500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

PDCAを使っているのは日本だけ?!世界基準はOODA

1294号2017/08/30更新

(本日のお話 1734文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は、3件のアポイント。
ならびに昼過ぎからは、「7つの習慣」研修実施の
2日目に立会をしてまいりました。

特に製薬会社の中堅社員の方を対象に、
研修をさせていただきましたが、
皆様、真剣に(そして女性の方が特に)
身を乗り出すように参加していただいており、大変うれしく思った次第です。

とはいえ、研修の”要”とは

「終わった後、いかに継続するか」

ですので、皆様がこれから継続されていくこと、
心よりお祈りするばかりです。


そして、帰宅後、夜は友人より、
コーチング(受ける方)をスカイプにて。



さて、本日のお話です。

昨日、『PLANよりDOのほうが100倍大事』というタイトルで、
お伝えさせていただきましたところ、
こんなご感想をいただきました。

「最近は、経営において、
PDCAは使われなくなっているようです。
現在は、OODAが主流となっているようです」

というご感想(情報提供)でした。

(Y様、貴重なご意見、ありがとうございました!)


早速調べてみると、確かにその通り、
そしてその内容も、非常に納得できるものでした。

本日はそのお話を、皆様に共有させていただくとともに、
思うところをお伝えできればと思います。

タイトルは、


「PDCAを使っているのは日本だけ?!世界基準はOODA」。


それでは、どうぞ。
■「OODA」。

この言葉、皆様は、
お聞きになったことありますでしょうか?

聡明な皆様は「そんなの当然知っているよ」という方も
いらっしゃるかと思いますが、
私は恥ずかしながら、今回初めて聞いたのでした。



ちなみに「OODA」(ウーダ、と読みます)は、
以下の単語の略称です。

O(Observe)観察
O(Orient)認識
D(decide)決定
A(Act)行動

とのこと。

「PDCA」と比べると、

P(Plan)計画
D(Do)行動
C(Check)評価
A(Action)改善

その違いのイメージが付きやすいかもしれませんね。


■「OODA」では、「PDCA」と比べて、

P(Plan)計画

O(Observe)観察/O(Orient)認識

になっています。

環境変化がこの上なく激しい昨今では、
「PLAN」している間に、状況が変わってしまう。

だから、「PLAN」(計画)→「DO」(行動)ではなく、

状況を「Observe」(観察)&「Orient」(認識)して、
即座に、その場で「Decide」(決定)し「Act」(行動)する。

これが重要になる、というのです。



昨年公開された「シン・ゴジラ」では、
ゴジラが海から現れたとき、日本政府が、

「あれは何だ?」
「陸に上がるのか??」
「専門家を呼べ!」
「第三次 ◯◯会議 招集」

などとやっている間に、
どんどんゴジラが攻めてきて、
東京がめちゃめちゃにされる、というシーンがありました。
(ご覧になられた方はイメージできると思いますが)


すなわち、状況が刻一刻と変わっているとき、

“会議室で、PLAN(計画)→DO(行動)では遅すぎる”

のです。

がゆえに、繰り返しになりますが、
どんどん状況が変わることが前提の今においては、
今の状況、環境を「観察」し、「情勢判断」をする。

そして、いち早く、「決定」をして、
その場で「アクション」をする。

そちらのほうが、昨今の経営環境にふさわしく、
結果も出しやすい。

PDCAが、「めまぐるしい環境変化が少なく」
自分と相手で交互に打ち合う、
“囲碁や将棋”とするならば、

OODAは、「めまぐるしい環境変化が前提で」
その場の状況判断に任せる必要がある
“ボクシング、バスケ、サッカー”。

そんなイメージなのでしょう。


■一説によると、
現在“PDCA”が使われているのは、
「日本だけ」などと言われています。

もう既に、欧米など、先進国で成果を出している国々は、
“OODA”を中心としたモデルに移行しているそうです。

環境変化を素早く判断し、決定し、行動する、
そんな「スピード重視モデル」に変わっている。

もし、ゆっくり会議をして、
何も決まらない日々が続いているとするならば、
それは「PDCAの罠」に嵌っているのかもしれません。

その間、競合や世界は、
どんどん先に進んでいっているかもしれません。

それは、痛みのないナイフで、
少しずつ切り取られているような
そんな危うさを感じるものです。


■そして、思うに、です。

このことは、私達個人でも、
同じことが言えるのかもしれません。

”言われたこと、決まったことを粛々とやる”

なんて仕事をしていたら、
あっという間に、過去の遺物と化してしまうかもしれません。

だからこそ、思い立ったが吉日で、
どんどんこれまでのやり方を変えていく、
今置かれた世界の状況を、自分自身の目で確かめ、
判断し、自分の行末を、自分で決めていく、

そんな姿勢こそが、この世の中をサバイブするため、
必要なのではないか、

そんな危機感を感じた次第です。
【本日の名言】
間違った決断は、
最後まで下されない決断に勝る。

ブライアン・トレーシー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。