500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

身に病があろうとも、心まで病ますまい

1390号2017/12/04更新

(本日のお話 2470文字/読了時間3分)
■こんにちは。紀藤です。


昨日日曜日は朝から相模原でテニス。

そして昼過ぎには真逆の千葉にて、
「サムライ塾」の集まりで深夜までひたすら語らっておりました。


ばたばたと活動していたところ、
若干、風邪の予兆がありますが(汗)
今晩中に、風邪菌を制圧したいと思います。



さて、本日のお話です。

体調不良気味になって思うこと。

それは、よく言われる

「病は気から」、

この言葉はやっぱり真実なのだろう、
ということ。


と、いうより、正しく言えば、


「体調が悪いのは事実。
 でも、気の持ちようで、辛さは変わる」


のではないか、とも思うのです。

(あくまで、風邪やその延長の話です)



今日は、そんな「病は気から」に関連する、
とある私の経験談を、ご共有させていただきつつ、
思うところをご共有させて頂きたいと思います。


タイトルは、


【身に病があろうとも、心まで病ますまい】。


それでは、どうぞ。
■約10年前の話。


私が20代半ばの頃の話です。

私の中で、ある大ブームがありました。

それが、「中村天風氏」の存在に出会い、
その思想にハマりにハマっていた、という話。

中村天風氏は、
松下幸之助、稲盛和夫、山本五十六など、
今の日本の礎を築いた著名な人々が師事してきた人物。



1900年前半、第一次世界大戦頃から、

軍事探偵(人斬り天風と恐れられた)になり、→

不治の病にかかる→

世界中を旅して治療法を探す→

ヨガの伝道者と出会い、悟りを開く(病が治る)→

日本に戻って、某銀行の頭取になる→

全てを捨てて、ヨガの導師として教えを伝え始める


という、異色の経歴を持つ方です。


■師曰く、


「心の強さこそが大事である」

「積極的態度こそが人生を決める」


といい、その哲学が、多くの人に影響を与えてきました。

今尚、たくさんのファンが存在する、
そんな知る人ぞ知る、偉人です。


中村天風氏は、その著書にて、
本日のテーマである「病」について、
このような言葉を残していました。



「体なんてものは、魂の入れ物だ」

「風邪ひいた、キツいなんてのは、気のせいだ。
 自分の身体が、”隣のおばちゃんのもの”と客観的に思え」

「体が病んだからといって、気まで病ませるな」


と、説いており、
それを証明する師自身のエピソード(麻酔無しで歯を抜いたり)を、
その講演で紹介していたのでした。



中村天風氏の場合、
精神を極限まで修練したが故の偉業だったのでしょうが、

当時、バカ正直な私は、
純粋にその話を受け止めていました。

しかも、当時、天風氏の本を読みすぎて、
何だか出来る気がしてしまっていました。



「そうか、病は気からだな」



そう、ものすごく感銘を受け、
実践してやろうと燃えていたのでした。


■そんな矢先、風邪をひきました。



頭がいたい、喉が痛い。

熱もあるようだ。



そう感じたのですが、

「いやいや、気のせいだ」と、
「これは、大した事ではない」と、

言い聞かせて過ごしていました。

不思議と、そう言っていると、
何となく、大丈夫な気がしてくるもの。



気のせい、気のせい、気のせい。



そう思って1週間ほど過ごしていました。

不思議なもので、
比較的元気に過ごしていたと思います。



しかし、ある日、急激に悪化の一路をたどり、

いよいよ「気のせい」では済まないほど、
喉の内部が腫れ、水も飲めなくなりました。



(流石にこれは、気のせいではないぞ)



そう思い、また”隣のおばちゃん”とは思えぬ、
肉体の苦痛を感じて、救急外来に駆け込んだのでした。



医師は診察するなり、こう言いました。


「なんで、こんなになるまで放っといたの?」

「喉に膿がたまっているよ。扁桃周囲膿症ですね。

 今から切りますから、今晩から入院してください」



そういい、その直後、
筆舌に尽くしがたき外科治療を行い、
そのまま入院となったのでした。

(詳細は痛すぎるので、ここでは書きません)


■さて、なぜまた、わざわざ
昔のとりとめのない話をしているのか。

そこについて思うことあるのです。


「病は気から」と言い続け、
入院をしてしまった間抜けな話ではあるのですが、

一方、”このときの体験”を思い出して、
ふと思うことがある、のです。



それが、



【大丈夫と言っていれば、「大丈夫」な気がしてくる】

(=体はどうかは、一旦おいておいて)


ということなのです。



もちろん、病は病。

だから、「大丈夫な気がする」レベルで、
ちゃんと治療は必要だと思っています。

(そうしないと、私のように入院する羽目になります)




しかしながら、思うのが、
今の日本社会、医療費が大問題となっている現状を考えたり、

大病院が「サロン化」している
(=大した症状がなくとも、会話のための憩いの場になっている)

とか

また、ちょっとした風邪でも、
「大丈夫?!熱はない?!」と時におおごとにしてしまう、

というような、
若干、過剰な世の風潮がある。
と私は感じることが、しばしばあるのです。



薬に頼る、病院の力を借りることも、
もちろん大事なこと。

それは、私自身がものすごく体感していることです。


しかし、同時に、
何か病になったときでも、


『大丈夫、大丈夫。大したことない』


と、ドーンと構えて、
細かいことは気にしないくらいの姿勢のほうが、
力強く、健やかに生きることができるのでは、

と思うのです。

(あくまでも、個人的にそう思う、ということです)


■「病は気から」と言います。


やれ、体が重い、だるい、キツい、

そう、口々に言っていると、
ますますそこに焦点があたり、
負の自己暗示にかかり

さらにキツくなるし、
だるくなるし、
体が重くなるものです。


健康対でも、
「だりい、だりい」と
口癖のようにいっていたら、
無気力にコンビニたむろする人のように
ますます元気がなくなるのです。


風邪は風邪。

体調不良は体調不良。


それはそれで、心は心。


「体が病む」ことが
「気を病む」ことにつながらないように、
意識すること。


結果的に、そちらのほうが、
自分自身楽だし、健全ではなかろうか、
そんなことを思った次第です。



最近は、インフルエンザが流行っていますが、

手洗いうがいをしっかりしつつ、

「気」も「体」も、健康、健全で今週も頑張りましょう。
【本日の名言】
やれ運命がつまらないの、
人生がつまらないのって人は、
その考え方がつまらないんです。

いいですか、
幸福も健康も成功も、
ほかにあるんじゃないですぜ。

あなた方自身のなかにあるんだぜ。

中村天風”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。