500社2500名以上が読む「1日を5%元気にする」メールマガジン

「運玉」の話

1373号2017/11/17更新

(本日のお話 1837文字/読了時間2分)
■おはようございます。紀藤です。

昨日は名古屋に出張。

「7つの習慣」のリーダー向け5日間プログラムの、DAY4でした。

学びと復習を繰り返し、
何度も何度も学んだことを問い続けると、
自分の言葉に落ちていくんだな、

と参加者を見ていて実感します。

学びは、継続してこそ、
繰り返してこそ、身になるもの。

残すところ後一回。楽しみです。


そして、東京に帰ってからは、
(例のごとく)「サムライ塾」の先輩と食事。
こちらも佳境に入ってきました。



さて、本日のお話です。

先日、研修講師であり、
ラン二ング仲間でもある方と話をしている最中、
少しほっこりする、そして、興味深い話を聞きました。

今日はそのお話を紹介するとともに、
思うところご共有させていただきたいと思います。


タイトルは、


【「運玉」の話】。


それでは、どうぞ。
■『運玉』

という本があります。


お世話になっている弊社の講師が

「ちょっと怪しいけど、やたら面白かった」

と絶賛をしていた本です。


彼曰く、どんな内容だったかというと、

~~~~~~~~~

1,人の人生には「運」がある。

2,そして人は「運玉」という、見えない玉を持っている。

3,何かいいことがあったと思ったら、「運玉」を、
「ありがとう」と言いながら、大事になでなでする。
それ以外の時は、袋にいれてしまっておく。(というイメージをする)

4,それを繰り返すと、「運玉」が成長して、運が良くなる。

~~~~~~~~~~~

それが、「運玉」である、とのこと。

嘘かホントか確かめようがありませんが、
「運玉」を大事にして、味方につけたから、
かの「豊臣秀吉」は、あんなに運が良かった、
のだとか、なんとか。


(私はまだ読んでないのですが、
 そのような内容だそうです)


■書かれていることが、
正しいか正しくないかは、確かめようがないです。
そして、どっちでも良いと思います。


むしろ、客観的に見てみれば、

「運が良いと思いましょう」
「あらゆることに感謝をしましょう」

という話は、言ってしまえば、

“ポジティブシンキング”とか、
“自己啓発”で片付けられる、よくある話。


しかしながら、
「あながちバカにできない」
と、ふと思ったわけです。


■昔から、古今東西で、
哲学者やら、科学者やら、芸術家、政治家などが、
こんな言葉を残しています。


『苦悩を突き抜けて、歓喜へ至れ』 by ベートーベン

『人生が歌のように流れている時に楽しい気分になるのは容易だ。
 だが、立派な男とは何もかもうまくいかないときでも笑える男だ』
 by エラ・ウィーラー・ウィルコックス

『人生に大切なことは、5文字で言えば、「上を見るな」。
 7文字で言えば「身のほどを知れ」』 by 徳川家康


結局、こういった言葉も、
広く解釈してみれば、

「いかに日々満足して、楽しく生きるか」

を人はいつの世も考えている、
ということなのでしょう。


皆、昔から、
同じような事を悩んでいるのです。


人には満たされていることもあれば、そうでないこともある。
上を目指したら、キリがないことばかり。

お金、見た目、能力、
生まれ、育ち、親、

「比較の文脈」で生きているうちは、
””誰かと比べた幸せ””で定義をしているわけだから、
永遠に安らかに思えることはないでしょう。


結局、

””心持ち”が大事、

という話になる、と思うわけです。


■早起き、筋トレ、ランニングなどの「行動習慣」が、
人の人生を変えるように、『習慣』というものは、
大変重要であることは、感覚的に分かることでしょう。


そして、習慣とは、

『思考習慣』

も含まれます。

普段は意識しないけれども、
何かあった時に、ぱっと思い浮かぶ考え。


トラブルがあった時に、反射的に、

「アイツのせいだ」と思い浮かぶのか、
「自分のツメが甘かった」と反省するのか。

これも、『思考習慣』。


雨が降った朝に、反射的に、

「あいにくの雨」と気分を沈ませるのか、
「雨だから、家でゆっくりするいい機会だ」と思うのか。

これも、『思考習慣』。


そしてそんな『思考習慣』が、
ポジティブで明るいものであれば、
人生は基本的に愉快で、楽しいものになるでしょう。

他責、比較、批判などが浮かべば、
不満や不平、欠乏感が生まれてしまうでしょう。


そして、これらは「訓練」によって
鍛えていくことができるものです。

だから、『思考習慣』なのです。


■始めにお伝えしました

【「運玉」の話】

が、「あながちバカにできない」というのも、
同じことです。


単純なようですが、
何気ない一瞬一瞬に、

~~~~~~~~~

1,人の人生には「運」がある。

2,そして人は「運玉」という、見えない玉を持っている。

3,何かいいことがあったと思ったら、「運玉」を、
「ありがとう」と言いながら、大事になでなでする。
 それ以外の時は、袋にいれてしまっておく。(というイメージをする)

4,それを繰り返すと、「運玉」が成長して、運が良くなる。

~~~~~~~~~~~

と、思い、バカにしながらも、
ずっとやっていたとしたら、間違いなく、


”いいことを見つけようとする『思考習慣』”

“いいことに感謝をする『思考習慣』”


が身につくでしょう。


そして、そういったものは、
「自分をブラさない力」にもつながると思いますし、
何があっても前向きに、力強く生きることにもつながる、

と思うのです。


何でも思い込みです。

日々が楽しいか楽しくないかは、
「心持ち」です。
【本日の名言】
世の中には幸福も不幸もない。
ただ幸福だと感じた人が幸福で、
不幸だと思った人が不幸なのです。

ウィリアム・シェイクスピア”

初めての方はこちらから

ビジネス&ライフに小さな変革を 未来習慣メールマガジン

カテゴリー別で見る

「7つの習慣」から探す

キーワードから探す

年別アーカイブ

※このサイトは、フランクリン・コヴィー・ジャパン(株)とは関係なく、記載されている内容の責任は著者個人に帰するものです。