500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「博多ラーメンと7つの習慣」とかけて「組織文化づくり」と解く

1187号2017/05/15更新

(今日のお話 1543文字/読了時間1分半)
■こんにちは。紀藤です。

本日は福岡に来ております。
そして、これからまた東京へ戻ります。

先ほどランチで食べた博多ラーメンが、
なんとも美味しかった!



さて、博多ラーメンと言えば、
「一風堂」というラーメン店、
ご存知の方も多いのではないでしょうか。

東京でも色々なところに出店していますね。


実は、この一風堂の運営元である
”力の源パートナーズ”の河原会長が、
7つの習慣をバイブルとされており、
こんな本を、1年ほど前に出版されました。


『7つの習慣と一風堂』河原 成美 (著)‚


本日は、この本のご紹介とともに
「組織カルチャーづくり」というテーマで
思うところをお伝えさせていただきたいと思います。

それでは、どうぞ。""
■人が集まって働く上で大事なのは、

「ルール」や「共通の価値観」

であると、常々思います。


・この会社が、何のために存在するか。

・どのようなことを大切にして、働くのか。

・お客様に対して、どのような姿勢で向かうのか。


これらのことについては、
「絶対」という答えがないものであり、
だからこそ、目線合わせが非常に難しいものです。


”お客様に家族のように接する”
がポリシーのお店もあれば、

”何よりもスピード&セルフサービス”
がポリシーのお店もある。


何が「価値」なのかも、
組織によって違うものです。


■そんな目線合わせのために、
一風堂では、「店舗運営の心得」と言う
”共通言語”があるそうです。


そして、その”共通言語”に従って、
店舗を運営することで、
お客様に価値あるサービスを提供することができる。


整理整頓、掃除、挨拶。

挨拶は笑顔で大きい声で。
使ったら元の場所へ戻す。
お客様を見送る時は扉を開けて差し上げる。
おしぼりは両手で渡す。



ものすごく、
当たり前と思われることを敢えて、


『言葉にして、共通言語にする』


ことをして初めて、
たくさんの人がいる中で、
目線合わせが可能になるものなのです。


■そして、
一風堂における「店舗運営の心得」の用に、

”成果を出す働き方にも、ルールがある”

と私たちは、考えています。


それこそが、「7つの習慣」であり、
これらのことを、組織において、


『言葉にして、共通言語にする』


ことで、優れた組織カルチャーを作ることができる、
そう思うのです。


だからこそ、先述の一風堂の河原会長も、

『7つの習慣と一風堂』河原 成美 (著)‚


を記し、そして「7つの習慣for飲食店」というプログラムを、
フランクリン・コヴィーと協働で作ったのです。


■多くの会社が、

・理念研修
・行動指針の徹底
・創業者の思いの継承

などを通じて、
目に見えないけれども確かに大切な

「働く上での心構え」
「働く上での姿勢」

などを明示しています。


しかし、”理念”というのは、
どうしても抽象度が高いものであるがゆえに、
なかなか浸透しないという声も、しばしば聞きます。



一風堂様の場合は、
飲食店の心得を伝える上で、


「7つの習慣ほど、使いやすいものはない」


ということで、
「7つの習慣」を軸にした研修を作られました。


「7つの習慣」は他にも、

・7つの習慣アウトドア
・7つの習慣forICTプロフェッショナル
・7つの習慣for飲食店

など、様々な広がりを持ち、
あらゆる業界、業種における、
働く姿勢、考え方に変容をもたらしています。


”あらゆる業界、あらゆる職種における
 組織文化づくり、共通言語が作りに適しているのが、
 「7つの習慣」である”

私はこういっても、
過言ではないと思っています。


最後までお読み頂き、ありがとうございました!""
【本日の名言】
直感に頼ることなく、
明確でシンプルな事業の定義を持つことが、
成功する事業の特徴である。

ピーター・ドラッカー”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。