500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「迂回路の原理」を知り、自分だけの成長のステップを見つけよう

1280号2017/08/16更新

(本日のお話 1654文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日、宮崎より東京に戻ってまいりました。
本日から始動いたします。

ネジを緩めていた日が続いていたので、
今日から締め直して、加速させてまいりたいと思います。



さて、早速ですが、本日のお話。

この連休、『竜馬がゆく』をひたすら読んでおり、
また他の本や雑学的なものにも目を通しておりました。

流し読みレベルも含め、

「言ってはいけない」(ビートたけし)
「多動力」(堀江貴文)
「ロードバイクの作法 やってはいけない64の教え」(竹谷 賢二)
「戦わない経営」(浜口隆則)
「小さな会社のブランド戦略」(村尾隆介)
「竜馬がゆく1~5」(まだ完読まであと3巻)(司馬遼太郎)

などを読書。

雑学ばかりだな、と思いつつ、
興味の赴くままに本を読み進めております。


そんな中、ふとある記事で目にした

『迂回路の法則』

という話が非常に興味深く、
「人の成長」を考える上で、重要な要素であると思いました。

本日はそのお話についての学びを、
ご共有させていただきたいと思います。

タイトルは、


「「迂回路の原理」を知り、自分だけの成長のステップを見つけよう」。


それでは、どうぞ。
■『平均思考は捨てなさい』トッド・ ローズ (著)‚

という本より。

面白い話が書かれていました。

それが、【迂回路の原理】というお話です。
(特に、人材育成に関わる方には必見の話かと)


「迂回路の原理」とは、
一言で言えば、

『人の成長には、決まったルールが無い』

ということ。

人が何かを習熟するとき、
それが勉強であれ、スポーツであれ、仕事であれ、


“人は下から上にハシゴを登るように成長するのではなく、
「網の目」のように成長をする“


という法則がある、
という原理です。


■少し分かりづらいので、
少し具体的にお話をします。


例えば、
”赤ちゃんが歩けるようになるためのステップ”
を考えてみます。

一般的に考えられているのは、

お座りをして → ハイハイをして、
→ つかまり立ちをして → 歩き始める。

これが「成長のステップ」であり、
それが「普通である」というのが
一般的な考えでした。

だから、なかなかお座りしないと焦ったり、
ハイハイをしないと大丈夫かな?と思ったり。

いつのまにか、一般的に本で書かれているような
「成長のステップ」に則っていないと、よろしくない、
という考えが標準化されるようになったそう。

(確かに、言われてみるとそうかもしれませんね)


■しかしながら、よくよく調べてみると、
必ずしも、この「成長のステップ」に従って人は成長しない、
ということがわかったそうです。

ある28人の赤ちゃんの
成長のステップを調べてみたところ、

例えば、歩けるようになるまでに、
腹ばいをする子もいればしない子もいる、
歩き始めた後にハイハイ戻る子もいるなど、

実に様々だったそうです。


しかし、いろいろな道筋を通るものの、
結局、最終的には「歩けるようになる」(=きちんと成長する)、

ことがわかったそうです。

そしてこのことは、

赤ちゃんのような子供の成長過程だけでなく、
キャリアや、スポーツや、勉強や、
その他のあらゆる成長でも同じことがいえるそうなのです。


■私自身、教育業界に携わっていて、
しばしば思うことがあります。

多くの組織において、

“「成長のステップ」という規律に当てはめる”

傾向は、少なからずあるように感じます。

おそらく、大きい組織において、
評価基準、昇格のルールなど大きいがゆえに、
標準化の必要性があるからなのかもしれません。


しかしながら、人は個性がある生き物。

金太郎飴のように、同じペースで、
同じステップで、同じ航路をたどって成長する、
という事は、なかなか難しかったりします。


■だからこそ、思うのが、

人を育てる上でも、自分を育てる上でも
「こう育たねばならない」いう概念は、
いっそのこと、捨てたほうがよいのだろう、

ということ。


しばしば聞く悩みの中で、
「自分は人とは違うから」という劣等感を感じ
人と比べ、自信をなくす人が多かったりします。

しかし、この話によると、
「むしろ、それが当たり前である」
ということ。

その前提を忘れてはならない、
と思うわけです。


人は個性があり、人それぞれ、
様々な学び方、成長のステップがあるもの。

だから、


『一人ひとりのペースで、
 一人ひとりの方法で人は育つという
「迂回路の原理」を知ること』


この事を、重々認識することが、
一人ひとりが持っている能力や可能性を発揮するにあたって、
大切な要素ではないか、

と改めて思った次第です。


よく言われる話ですが、
違って結構、違いがすばらしい、ですね。""
【本日の名言】
ただ自分自身であることに満足し、
比較したり競争することがないのであれば、
すべての人が君を尊敬するだろう。

老子”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。