500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「7つの習慣」は、仕事の成果・実績に繋がるのか?

1166号2017/04/24更新

(今日のお話 1356文字/読了時間1分半)
■こんにちは。紀藤です。

さて、本日は皆さまに、
ぜひお越し頂きたい「特別イベント」について、
ご案内させていただきます。
■よく、聞かれる質問があります
それは、

「7つの習慣は、本当に成果につながるのか?」

という質問。


実は、私も今の会社に入社して、しばらくの間は、
この質問をされたときに戸惑っていました。

なぜならば、

・主体的である
・目的を持つ
・最優先事項を優先する
・ win winを考える

などは確かに重要なことである。

しかし同時に、抽象的でもあるため、
成果に繋がると、どう説明すればよいのか、
そんなことを思っていました。


むしろ、それよりも、
個別具体的な、

・プレゼンテーションスキルとか、
・営業のヒアリングスキルとか、
・顧客戦略の分析と提案、

なとの方が、
業績、成果に直結しやすいのではなかろうか、

そんな疑問でした。

(と、お感じの人事担当者も多いかもしれません)


■しかし、今は180°違います。

知れば知るほど、
考えれば考えるほど、


『「7つの習慣」で言われるような、
 大事であると誰もが感じる姿勢、考え方、スキルこそが、
 成果を出すために、絶対なくてはならないものである』


と思い至るようになりました。

むしろ、一定レベル以上の人に対しては、
この「あり方の教育」だけで十分である、

と思うのです。


■では、なぜそう言えるのか?

なぜ「あり方」の教育にフォーカスをすることで、
仕事としての成果に繋がるのか?


この一つの答えを、
5月19日(金)に行われる特別イベントで、
お伝えをさせていただきます。


セミナータイトルは、

=========================
競争優位性の高い企業文化の創造
~「7つの習慣」から学ぶ、研修の組合せから個人・リーダーの成長プロセス~
=========================

です。


このイベントでは、
メットライフ生命 末永氏が、
ゲストスピーカーとして登壇されます。

末永氏は、7つの習慣の
社内ファシリテーターでもあります。

彼は「7つの習慣」を通じて、
営業所の成果を誰もが認めるレベルで、
圧倒的に高めることに成功しています。

末永氏はこう言います。

「7つの習慣があれば、
 確実に営業所の成果を上げることができる。
 7つの習慣を使えば、本当に優秀なリーダーを作ることができる」

と。

最初は「7つの習慣」の導入について
社内の反対も多く、効果に対しても
半信半疑だった人たちばかりだったそうです。


しかし、研修を始めて

・組織の成長性と生産性について従来の1.4倍の実績、
・組織のハイパフォーマー占有率についても2倍

という成果を出し、
誰もが「7つの習慣」の効果を
認めざるを得なくなったそうです。


■もちろん、
ただやればいいというわけではありません。

相応の「工夫」と「やり方」があります。

そして、この特別セミナーでは、
”成果につなげるための秘訣”言うなれば、

・「7つの習慣」をどのように使えば、
  成果につなげることができるのか、

についてのノウハウを、
末永氏よりお伝えいただきます。

・人材育成に本当に必要な考え方を知りたい
・人材育成担当者が、持つべき覚悟とは何か?
・人材育成に不可欠なハードとソフトの話

このようなことについて、
大きな気づきがあるはずです。

人材育成を、ビジネスの成果に繋げたいと思われる方は、
ぜひお越しくださいませ。本当に重要な情報とは、
知って初めてその価値がわかるもの。

会場にて、お待ちしております。
【本日の名言】
決然たる意志の持ち主は、
世界を自分に合わせて形作る。

ゲーテ”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。