーチ、先輩の存在、
・然るべき場の存在、
・練習量、実践量

などありますが、
原則としては、学びのPDCAを回し、
自己省察と、改善のスピードを高めていくこと、

このことであろうと、
改めて思った次第です。
【本日の名言】
まわりを見渡し、自分に何ができるか考え、
それを実行したならば、前へ進むことができる。

ローザ・パークス”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。