500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

1日の中に、挑戦的な仕事の時間をつくる

1183号2017/05/11更新

(今日のお話 1635文字/読了時間1分半)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は3件のアポイント。

またドラッカーから直接師事した、
経営コンサルタントのFさんとともにランチ。

ならびに夜は、現在通っている、
「英語塾」の懇親会などでした。

改めて、「人と会う」ことは多くの気づきを与えてくれ、
かつ仕事上での引き出しを拡げることにも関わってくると
強く思う今日この頃です。

また参加したい勉強会を見つけてしまいました。



さて、本日のお話です。

昨日、久しぶりに、
以前参加した「ドラッカー塾」のテキストを開き、
振り返っていました。

その中で、
ビジネスパーソンとしてとても大切なことは、

「1日の中で、挑戦的な仕事をする時間をつくることである」

と書かれていました。

今日はこの話について思うところを、
皆さまにご共有させて頂きたいと思います。

タイトルはそのまま、

「1日の中に、”挑戦的な仕事”をつくる」。

それでは、どうぞ。
■思うのですが、人は、

”今日より明日をより良くしていきたい”

と願っている生き物ではないか、と思います。


そして、基本的に、
現役で働くビジネスパーソンを
例に挙げて考えると、

「今日より明日を良くする」

ためには何か行動を変える必要がある、
と思うわけです。


なぜならば、

「過去と全く同じことをしていたら、
 基本的に同じ結果しかでない」

から。

むしろ、スピードが早い今のビジネス現場で、
過去と同じことを繰り返し続けたのであれば、
今の時代、淘汰され、価値が下がっていくのでしょう。
(しかも、自分が気づかないうちに汗)


だからこそ、先ほどの
ドラッカー塾の話でもあるように、


「1日の中に、”挑戦的な仕事”の時間をつくる」


という考え方は、
当たり前だけれども、とても重要になるのでしょう。


■ちなみに「挑戦的な仕事」とは、
日常的なルーティンワークではなく、

”これをやっておけば、
 素晴らしい影響をもたらす(と思われる)活動”

のことです。


例えば、


・新しいプロジェクトの提案をする

・会議の効率化のためのディスカッションをする

・仕事について、綿密な計画立てをする

・職場の人とコミュニケーションのために、ランチに行く


など。

すなわち、なんとなく頭の中で、

「別に急ぎではないけど、
 時間が合ったら、やるべきだ」

と思っている活動のこと。

(これを「7つの習慣」では、『第ニ領域の活動』と呼びます)


■そして、もしこのような
「やったほうがよい重要な活動(でも急ぎではない)」を、
1日に、1つでも、2つでも、着実に積み重ねることがきたとしたら。

きっとそれは、
「逓増していく人生」に繋がる、
と思うわけです。


そして、それが
冒頭にもお伝えしたような、


「昨日より今日が良くなる。
 今日より明日が良くなり続ける活動」


になるのです。


■しかしながら、こういった活動は、
”ただ意識する”だけでは、
なかなか実現されません。


日常には、”日常業務”という
竜巻が吹き荒れているため、
なんとなく「できたらいいな」「時間があったらやろう」
では実行されることはないのです。

95%、やったほうがいいことは、
「竜巻(=日常業務)」に吹き飛ばされて、
実行されずに終わります。

だからこそ、
「計画」を消えないボールペンで
手帳に書き込むくらいの”決め”が必要になります。

なんとなく書き込むだけでなく、
何時から何時まで、どこで、何をどこまでやるのか、
を緻密に考え、決める。

それくらいして、
ようやく実行ができるものなのです。


ということで、
本日お勧めしたい“人生と仕事を良くするヒント”として、

===========================

1日の中に、”挑戦的な仕事”の時間をつくる。

かつ「何時から何時まで、どこで、何をどこまでやるのか」を
計画し、手帳に書き込む。

============================

こと、ぜひお試し頂ければと思います。

実際、やられている方もいらっしゃるかと思いますが、
意外とできていない、という人も多いようです。

「計画を綿密にする」と、
実行出来る可能性も高まるものです。
【本日の名言】
状況?何が状況だ
俺が状況を作るのだ

ナポレオン・ボナパルト”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。