500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「今、目の前の人」を変えられずして、「世界」など語れるはずもない

1395号2017/12/09更新

(本日のお話 2016文字/読了時間2分)
■こんにちは。紀藤です。

昨日、金曜日は2件のアポイント。

ならびに研修の立ち会い、
そして、夜はいつものごとく
「サムライ塾」のメンバーとの集まりでした。

しかしながら、本日で約1年間続けてきた
「サムライ塾」も一旦終わりです。

運営事務局のリーダーとして携わってきて、
色々ありましたが(ありすぎましたが)、
その締めくくりとして、今日の最終発表会、
素晴らしい1日にしたいと思います。



さて、本日のお話です。

この2年、特に「サムライ塾」に
関わるようになってからというもの、

「リーダーとは何か」

について、ものすごく
考える機会が多かったように思います。


「リーダー」という言葉が意味することが広いため、
その答えは、恐らく一つではないでしょう。

しかしながら、その中で、

”自分が思うリーダー”について、
ひとつの答え、が浮かんできました。



本日はそのことについて、
思うところを皆様に、ご共有させて頂きたいと思います。
少し抽象的になりますが、ご容赦頂ければと。



タイトルは、



【「今、目の前の人」を変えられずして、
 「世界」など語れるはずもない】。



それでは、どうぞ。
■何度もメルマガに登場している「サムライ塾」。


友人の紹介で入った完全なる私塾で、
その尖ったネーミングに負けないくらい、
濃厚な学びを提供している塾です。


内容は、

”日本を変えるチェンジリーダーを作る”

ことをコンセプトに、

・世界の歴史
・日本の歴史
・覇権国家の歴史
・憲法問題、
・軍事問題
・資本主義の問題点
・AIの未来

などなど、幅広くリベラルアーツと
称されるものを学びつつ、


「お前は何者なのか?」

「何を成し遂げていきたいのか?」

「本当はどう思っているのか?」


などなど、答えなき答えを
とことん突き詰めていく、
そんな”学び舎”なのです。


イメージとしては

”頭と心と肉体を、総動員してぶつかりあう”

そんな場所です。


私は、これまで、1000万円近く、
色々な研修などを含め自己投資をしてきましたが、

客観的にみても、「サムライ塾」は、
大変価値があるものであり、

かつ私の人生に最も大きな影響を与えた
「学び舎」でした。


■元々この塾に入ったきっかけは、
偶然、友人を通じて紹介されたこと。


紹介者のみで、
かつ運営も営利目的でなく運営費のみで、
ボランティアとして実施しているものが、
「サムライ塾」でした。


そこに、2016年の9~12月まで3ヶ月間、
受講者として参加しました。


1期あたり10名ほどの、限られた仲間達。

そんな彼らと、

グループ発表をしたり
ディスカッションをしたり、
ディベートをしたり、個人発表をしたり、

そして「辛辣」という言葉では甘すぎる、
厳しいフィードバックをぶつけ合い続けました。


人は、自分の意見に対して、

疑問を投げかけられたり、
否定されたりすると、
己の軸が、ゆらぎます。

それでも「自己内省」をし続け、
自分の中にある、誰にも否定できない

”価値観”
”コア”

のようなものを探し続けました。


そして、私も、

”これだけは大切にしたい”

という生き方の軸を見つけました。



そして、その体験が非常に貴重だったからこそ、
2017年「サムライ塾」の運営リーダーとして名乗りをあげ、
次世代にその想いを継承したい、

と、土日、夜は殆ど全てを使って
その学びに時間を使ってきたのでした。


■しかし、ある時、
サムライ塾の卒業生から、
こう指摘されたのです。


当時の先輩方は、多くが、
経営者、政治家など、世に大きな影響を与えている人たちです。


『サムライ塾は、

「日本を変えるチェンジリーダーを作る」

 ことが目的の私塾。

 ”自分探し”をするための場ではない」
と。



自分が体験したような、

”己の大切な軸を見つける”

みたいなことは、大きな目的を考えると、
ある意味生ぬるかったわけです。


しかしながら

「リーダーシップとは何か」

と問いつつ、


結局は

己の無知を憂い、

「自分の軸のなさ」を憂い、

周りにすら大きな影響を与えられぬ自分を憂う。



そうやって、

”日本を変えるチェンジリーダー”といいつつ、

日本どころか周りすら、
自分すら変えることができない、


そんな状況に葛藤を抱えながら
とにかく進んできたのでした。


■しかし、約1年間関わって、
10名の今期のメンバーと、
家族のように濃厚な学びの時間を共にし、


未熟ながらも、これだけは、

「リーダーとしての真実である」

と思うことがありました。



それが、


【己自身を壊し、変えることができる】


まずは、どれだけ偉いことを言っても、
底から始まるのだ、


ということ。


そして、その結果、


【今、目の前の人を、変えることができる】。


このことこそが、
どんな綺麗事にも勝る、
「リーダーの真理」ではなかろうか、

そう、思ったのです。




いくら、企業の美しいビジョンを語ったとしても。

いくら、日本をもっといい国にする、と宣言したとしても。

いくら、世界平和を願うと、誓ったとしても。



今、目の前で変わろうとしている人

縁あって出会った人、

身近な大切な誰か、

そして、自分自身、


そこに強い影響を与えられずに、

会社を、日本を、世界を変えることなど、

できるはずがない、


そう強く、強く思うのです。


今の自分を、壊し続けることができる。

昨日の自分を否定し、
より大きな目的、成すべきことのために、
自分を捨て去ることができる。


そして、


”今目の前の人生を、全身全霊で変えてみせる。”


”出会ったこの1時間で、相手の心に火をつけてみせる”



そういったことが出来てこそ、
ホンモノのリーダーなのだ、


今、改めてそう思うのです。





まだまだ私も未熟すぎて、
「サムライ塾」に限らず、
影響力も小さく、限定的です。

しかしながら、
縁あって出会った人の人生の一つくらいは、
プラスの方向に変えられるよう、
日々努力し、心に火をつけるリーダーになっていきたい、

そう、強く誓った次第です。
■何度もメルマガに登場している「サムライ塾」。


友人の紹介で入った完全なる私塾で、
その尖ったネーミングに負けないくらい、
濃厚な学びを提供している塾です。


内容は、

”日本を変えるチェンジリーダーを作る”

ことをコンセプトに、

・世界の歴史
・日本の歴史
・覇権国家の歴史
・憲法問題、
・軍事問題
・資本主義の問題点
・AIの未来

などなど、幅広くリベラルアーツと
称されるものを学びつつ、


「お前は何者なのか?」

「何を成し遂げていきたいのか?」

「本当はどう思っているのか?」


などなど、答えなき答えを
とことん突き詰めていく、
そんな”学び舎”なのです。


イメージとしては

”頭と心と肉体を、総動員してぶつかりあう”

そんな場所です。


私は、これまで、1000万円近く、
色々な研修などを含め自己投資をしてきましたが、

客観的にみても、「サムライ塾」は、
大変価値があるものであり、

かつ私の人生に最も大きな影響を与えた
「学び舎」でした。


■元々この塾に入ったきっかけは、
偶然、友人を通じて紹介されたこと。


紹介者のみで、
かつ運営も営利目的でなく運営費のみで、
ボランティアとして実施しているものが、
「サムライ塾」でした。


そこに、2016年の9~12月まで3ヶ月間、
受講者として参加しました。


1期あたり10名ほどの、限られた仲間達。

そんな彼らと、

グループ発表をしたり
ディスカッションをしたり、
ディベートをしたり、個人発表をしたり、

そして「辛辣」という言葉では甘すぎる、
厳しいフィードバックをぶつけ合い続けました。


人は、自分の意見に対して、

疑問を投げかけられたり、
否定されたりすると、
己の軸が、ゆらぎます。

それでも「自己内省」をし続け、
自分の中にある、誰にも否定できない

”価値観”
”コア”

のようなものを探し続けました。


そして、私も、

”これだけは大切にしたい”

という生き方の軸を見つけました。



そして、その体験が非常に貴重だったからこそ、
2017年「サムライ塾」の運営リーダーとして名乗りをあげ、
次世代にその想いを継承したい、

と、土日、夜は殆ど全てを使って
その学びに時間を使ってきたのでした。


■しかし、ある時、
サムライ塾の卒業生から、
こう指摘されたのです。


当時の先輩方は、多くが、
経営者、政治家など、世に大きな影響を与えている人たちです。


『サムライ塾は、

「日本を変えるチェンジリーダーを作る」

 ことが目的の私塾。

 ”自分探し”をするための場ではない」
と。



自分が体験したような、

”己の大切な軸を見つける”

みたいなことは、大きな目的を考えると、
ある意味生ぬるかったわけです。


しかしながら

「リーダーシップとは何か」

と問いつつ、


結局は

己の無知を憂い、

「自分の軸のなさ」を憂い、

周りにすら大きな影響を与えられぬ自分を憂う。



そうやって、

”日本を変えるチェンジリーダー”といいつつ、

日本どころか周りすら、
自分すら変えることができない、


そんな状況に葛藤を抱えながら
とにかく進んできたのでした。


■しかし、約1年間関わって、
10名の今期のメンバーと、
家族のように濃厚な学びの時間を共にし、


未熟ながらも、これだけは、

「リーダーとしての真実である」

と思うことがありました。



それが、


【己自身を壊し、変えることができる】


まずは、どれだけ偉いことを言っても、
底から始まるのだ、


ということ。


そして、その結果、


【今、目の前の人を、変えることができる】。


このことこそが、
どんな綺麗事にも勝る、
「リーダーの真理」ではなかろうか、

そう、思ったのです。




いくら、企業の美しいビジョンを語ったとしても。

いくら、日本をもっといい国にする、と宣言したとしても。

いくら、世界平和を願うと、誓ったとしても。



今、目の前で変わろうとしている人

縁あって出会った人、

身近な大切な誰か、

そして、自分自身、


そこに強い影響を与えられずに、

会社を、日本を、世界を変えることなど、

できるはずがない、


そう強く、強く思うのです。


今の自分を、壊し続けることができる。

昨日の自分を否定し、
より大きな目的、成すべきことのために、
自分を捨て去ることができる。


そして、


”今目の前の人生を、全身全霊で変えてみせる。”


”出会ったこの1時間で、相手の心に火をつけてみせる”



そういったことが出来てこそ、
ホンモノのリーダーなのだ、


今、改めてそう思うのです。





まだまだ私も未熟すぎて、
「サムライ塾」に限らず、
影響力も小さく、限定的です。

しかしながら、
縁あって出会った人の人生の一つくらいは、
プラスの方向に変えられるよう、
日々努力し、心に火をつけるリーダーになっていきたい、

そう、強く誓った次第です。
【本日の名言】
本当に価値のあるものは野心や義務感からではなく、
人間に対する愛と献身から生まれます。

アルベルト・アインシュタイン”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。