500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

吉田松陰の手紙から、「生きるとは何か?」を考える

1268号2017/08/04更新

(今日のお話 2332字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は電話会議を含め、4件のアポイント。
ならびに7つの習慣のプログラム説明会の開催などでした。

(お越しいただきましたY様、ありがとうございました!
 ようやくご挨拶できて、嬉しかったです。
 今後ともよろしくお願いいたします。)



さて、早速ですが、本日のお話です。
今、絶賛ハマっている小説が
『竜馬がゆく』(著 司馬遼太郎)なのですが、

それに関連する形で、今週の頭に、
ペリーが来航した静岡県の「下田港」に行ってまいりました。

・開国記念館
・吉田松陰 監禁の地
・坂本龍馬飛翔の地(脱藩が免罪となったお寺)

などなどを巡り、
明治維新の知らない側面に触れました。


今日は、その中で、
特に心動かされたことについて
ご共有させていただきたいと思います。

タイトルは、


「吉田松陰の手紙から、”生きるとは何か?”を考える」。


それでは、どうぞ。
■静岡県の下田港。

ここは、1850年頃、
まだ日本が鎖国であったときに、
アメリカから「黒船」がやってきた場所。

当時は、ものすごい大きさの黒船を見て、
こんな歌が流行ったそうですね。


『泰平の眠りを冷ます上喜撰(じょうきせん)
 たった四杯で夜も眠れず。』


上喜撰は当時の流行っていたお茶のこと。
飲みすぎると(おそらくカフェインで)眠れないよね、

という生理現象を、

”未知の黒船(蒸気船)が
 四隻(当時は、よんはい、と呼んでいた)
 が来たことでで、恐れおののき、夜も眠れなかった”

という人々の不安にかけて、
描いた歌ですね。


ずっと続くと思った平安が、
一方的に、突如終わりを告げられる時、

「恐れる」「否定する」

などの感情を通じて、
慌てふためく様子は、もしかすると
今も昔も変わらないのかもしれません。


■さて、そんな世の中で、
幕末の明治維新の志士達に
大きな影響を与えた有名な人物、
「吉田松陰」がいます。


彼はこの「黒船」がやってきたとき、
下田港から弟子を連れ、ボートに乗り、
なんと、この黒船に乗り込もうとします。


もちろん、当時は、
そんなことをすれば、当然捕まります。

しかしそのリスクを顧みず、
その向学心、好奇心、愛国心などを抱え、
船に乗り込んでいったのでした。

結果、黒船に乗り込めたものの、
海外まで連れて行ってもらえることはなく、
港へ送り返され、そしてその罪から、
下田港のそばの、とある場所に監禁されたのでした。


■そして、先日、
私と妻でその場所にいったのですが、

そこに吉田松陰が、その後、
安政の大獄にて処刑されるときの、
弟子達への手紙が紹介されていました。


それが「生き様とは何か?」を
考えさせられるもので、
思わず、しばらく立ち止まってしまいました。


以下、その内容の要約です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「留魂録」(抜粋訳)吉田松陰


今日、死を前にして心安らかであるのは、
春夏秋冬の循環を考えたことによる。

春に種をまき、夏に苗を植え、
秋に刈り取り、冬に蓄える。

秋、冬になると、人皆その俊の収穫を喜び、
酒を作り、甘酒を作り、村に野に歓声が湧き上がる。

秋の収穫時に、その年の労働が終わったことを
悲しむ者がいるとは聞いたことがない。

私は30歳で生を終わる。
事を一つも成し遂げずに死ぬことは、
育てた穀物が花を咲かせず、実をつけなかったことに似て、
惜しむべきことかもしれない。

だが、私自身についていえば、
花咲ざかりの時を迎えたのだから、
必ずしも悲しむべきことではない。


十歳で死ぬものは、
十歳の中におのずからの四季がある。

二十はおのずから二十の四季が。
三十はおのずから三十の四季が。
五十、百はおのずから五十、百の四季がある。

(中略)

同士の中に、私のささやかな心を憐れみ、
その心を受け継いでやろうとする人がいたなら
それはまかれた種子が絶えず、
年々実るのと同じで、実りを迎えたこの年を恥じることはない。

同志諸君よ、このことをよく考えて欲しい。


引用:下田開国記念館 資料より
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


■これを読んだとき、
30歳にて、この言葉を言い切れること、

その「生き様」に、
唸らさられるばかりでした。


今は、豊かな世の中になり、

医療と安全も
食べ物も趣味も娯楽も、
何もかもあって当然、

と言える世の中になりました。


自分が頑張らなくとも、世界は回るし、
その恩恵もある程度、享受することはできる。


だから、

「なんとなく人生を生きる」

という人も、当時に比べて
増えているのかもしれません。


もちろん、それが悪い、
というわけではないのです。


ただ、同時に思うのが、
先述の留魂録にて、吉田松陰が語ったような、

”事を一つも成し遂げずに死ぬことは、
 育てた穀物が花を咲かせず、実をつけなかったことに似て、
 惜しむべきことかもしれない。”

というようなことは、
私に関して言えば、
とても共感するところがあるのです。


■一つひとつの人生に、
そんなに大きな意味は、
もしかしたらないのかもしれません。


しかし、やはり、
「自分の生」が終わりを迎える時に、


”私自身についていえば、
 花咲ざかりの時を迎えたのだから、
 必ずしも悲しむべきことではない”


と吉田松陰が言ったような
人生を全うできたら、
幸せなことではなかろうか、

そんなことを思ったのでした。



「花ざかり」を迎え、
次世代に「種子」を残せる。

そして、何歳で終わりを迎えようとも、
心からその人生について納得ができる。

そんな人生を送りたいものだな、


と下田開国記念館にて、
吉田松陰の手紙を読み、思ったのでした。


ということで、

========================

自らが、どんな花を咲かせ、種子を残せたのかを考える

========================

とても大切な問いではないか、
そんなことを感じた次第です。
【本日の名言】
死して不朽の見込みあれば、いつでも死すべし
生きて大業の見込みあれば、いつでも生くべし

吉田松陰”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。