500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「負けないで」、と何回も言われるから、負けない気持ちになる

1199号2017/05/27更新

(今日のお話 1563文字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

金曜日は、2件のアポイント。
並びに、社内業務などでした。


さて、本日5月27日。

スマートフォンのニュースアプリで、
こんなニュースが届きました。

「5/27 ZARDの坂井和泉さんのメモリアルイベントが六本木にて開催」

というもの。

まったく、個人的な話なのですが
私は、学生時代、ZARDの曲が結構好きで
よく聞いておりました。

そして、本日5月27日は、
このZARDのボーカル坂井和泉さんの
10年目の命日ということでイベントが行われている、

そんなニュースでした。


今日は坂井さんのご冥福を改めてお祈りするとともに、
ZARDの名曲に絡めて、「言葉の大切さ」について、
思うところをお伝えさせていただきたいと思います。


タイトルは、


”「負けないで」、と何回も言われるから、負けない気持ちになる”。


それでは、どうぞ。
■ウルトラマラソン100キロから
1週間が経ちました。

ようやく筋肉も完全回復し、
想い出も過去のものになりつつあります。
(今日で、ウルトラマラソンネタは終了したいと思います。)


100キロ走るのは、
今思い出しても、かなり辛いものがあり、
特に後半は、気力との勝負でした。


そしてそんな中、
心の支えとなってくれたのが、

「音楽」

でした。


■実際、レース前から、
後半は心が折れそうになる事がわかっていたので、
自分の心を支えるために、

”70キロ地点から、心を励ます曲リスト”

を作成していました。


例えば、

・tomorrow (岡本真夜)
・ランナー(爆風スランプ)
・終わりなき旅(ミスターチルドレン)
・それが大事(大事マンブラザーズ)
・どんなときも。(槙原紀之)

などなど。

できるだけストレートな、
心を励ましてくれるようなラインナップを用意しました。


しかし、蓋を明けてみれば、
結局聞いたのは、


『負けないで』(ZARD)


のみ。


これを、延々100回リピートして、
ゴールまで走り抜けました。



おそらく、ウルトラマラソンの完走に、
坂井泉水さんの『負けないで』が貢献した割合は、
かなりのものである、

今振り返ってもそう思います。


■マラソンの70キロ地点になると
体力の限界に近づいてくるため、

「心が丸裸になる」

感覚が生まれます。

ちょっとした刺激でも、
そのまま受け止めてしまう心境になる。


そんな時、


「♪負けないで もう少し 最後まで走りぬけて」

「♪負けないで ほらそこに ゴールは近づいている」


と、まっすぐに、透明感のある
坂井さんの歌声にのせて伝えられると、
心が動くのです。



本当に

「ゴールが近づいている!」

「ぜったい負けねぇ!」

と、心の底からエネルギー沸くのを
感じるのです。


そして、ちょっと目頭が熱くなるとともに、
実際に、身体が軽くなる。

本当に、走るスピードが、早くなるのです。


■すなわち、このことから思うこと。

それは、


”『言葉』とは、「感情」に影響を与え、「結果」にも影響与える”


ということ。

そう、強く思うのです。


【「負けないで」と何回も言われるから、「負けないぞ」と思うもの】


なのです。


それくらい、言葉とはパワフルで、
スゴいツールである、そのように思うのです。



ちなみに「7つの習慣」でも、
第一の習慣 主体的である において、

「主体的な言葉を使う」

ということが、

”自分の人生を、自分でコントロールする”ために、
”感情を、自分でコントロールする”ために、

とても重要な習慣である、と伝えています。



自分を、人を励ます言葉。

自分を、人を勇気づける言葉。

自分に、責任を持たせる言葉。


これらの「言葉」は、
自分の感情に影響を与え、
行動にも影響を与えます。



「〇〇だったら」「〇〇さえよければ」
と「タラレバ」いっていると、
行動も”他責”になり、運気が逃げていきます。


使う言葉は、子供だましのようですが、
極力、前向きでいきましょう。


「負けないで」「ゴールは近づいている」に加え、

========================

「〇〇しよう」「とにかくやってみよう」

 主体的、前向きな言葉を使う

========================


こと、当たり前ながら、
お勧めさせていただきたいと思います。


本当に、侮れません。
【本日の名言】
人が生まれたときには、
実に口の中に斧が生じている。
愚者は悪口を言って、その斧によって
自分を斬り裂くのである。

釈迦”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。