500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

シェアハウスから学ぶ、「違いを受け止めること」の大切さ

1241号2017/07/08更新

(今日のお話 1658字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

昨日金曜日は、3件のアポイントへ。

ならびに、夜は、私の10年来の友人であり、
私が妻と出会ったきっかけにもなった仲人(?)の
平岡くんが運営する東武練馬のシェアハウスへ、
妻と共に遊びにいきました。

「シェアハウス」というと、
ドラマになったり、恋愛ドキュメントのような企画になったりと
今でこそ珍しくなくなりました。

私も実は、まだ「シェアハウス」、
という言葉が流行る前の今から10年ほど前
25~30歳くらいまでの5年間に渡って、

その平岡くんと、他の友人、
たまたまネットで知り合った人(!)と合計6人で
荻窪の一軒家で住んでいたことがありました。

(なんていうと怪しいのですが、
 住人は皆さん、社会人として活躍している、
 立派な人でございました)



さて、本日のお話ですが、
昨日、懐かしきシェアハウスに
久しぶりに遊びに行き、思ったこと、
そして感じたことについて、共有させていただきたいと思います。


タイトルは、


「シェアハウスから学ぶ、「違いを受け止めること」の大切さ」。


それでは、どうぞ。
■私の友人の平岡くんが、
数年前、独立して作った会社、

「株式会社絆人」。

シェアハウスを都内、そして大阪に
合計5棟ほど運営しています。

一番大きな家では、
4階建てで合計40名ほど住むことができ、
シェアハウスというよりも、
アパートとか、学生寮のよう。

(ホームページを見るだけで、
 その平和な世界観が伝わってくるかと思います。)


彼と、彼の奥さん、
その他、仲間たちと共に

「おかえりと、ただいまがある生活」

をコンセプトに運営をし、
彼と彼の奥さんは

「おじいちゃんおばあちゃんになっても、
 子供が生まれてもシェアハウスに住む!」

といっており、
もはや仕事ではなく、まさしく
”ライフワーク”としての生き様を感じさせられる、

そんな生活をしています。


■「シェアハウスに住む」。

この考え方は、比較的新しい考えで、
ビジネスとしても今とても注目されているようです。

しかし、

「他人と一緒に住むなんて考えられない」
「一人の時間を大事にしたい」
「プライバシーが大事」
「自分の自律した生活をできてこそ、一人前」

という考えもあるでしょうし、
どちらが正しい、というのはないと思います。


が、昨日、
そんなシェアハウスに行って、
思ったことがありました。

それが、


『人に対しての「受容性」を広げることに、
 持って来いの環境である』


ということでした。


40人くらいが暮らすシェアハウスですから、
若い人が比較的多いとはいえ、色々な人がいます。

仕事も、

裁判所、飲食、アパレル、
起業家、保険会社、事務、学生、
中国からの留学生、アニオタ(アニメオタクの略)。

よく喋る人もいれば、
シャイであまり話さない人もいる。


しかしながら、誰もが、
人との繋がりの重要性を感じていて、
かつ、


”お互いの違いを認めている(違いを否定しない)”


ということを、誰もが持っていることが、
とても印象的だったのでした。


■少し話は変わるのですが、
何かの本に書かれていた言葉で、


「ストレスはほぼ100%人間関係」


という話がありました。

(もちろん、お金、健康など、生きる事自体に
 支障がある場合は別として、ですが)


しかし、想像してみると、
確かに、職場や家庭の中でのストレスとは、

・ある上司との関係がうまくいかない
・夫婦仲がうまく言っていない
・友達と相性が合わない

などなどが、思い浮かぶはず。

やっぱり「人間関係」が原因であることが多いものです。


そして、そのような
”人間関係の問題”を作り出している
大きな原因の一つとして、


『相手のこと(考え・価値観・行動)を受け入れられない』


ことが、挙げられるのではないか、
そのように思うのです。


■誰もが多かれ少なかれ、
心のどこかで、

「あの人が苦手」
「彼の考えが嫌い」
「絶対、私は◯◯さんは違うと思う」

と思っていたりするものです。

とはいえ、

あの人がそばにいるだけで、イライラしてくる。とか
絶対、あの人の考えは認めない!

と意固地になっていても、
何も生み出しません。

相手は変わらないのだから、
ただただストレスが積み重なるばかりです。


で、あるならば、
人に対して、得手不得手があっても、


”『相手の違いを受け止める』という技術”


を磨くことは、
生きる上でたくさんの人と関わっていく中で、
大変重要なスキルではなかろうか、

そんなことを思ったのでした。


そして、そういった「技術」を磨く、
一つの環境が、シェアハウスなのかもしれない。
と同時に思ったのでした。


■人は人と関わり、

「世の中には色んな人がいるもんだなあ」

と知ることで、自らの受け入れる受容性の幅も
広がっていくもの。


ですから、

=========================

「こんなのはありえない」と片付けず、
”ありえないと思う世界”だからこそ飛び込んでみる

=========================

ということで、
未知の世界に飛び込みつつ、
自分の受容性の幅を広げてみてはいかがでしょうか。

結果的に、人間関係を円滑に、
ストレスなく生きることにつながるかもしれません。
【本日の名言】
わたしが両手をひろげても、 お空はちっとも飛べないが、
飛べる小鳥はわたしのように、 地面(じべた)をはやくは走れない。

わたしがからだをゆすっても、 きれいな音は出ないけど、
あの鳴る鈴はわたしのように、 たくさんのうたは知らないよ。

鈴と、小鳥と、それからわたし、 みんなちがって、みんないい。

金子みすず”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。